【Oulu】ひなたぼっこに最適!オウル川沿いの「白樺ビーチカフェ」

Koivurannan kahvila外観

北フィンランドの都市、オウル(Oulu)の5月は絶好のピクニックシーズン。

寒すぎず、暑すぎず、一日中明るく、蚊もまだ飛んでいない最高の時期である。
太陽があまりに気持ちよく照っているので、時間さえあればどこかへ出かけたくなってしまうほど。

先週末も、バチが当たりそうなほどの快晴だった。
そこで夫に「Koivurannan kahvila(コイヴランタ・カフェ/白樺ビーチカフェ)へ行こう!」と提案した。

オウルのひなたぼっこカフェ「Koivurannan kahvila」

Koivurannan kahvilaの看板

Koivurannan kahvila(コイヴランナン カハヴィラ)はオウル川沿いにあるカフェだ
Koivurannanは「白樺ビーチの」、kahvilaは「カフェ」という意味。

このカフェを選んだのは、もちろん開放感あふれるお庭が目当て。

芝生の上にテーブルが並べられ、ゆったりと流れるオウル川を眺めることができるのだ。
日向ぼっこするのに、これほどピッタリな場所はないのである。

メモ
晴れの日は、サングラスと帽子をお持ちください。
肌寒い時はブランケットを借りられるみたいです。

Koivurannan kahvilaのお庭

カフェの前に流れるオウル川カフェの前に広がるオウル川。夏は泳ぐこともできる。

天気の良い週末は人で溢れかえり、かなりの賑わいを見せる。

実は、夫と行った時はオウル中の人が同じことを考えていたようで満席だった。
結局、別のカフェに行くことに(泣)。
(この写真は平日に改めて行って撮ったもの)

歴史を感じる美しいインテリア

さてカフェの中はというと、歴史を感じるインテリアになっている。
1900年台初頭に建てられた家屋を利用したもので、古い暖炉やランプに興味をそそられる。

そこにマリメッコのテーブルクロスを使うのは、フィンランドならではだろう。
おかげで可愛らしい雰囲気が出ている。

思わず写真を撮りたくなる。

歴史を感じる室内

インテリアは色使いが素晴らしい

 

誰もが楽しめる品揃え

メニューはコーヒーやお茶類、ビールやワインなど幅広い。
ケーキやちょっとした軽食、アイスクリームも豊富。

ペット連れが多いのか、犬用のビスケットもある(水の容器も外にあった)。

ケーキや軽食も豊富

ホームページによると、グルテンフリー、ヴィーガンのものも用意しているようだ。
その日あったヴィーガン・ケーキは、ブルーベリーパイ。

Koivurannan kahvilaのヴィーガン・ケーキ

私が行った日は暑かったので、アイスコーヒーをチョイス。
ヴィーガン用にオートミルクにしてもらった。

オートミルクで割ったアイスコーヒーストローがついてくるので、ゼロウェイスターはお気をつけください(汗)

太陽を浴びながら飲むアイスコーヒーは格別だった。

ふと周りを見ると、だれもが「リラ~ックス~」という感じで、ゆったりした時間を過ごしている。
子どもも庭を探検したり、砂場で遊んでいて楽しそうだ。

子ども用の砂場もある砂場で小さなお子さんを遊ばせることもできる

オウル川沿いは、良い散歩道やサイクリング用の道もある。
お天気の良い日に立ち寄ってみてはどうだろうか?

Koivurannan kahvilaへのアクセス/営業時間

名前 Koivurannan Kahvila
場所 Kasarmintie 51, 90230 Oulu
オウル中心街からのアクセス バス停「Franzen」から21、22番のバスで約7分。
「Kurstie E」で下車。川に向かって右へ少し歩く。
オウル駅からのアクセス バス停「Rautatieasema E」から9、34番のバスで約12分。
「Erkkola P」で下車。そのままの進行方向(オウル川方面)へ歩き、橋の下をくぐって左へ。
営業 火~木、日 12:00 – 19:00
金~土 12:00 – 21:00
定休日: 月曜
*季節によって営業時間が変わる可能性あり
ホームページ Koivunrannan kahvila

※店内は許可をいただき撮影しました。お店の人はとってもフレンドリーでした!