ヴィーガン歴1年半。体調の変化まとめ【正直に書きます】

ヴィーガンにんじんケーキ

ヴィーガンになって1年半が経ったので、心と身体に起こった変化をまとめます

あくまで個人的な経験です!でも正直に書きますよ!

みんみ

ヴィーガンになる時、健康面を心配する人は多い。

  • ガリガリ
  • ガサガサ
  • 老ける

など、かなりネガティブな情報がネットで飛び交っているからだ。

それでも環境や動物のことを考えてヴィーガンに挑戦したい人もいるだろう。
そんな人に参考になればと思う。

なお、ヴィーガンと言っても食事内容はそれぞれ。
私の場合は野菜を中心としたプラントベースダイエットを意識してやっていたが、専門家ではないので、あくまで一例だということをお忘れなく。

プラントベースダイエットとは? | HERBIVOFIT

この記事の内容
  • ヴィーガン歴1年を超えた人の生の声
  • ヴィーガンをやって一年半経ったリアルな体調
  • 心への影響

体調の変化

結論から言うと、ほぼなし!

ヴィーガンになって一年半の間、肉、魚、乳製品、はちみつなど、動物性のものはほぼ食べなかったが、体調に大きな変化はない

一時、疲れが長引いた時期があったが、気をつけて食べるようにしたら(要は小腹が空いたらなんでも食べる)すぐ戻った。

ヴィーガンになって元気がなくなった?→食べる量が少ない可能性があります

 

なおその時少し痩せてしまった。

今はお肉を食べていた時の体重のマイナス2、3キロを維持している。
ちなみに痩せ体質で、太ったことはない。

 

補足
ヴィーガンになってから3回ほど動物性のものを少しだけ食べた。

自覚しているのは以下の通り。

  • 新年会で友人の作ったミートパイを試食
  • 賞味期限切れのにぼし(捨てるのがもったいなかったので)
  • 夫の牛乳入コーヒーをうっかり一口

少量なので、影響はないと思う。

便通は相変わらず最高

出すって大切〜!

出すって大切〜!

それでも、ヴィーガンになって明らかに変わったことと言えば、便通だ。

便通だけは相変わらず最高
便秘とは無縁になった。

回数が少し増え、しかも一瞬で用が足せる。
これを快便と呼ばずしてなんと呼ぶ。

ヴィーガンになって9ヶ月!体に起きた4つの変化【痩せた?我慢?】

以前からあった健康問題は継続

一方、ヴィーガンになって病気が治ったなど、大きな変化があった人の話も聞く。
これは個人差が大きい、というのが私の考えだ。

ジャンクフードや肉ばかりを食べていた人が、野菜を中心とした食事に切り替えれば、そりゃあ影響も大きいだろう。
しかし、もともと健康に気をつけた食事をしていた人には、変化が感じにくいはずだ。

私は2017年の夏あたりから、徐々に肉を減らしていたし、野菜は積極的に食べていた。
そのせいか美肌効果や生理痛の軽減を期待したものの、思ったほど変化は見られなかった。

ニキビもできるし、生理中は相変わらず下っ腹が痛い(ただ、前からそれほどヒドくはなかった)。
ここ10年くらい悩んでいる乾燥肌も続いている。

 

ところで、少し前に勝間和代さんが「腰や膝の痛みを改善するためにヴィーガンになったが、変化が見られないので辞めました。別の方法で治りました。」とブログで書いていたが、原因が食事でない場合は効果がないでしょう。

参考 私がヴィーガンを1年ちょっとでやめた理由 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ

 

骨折している人に菜食をすすめるのはアリだが、ギブスで固定する治療ももちろん必要。
ヴィーガン食は健康的だが、あまり期待しすぎるのは辞めた方がいいだろう。

でも勝間さんほどの人なら、畜産業の環境への影響なども知っていてほしかったなぁ。カムバックお待ちしてます!

みんみ

実際、なにがヴィーガン食の効果なのか判断できないことが多い

というわけで、一年半の間にいろいろ体調の変化を感じても、どのくらいヴィーガン食が影響しているのか解らない時の方が多かった

疲れを感じる時もあれば、ニキビができたり、いつもより生理痛が重い時もある。

こういう時は

  • 疲れを感じる。そういえば今週は忙しかったなぁ。
  • ニキビができた。そういえば、このごろ甘いお菓子ばかり食べていたなぁ。
  • 今月は生理が重い。そういえば今月はパソコンの前で座ってばかりだったなぁ。

という感じで、ヴィーガンと体調の変化に関しては、便通と痩せたこと以外はナゾだ。

  • 年齢
  • 運動
  • ストレス
  • 気候の変化

などなど。
いろいろな要因が重なって今日の体調があると考えると、なんでもかんでもヴィーガンに結びつけるのは危険。

精神的なこと

心

最後に「心の健康」にも触れておこう。

実は心の健康ついては一年半の間、かなり波があった
これも先ほど書いたこと同様、ヴィーガン食が影響しているのかよく解らないのが正直なところだ。

  • 仕事がない期間が伸びている
  • フィンランドの暗くて寒い冬(ふつうのフィンランド人も病みます)
  • 人間関係のトラブル

など、ストレスがたまる条件がすっかり揃っていたので、お肉を食べていても、普通に落ち込んだと思うからだ。
そのため、ヴィーガン食がどれくらい心の落ち込みに影響したかと言われると???である。

人間へのガッカリ感はかなり影響

かなしい

ところで、ヴィーガンになると心が穏やかになると言うが、むしろ動物利用の残酷さ、畜産業による環境問題、動物虐待などを知って、心がザワザワすることが増えた。
動物たちの痛ましい画像や動画を見て、人間の残酷な部分を知ってしまった。

これはずっと信頼していた人に裏切られたような感覚で、落ち込むのも無理はないだろう。

「いいな、いいな、にんげんっていいな」という感じが、「やだな、やだな、にんげんってやだな」になってしまった。
人間に対してガッカリしたのだ

それでもツイッターで交流させていただいているヴィーガンの皆さんのお蔭で、なんとか人間不信にならずにいられた。

心の健康に関しては栄養うんぬんより、ヴィーガン仲間の存在の方が私には効果あったかな?

Cows ヴィーガンになって世界を疑うようになった【残酷なビデオを見て】

以上!

ざっくりとだが、ヴィーガン歴1年半の体調の変化をまとめた。

なおこの一年半、他にもいろいろ考えたり、生活に変化があったので、また書いていきたいと思う。

今回はこのへんで!

Moi moi!