さあ、フィンランド。

ゼロウェイストを目指す過程で失敗したことと、そこから学んだこと

きみ

みんみって家庭ゴミを減らす取り組みをしていたよね。ゼロウェイストだっけ?やっぱり難しかった?
うん、なかなか大変だったよ。結局辞めちゃったけどね。でもいろいろ勉強になったよ。
特に失敗からは学ぶことが多かったね。

みんみ

1年半ほど前から、家庭ごみを減らすゼロウェイストに取り組んでいる。
しかし、あまりの難しさに挫折。

今は限りなくごみを減らすゼロウェイストから、できるだけごみを減らすローウェイストへ移行した。

ゼロ・ウェイスト失敗。原因を考えつつローウェイストに移行します。

 

挫折というとネガティブに聞こえるが、取り組みは決して無駄ではなかった。
大量消費社会の問題、ゴミの多さ、リサイクル率の低さなど、多くのことを知れたのは「限りなく減らす」という限界を意識したからこそだ。

ゴミを出さない工夫も生まれた。
中でも失敗を通して生まれた工夫は、今も役に立っている

そこで今回は、私がゼロウェイストを目指す過程で失敗したことと、失敗から学んだことを紹介しよう

勘違い、説明不足で失敗

プラスチックのスプーンのついたアイスクリーム

ゼロウェイスターがもっとも避けるのは使い捨てプラスチック
自然に還りにくく、リサイクルも思ったよりされていないのに、世界中に溢れている問題児だ*
*医療現場は仕方ないと思うけどね

特にプラスチックを避けるように気をつけたいのは飲食店
プラスチック製のナイフやフォーク、スプーンを使う店が結構ある。

私は、ナイフとフォークを持参するか、お店の人に使い捨てでないカトラリーがないか尋ねるようにしていた。

 

失敗!使い捨てスプーンをもらってしまう

しかし外出先でアイスクリームを食べる時、うっかりプラスチック製のスプーンをもらってしまったことがある

そこはカフェだったのだが、アイスクリームにはプラスチックのスプーンを付けていた。
そのため「鉄のスプーンで食べたいです」と注文したのだが、これが間違いだった。

お店の人に、スプーンにこだわりのある客と勘違いされてしまったのだ(どんな客だ…)。

結果的に「このスプーン(プラスチック)も念の為に付けとくね。使わないから捨てちゃって」とアイスにプラスチックのスプーンを刺されてしまった。
その時、「Älä älä älä…!(ダメダメダメ…)」と叫んだが、時すでに遅しであった。

 

このように、お店の人にお願いしたのに、ダメだったケースは何度かある。

  • ストローはいらないと言ったのに、カクテルにストローが付いてきた
  • 袋を断ったのに、商品を袋に入れられてしまった

 

対策 → なぜ断るのか説明しよう

何度が同じような経験をして気がついたのは、お店の人は習慣でスプーンやストローをつけたり、無意識に袋に入れてしまう、ということだ。

そのため、「今、ゴミを減らすチャレンジをしているんです。」と伝えるようにした。
理由を伝えることで印象に残るようになるのか、失敗がなくなった。

まあ、言う時ちょっと恥ずかしいけどね…。

ポイント
勇気を出して、自分の取り組みについて説明しよう

 

忘れる、準備不足で失敗

いつもバッグにゼロウェイストグッズを

これも使い捨て食器にまつわる失敗。

レストランで使い捨てのフォークを使うはめになった

 

失敗!家にゼロウェイスト・グッズを置いてきてしまった

あるレストランでフォークを頼んだら、使い捨てのプラスチック製のフォークを差し出された。

そこではいつも鉄製のフォークを使っているので、「鉄製のフォークをお願いします」と言うと「今洗ってる最中なんです」と言われてしまった。

私はいつもナイフとフォークがついたマルチツールを持ち歩いているのだが、その日は必要ないと思って家に置いてきていた

 

マイカトラリー

 

結局、フォークが洗い上がるのを待つこともできず、使い捨てのフォークで食べるはめになった。

 

この手の「ゼロウェイスト・グッズを持っていなかったことで、ゴミを出してしまう」はよくやってしまう失敗のひとつだ。

  • エコバッグがないのに急に買い物することになり、袋を買うはめになった
  • マルチツールを洗ったら、そのままキッチンに忘れて来てしまったが、出先で必要になった

 

対策 → ゼロウェイスト・グッズは365日持ち歩く

私は、マイバッグ、マルチツール、タッパー、水筒などを持ち歩いているが、「今日はいらない」という日は家に置いてくることもあった。
しかし、マーフィーの法則なのか、そういう日に限って必要になることが多かった

ゴミを減らす7つのロー・ウェイストアイテム携帯必須!使い捨てゴミを減らすのに役立った7つのアイテム

 

それ以来、「今日はいらない」と120%思わない限り、ゼロウェイスト・グッズは持ち歩いている。

ポイント
ゼロウェイスト・グッズは365日持ち歩いてこそ意味があると心得る

 

必要のないエコグッズで失敗

お弁当箱、必要?

海外のゼロウェイスターのビデオを見ると、エコグッズが欲しくなってしまう。
おしゃれなメイソンジャー、木製のブラシ、鉄製の弁当ボックスは魅力的だ。

しかし、ゼロウェイスト的には、「買い物をしない」が一番の活動。

それでも、誘惑に負けて必要のない小物を買ってしまったことがある

失敗!必要のない弁当箱を買ってしまった

ゼロウェイストを始めると、妙に、

  • 生成り
  • 木製
  • ガラス製
  • 鉄製

…のグッズが欲しくなってしまう。

↓こういうの。

ゼロウェイストグッズ

もしくはパッケージフリーの商品に妙に心が動いたりする。

 

海外の素敵なゼロウェイスターに憧れていた私は、つい必要のないガラス製の弁当箱を買ってしまったことがある
買った後、ちょうど前の弁当箱が壊れたから無駄にならなかったが、必要のないものだった。

 

このような「必要のないエコグッズを買ったり、もらったりしてしまう」も結構やってしまった失敗だ。

  • ブリキ缶に入った化粧品を見つけて、嬉しくなって買ってしまった(必要ないのに)
  • パッケージフリーの石鹸を見つけて、嬉しくなって買ってしまった(必要ないのに)
  • 販促用の生成りのエコバッグをもらってしまった(必要ないのに)

 

対策 → 買わないこと、もらわないことが一番のエコと気を引き締める

これはもう、心の持ちようだ。
とにかく必要ないものは絶対に買わない、もらわないと決める。

もしくは買い物をしない習慣をつける

ぼくたちは習慣で、できているヴィーガンが肉を食べたくならないのは習慣の力-『ぼくたちは習慣で、できている』

 

まあ、環境に配慮されたエコグッズを買うのは、それほど悪いことではない。
ただ不要なものを買ってゴミを増やさないよう、気持ちを引き締めるようになった。

ポイント
たまになら良いが、ミニマリストに思考なろう

 

きみ

結構がんばってたんだね。
ありがとう(泣)。

でも本当に、「この取り組み、一人じゃ無理」って思ったよ。

みんなもちょっとづつゴミを減らそうとしてくれたら嬉しいな。

みんみ

 

以上!

これはゼロウェイストに限った話しではないが、失敗から学ぶことは本当に多い。
それに忘れにくい。

それでも、失敗はしないに限るので、私の話が参考になればうれしい。

では今回はこのへんで!

Moi moi!