【立地良し】ヘルシンキの格安ホテル「Omena Hotels」レビュー【及第点】

ヘルシンキを訪ねる際によく利用するのが、フィンランドの格安ホテル「Omena Hotels」

先日ヘルシンキに行った際にも利用したので、レビューしてみよう。
私は8年ほど前から4、5回利用しているので、正確な評価ができると思う。

この記事はこんな方におすすめ
  • ヘルシンキのOmena Hotelsの泊まり心地を知りたい
  • Omena Hotelsの良いところ、悪いところを知りたい
  • YrjönkatuとLönnrotinkatuの部屋の違いを知りたい
  • 朝食をつけるべきか迷っている

※フィンランド語ではOmenahotelli(オメナホテッリ)で、「りんごホテル」という意味。

Omena Hotels概要

オメナホテル外観

Omena Hotelsはフィンランドで展開するホテルチェーン。

ヘルシンキに2店舗、他にもユヴァスキュラ、セイナヨキ、タンペレ、トゥルク、ヴァーサなどに展開している。

安いことで若者や出張者に人気がある。

https://www.omenahotels.com/en/
Cheap hotels in Helsinki and Finland | Omena Hotels

Omena Hotelsどうよ?→及第点なホテルです

 

結論から言うと、Omena Hotelsは「及第点なホテル」だ

「おしゃれな北欧スタイル」ではないが、必要なものは揃っているし、なんだかんだで利用してしまう便利さがある。

では細かく見ていこう。

 

安さ、立地重視の人におすすめ

ヘルシンキ中央駅

 

Omena Hotelsの特徴は、なんといっても立地の良さと値段の安さ
ヘルシンキには2店舗あり、どちらもヘルシンキ中央駅から近いのは大きな利点だ。

 

Yrjönkatuにあるホテル → ヘルシンキ中央駅から徒歩8分

 

Lönnrotinkatuにあるホテル → ヘルシンキ中央駅から徒歩11分

 

値段は一泊あたり50~90ユーロの間。
ハイシーズンを除いて100ユーロを超えることはない。

比較サイトにはもっと安いホテルもあるが、個室でなかったりセンターから離れていたりする。
フィンランドの物価と立地を考えると、かなり安いホテルと言える。

立地重視で宿泊費を浮かせたい人はぜひチェックすべき。

 

Omena Hotelsの特徴

 

さて、Omena Hotelsについて語るなら「無人ホテル」という点は言及すべきだろう。

Omena Hotelsはフロントがなく、チェックイン/アウトも宿泊客のセルフサービス。
予約後に送られてくるメールの暗証番号でホテルに入り宿泊、あとは勝手に帰るというシステムだ。

ホテルからのメール

ルームクリーニングの人を除けば、ホテルには宿泊客しかいない。
安さの秘密は人件費が抑えられているところだろう。

 

で、泊まり心地は?

オメナホテル、ベッド

ベッド脇にあるコンセント、ミニランプが便利。

肝心の泊まり心地だが、意外と悪くない。
寒いとか、寝心地が悪いことも無く、まあ快適だ。

オメナホテル、洗面所

これはユニットバス。

シャワーシャワー。

ホテル内

ただ最初に書いたように「おしゃれ北欧スタイル」を期待してはいけない
壁や床などからチープさがにじみ出ている。
だからと言ってダメではなく、ソファやベッドでくつろぐ分には申し分ない。

アメニティは必要最低限のものが揃っている。

オメナホテルのアメニティ

  • 無料wifi
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • ドライヤー
  • 湯沸かし器
  • テレビ
  • お茶&インスタントコーヒー(紙カップ)
  • シャンプー&ボディソープが一体になった石鹸
  • タオル

なお、掃除は5日に1回だが、シーツは予備があるので自分で変えることもできる。

 

Omena Hotels残念な点

 

ここで、いくつか残念な点をあげておこう。

  • テレビのチャンネルが突然替わったり、ノイズが現れることがある
  • なぜか見られないチャンネルもある
  • シャワーヘッドが固定されているので、シャンプーしたくないのに髪が濡れる
  • ユニットバスなので、洗面所の床が濡れて気持ち悪くなる
  • 置いてあるタオルの枚数が少ない
  • 部屋が乾燥している
対策
スリッパ、シャワーキャップがあると便利。

YrjönkatuとLönnrotinkatu、どっち?→大差なし

 

ところで、ヘルシンキのOmena Hotelsに宿泊を決める際、「2つ店舗あるけど、どっちが良いの?」と思う人もいるだろう。
値段も微妙に違うので「違いがあるのかな?」と迷うかもしれない。

私はどちらにも泊まったことがあるが、基本的に大きな違いはない

Yrjönkatuの方が若干ヘルシンキ中央駅から近いが、Lönnrotinkatu方も十分近い。
たった徒歩3分の差なので、好きな方を選べば良いだろう。

 

Yrjönkatuの注意点

 

…と書いたものの、週末にYrjönkatuに宿泊する際にちょっと気をつけたいことが。

Yrjönkatuの隣には「Pub Peräkammari」というパブがあり、週末にライブをやっている。
一度、夜遅くまで演奏が聞こえてまいったことがあった。

*ただPub Peräkammariは、値段も安く、良い感じのバーで超おすすめ。

 

朝食はつけるべきか?→多分いりません

 

ヘルシンキに宿泊した場合、「Picnic」というチェーン店での朝食を5,60ユーロで付けることができる。
私は一回だけ利用したことがあるが、ハッキリ言って不要

朝食は「ハムとチーズのサンドイッチ、ジュース、コーヒー、紅茶」で普通に買うよりは少し安い。
しかし、ヘルシンキ中央駅付近には山程カフェがある。

気になるカフェで、自分で食べたいものを選んだ方が絶対に楽しいはずだ。

 

まとめ「向き不向きがあるホテル」

 

Omena Hotelsをおすすめする人
  • とりあえず個室でゆっくり眠れるところを確保したい人
  • 朝食とか、ルームサービスとか、そういうの全部いらない。自分でやりたい人
  • 値段と立地重視な人
Omena Hotelsをおすすめ出来ない人
  • ホテルに細やかなサービスを期待する人
  • 北欧気分を味わいたい人
  • リッチな気分を味わいたい人
  • まめに掃除して欲しい人
その他
  • Yrjönkatuのホテルは週末うるさい可能性あり
  • 朝食はいらない

以上!

ところで、このホテルの部屋には、なぜか例外なく「草上の昼食」の絵がある(これは本当にナゾだ)

参考になれば嬉しい。
ではMoi moi!