ゼロ・ウェイストをおさらい – 家庭ごみを減らす5つのR

2018年は洪水や台風が猛威を振るい「地球温暖化は本気でやばいんじゃないか」と思った人は多いのではないだろうか。

「もっと環境にやさしい生活をしたい」と思った人も増えたにちがいない。

加えて「でもどうやって?」とも思った人も。

地球温暖化の原因は主に温室効果ガスだ。

つまり一人一人ができる地球温暖化対策は「いかに温室効果ガス(二酸化炭素、メタン等)を出さないか」がキーになる。

そこで私は消費者の立場から、

  • ヴィーガン
  • ゼロ・ウェイスト

の2つを実践し、できるだけ環境に配慮した生活している。

残念ながら、どちらも完璧できているわけではないが(特にゼロ・ウェイスト)、この2つはエコライフの要だと考えて取り組んでいる。

今回はゼロ・ウェイストの基本についてご紹介しよう。

環境にやさしい生活のヒントになれば嬉しい。

ゼロ・ウェイストとは

ゼロ・ウェイストはごみを限りなくゼロにする取り組みである。

※ウェイスト=waste 浪費

実践のベースになる考え方は「5つのR」で現される。

  1.  Refuse 断る
  2.  Reduce 減らす
  3.  Reuse 再利用
  4.  Recycle リサイクル
  5.  Rot 堆肥化、コンポスト

Repair(修理する)が入っている場合もある

有名なゼロ・ウェイスターは何人かいるが、ローレン・シンガーはこの5Rsを実践し、4年分のゴミが一個のジャーの中に収まるという。


Four Years of Trash: One Jar. What’s in Lauren Singer’s Mason Jar?

もうひとり有名なのはベア・ジョンソンで、本も出している。

家族と暮らしながらも一年分のゴミが1Lのビンに収まるというからすごい。


Bea Johnson’s Zero Waste lifestyle on CCTV America


↑アマゾンで試し読みができる。

ゼロ・ウェイストはもちろん温室効果ガスの削減に効果がある。

ゴミになるもの(つまり環境に悪いもの)を拒否することで、製造、運送、販売、処分、リサイクル…とあらゆる段階で出る二酸化炭素量を減らすことができる。

残念ながら、明日すぐ結果がでるものでもないし、一人で取り組んでもあまり効果はないかもしれない。

しかし多くの消費者がこうしたライフスタイルを送り、メッセージを送れば社会全体も動く。

まずは一人一人の取り組みが大事である。

さあ、ではこの5つのRを見ていこう。

Refuse 断る

f:id:freeandlight:20180906045004j:plain

Refuse(断る)は断捨離の「断」と似ていて、家に入ってくるゴミを断つ、という意味だ。

「いらない物は断る」「ゴミになるものは断る」こと。

  • 包装された商品を買わない(特にプラスチック)
  • ギフトラッピングを断る
  • サンプル、販促、おまけの品をもらわない
  • 新聞や雑誌の購読、受け取りを辞める
  • ストロー、砂糖、ミルクなど、使わないものは予め伝える

etc…

食品、服、文房具、雑貨類…できるだけ包装されていない商品を買おう。

特にプラスチックは避ける。

劣化したプラスチックからは二酸化炭素が出ると報告されているし、マイクロプラスチックの問題もある。

量り売りのサービスがあるならぜひ活用しよう。

サービスの契約時にもらうファイルやおまけなど、無料でもらえる粗品は断るか、返却しよう。

タダのものは質が悪いか、結局気に入らずにタンスの肥やしになる。

紙類は電子化することで、ゴミを減らせる。

請求書をメールで送るよう設定する、新聞や雑誌を電子版に切り替えるなど。

最近の雑誌は、おまけがビニールテープで括り付けてあって全くエコではない。

旅行や化粧品のパンフレット等は便利に見えて、インターネットの方が詳しい情報が載っている。

広告やフリーペーパーは送らないよう連絡するか、ポストに注意書きをつける。

ただ日本は広告が多いので難しいとこだ。

成人式前は振り袖の広告がすごかった…。

Reduce 減らす

Reduce(減らす)は必要なものを見極め、無駄な消費を減らすこと。

また消費を促す行為をしないことも指す。

ミニマリストの考えに近い。

  • 必要ないものを生活から減らす
  • ものの管理の時間を減らす
  • 買い物に行く回数を減らす
  • 買う量を減らす(適正にする)

etc…

家にあるガラクタを減らすことにより、本当に必要なものを見極めよう。

絶対にいると思っているもの、なんとなく習慣で買っているものを見直してみる。

例えば、私はフィンランドに来てから箱のティッシュを使っていない。

手ぬぐいやトイレットペーパーで十分だからだ。

使わないものは新しい持ち主を探してあげよう。

保管場所やメンテナンスに余計なコストがかかっているかもしれない。

例えばハンガーが足りないと買い足したが、いらない服を処分したら逆に余った、など。

物を貯め込むと失くし物が多くなり、無駄に買い換える羽目になることも。

買い物に行く回数や、ネットショッピングにかける時間も見直してみる。

人間、やはり見ると欲しくなる。

また「ついでに」と余計なものまで買ってしまう。

買う量も一度見直してみると良いだろう。

食材をいつも余らしてしまう人や、予備のアイテムが大量にある人は積極的にReduceしよう。

Reuse 再利用

f:id:freeandlight:20180829042655j:plain

Reuse(再利用)は同じものを繰り返し使うこと。

新しい使い道、持ち主を探すことでもある。

  • 使い捨てを使わない
  • 充電できる乾電池を使う
  • 不用品は寄付をする
  • 修理する
  • リサイクルショップを活用する

etc…

エコバッグ、マイボトル、マイ箸などを持ち歩こう。

プラスチック製の食器類は一瞬使ってすぐゴミになる良い例だ。

長持ちする質の良い商品を買うのも大切だ。

Reduceでも書いたが、いらない物はリサイクルショップに売る、寄付する、フリーマーケットに挑戦するなど、新しい持ち主を探そう。

逆に必要なものは、なるべく中古品を選ぶ。

新品の商品はタグ、袋など、多くのゴミが出る。

Recycle リサイクル

f:id:freeandlight:20180906045627j:plain

Refuse(断る)、Reuse(再利用)しても出てしまったゴミはRecycle(リサイクル)する。

  • 資源ゴミを分別し、しかるべき処理をする
  • 壊れた電化製品は回収ボックスへ
  • リサイクル可能なものを購入する

etc…

ゼロ・ウェイストはリサイクルを推奨しないが(リサイクル後どうなるか不透明な点が多すぎる)、出てしまったゴミは可能な限り循環させよう。

服や商品の空きボトルを回収している店もある。

ただ回収後にくれるおまけには注意。

修理がきかない電化製品は家電量販店などにある回収ボックスへ。

jn.lush.com

 

Rot 堆肥化

f:id:freeandlight:20180906045759j:plain

生ゴミをRot 堆肥化(肥料)する。

  • 生ゴミを分別する
  • コンポストを作る

マンション暮らしの人にはハードルが高いが、室内でダンボールコンポストを作っている人もいる。

難しい場合は、せめて生ゴミをよく乾かして捨てるようにしよう。


生ごみリサイクル ダンボールコンポストの作り方と使い方

最終的に捨てることにはなってしまうが、野菜のヘタや皮、種などでベジブロスを作るのもおすすめだ。

良いスープのベースになる。

 

以上。

他にもユーチューブやピンタレスト、インスタグラムで「zero waste」と検索すれば、ゴミを減らす様々なアイディアを見つけることができる。

ただゼロ・ウェイストは本当ーーーーーに難しい

住んでいる場所、経済状況、健康状態に左右される。

しかし少しでも生活に取り入れると、ゴミを減らす新しいアイディアを思いつくこともある。

完璧にできなくても、一つでも実践することが大事だ。

あまり気負わず、趣味やゲームだと思ってトライしてみてはどうだろうか。