フィンランドの職業体験「Työkokeilu」の概要とやった感想

フィンランド在住者向けの記事です!

みんみ

こんにちは!フィンランド在住のみんみです。

フィンランドでは職業安定所を通して「työkokeilu(トュオコケイル)」というサービスを利用できます。

työkokeiluはいわゆる職業体験(ジョブトライアル/インターン)にあたるもので、お店や企業などで気になる職業を「お試し体験」できるというもの

先日、二度目のtyökokeilu(以下、職業体験)をしたので、概要と感想をまとめました。

日本語でザックリ内容を知りたい方、やった感想を知りたい方の参考になれば嬉しいです!

公式の情報は以下のリンクで手に入ります。

2020年3月現在の情報を私の解釈でまとめたものです。
ここの情報を使うのは自己責任でお願いしますね~。

Työkokeilun käytännöt ja säännökset- TE-palvelut

トュオコケイル?ティユォコケイル?…カタカナ化難しい。

みんみ

職業体験「työkokeilu」とは

「työkokeilu(職業体験)」は、フィンランドのTE-toimisto(職業安定所)のサービスのひとつです

企業や店で「お試し」で働くことができるサービスで、気になる職業を疑似体験することができます。

お試し期間中に、

  • その職業は実際どんなものか?
  • その職業が自分にあっているか?
  • 自分の持っているスキルが通用するか?

などを確認し、就職のステップにするのが目的です。
キャリアチェンジや職場復帰を考えている人によく勧められます。

資格がいる職業の場合は、見学やお手伝いの形になります。

みんみ

ちなみに、työ-は仕事、-kokeiluは試み、実験という意味。

たとえば、こんな感じの人が利用します(私が考えたケースで、必ず当てはまるとは限りません)。

「教師だけど今は仕事がない。
介護士の需要があるから老人ホームで職業体験して、自分に向いている職業か確かめたい」

「建設現場で働いていたけど腰を痛めて退職。
スポーツトレーナーに興味があるけど、まずジムの仕事を見学して体への負担が無いか知りたい」

「育児休暇で数年ほどデザイナーの仕事から離れていた。
職業体験で今の自分のスキルが業界で通用するか確かめたい。できれば就職に結びつけたい」

※自分がすでに経験している職業で職業体験するには、一定のブランク期間があることが条件です

職業体験はどこでできるのか?

職業安定所のサイトによると職業体験ができる場所は、

  • 企業(会社、店など)
  • 個人事業主
  • 団体(自治体、協会)
  • 財団、政府機関
  • 工場(工房)

となっています。

シェフならレストラン、司書なら図書館、販売員ならスーパーマーケットといった感じ。

起業家として一人で職業体験することも可能なようですが、経験がないので割愛します。

期間はどれくらい?

期間はケースバイケースのようですが、最長で12月です。
同じ雇用主(受け入れ先)や同じ作業の場合は6ヶ月がマックスのようです。

とはいえ、通常は1~3ヶ月で十分とされています。

特殊なケースで無い限り、マックス1年できる可能性は少ないと思います。
一度、6ヶ月やりたいと言ったら3ヶ月で十分と言われました。

就業時間

就業時間は1日4時間~8時間、最大週5日です。

ただ「4時間だけでいいなら4時間で!」とはいかないようで、他の従業員のタイムスケジュールと合わせるのが普通なようです。

職業安定所に確認ですね。

みんみ

経験やスキルは必要?

職業体験には基本、経験やスキルは必要ありません。

ただし、食品を扱う仕事なら「hygieniapassi(衛生管理資格)」、工場などでは「työturvallisuuskortti(仕事安全カード…日本語化すると変ですね)」が要求されるかもしれません。

資格はいらないといっても、経験ゼロの人の受け入れを躊躇する企業や店もあります。

みんみ

全体の流れ

全体の流れはこんな感じです。

  1. 求職者として職業安定所に登録
  2. 担当に職業体験をしたいと告げ、OKをもらう
  3. 職業体験をする場所(受け入れ先)を探す
  4. 受け入れ先を見つけたらフォームに必要事項を記入し、職業安定所に送り許可をもらう
  5. 職業体験をする
  6. 期間が終わったらアンケートに答えて終了

…以上が職業体験のザックリした概要です。

ここからは私の体験を書いていきます!

私の職業体験

私はフィンランドで職業体験を2回しました。

1回目は6年ほど前に高校のティーチングアシスタント、2回目はIT企業でコーダー(プログラマー)です。

高校のティーチングアシスタント(先生のお手伝い)
期間: 3ヶ月
時間: 週5日/1日8時間

これは未経験の職種なので、自分にあった仕事か見極める目的でやりました。

コーダー(プログラマー)

期間: 1ヶ月
時間: 週5日/1日7時間

こちらは日本でやっていた仕事と近いので、自分に足りないスキルを確認するのが目的でした。

職業体験の感想!

さて、フィンランドで職業体験やってみた感想はというと、かなり良かったです

感じたメリットは以下の通り。

  • 職業の向き不向きが解った
  • フィンランドの仕事文化を知ることができた
  • 業界の動向や、企業がどういう人材を求めているか解った
  • 人との繋がりができた

一番良かったのは、「自分に何が足りないか」がよく解った点ですね。

  • ティーチングアシスタント → フィンランド語能力が圧倒的に足りない
  • コーダー → 自分のスキルがもはや時代遅れ

職業体験が終わったあとは、学ぶべきことがハッキリしました。

気になる職業があるなら、絶対にやるべきです!

仕事を得やすくなる

もうひとつの、仕事を得やすくなるメリットもあります(私は就職できてませんが…)。

職業体験した場所でそのまま働けるケースもあるようですし、履歴書に書けばプラス評価に繋がるかもしれません。

※残念ながら外国人名は就職に不利という調査があります。

大変だったこと

職業体験中はお手伝い、半社員といった形で楽しくできました。
やりがいもありました。

むしろ大変だったのは、受け入れ先探しの方でした

二度目の職業体験では5、6社にメールで打診し、決まるまでに1ヶ月ほどかかりました。

「受け入れを行っていない」「すでに学生インターンがいる」と断られることが多かったです。

幸い、親切な起業家さんが受け入れてくれましたが、結構不安でした。
おそらく職業体験は断られることが多いのではないでしょうか。

私がした工夫

ちなみに、受け入れ先探しの際に次のような工夫をしました。
参考までに書いておきます。

メールに履歴書、LinkedInのリンクを添付

受け入れの打診をする際、メールに履歴書とLinkedinのURLを添付しました。
Linkedinには笑顔の写真があったので、親しみを持ってもらえればと思いました。

やりたい仕事、期間を書いた

単に「職業体験したいです」と書いてもスルーされると考え、やりたい仕事内容や期間をしっかり書きました。

職業安定所のサービスだと書いた 

知らない人もいるかもしれないので、職業安定所のサービスだと書きました。
職業安定所のリンクも貼っておきました。

私はしませんでしたが、メールのあとに電話するのも有効だそうです。

みんみ

残念に思った点

最後に職業体験で反省している点を紹介します。

期間

最初のティーチングアシスタントは3ヶ月でしたが、これは長すぎました。
職種によるでしょうが、期間は1ヶ月位がちょうど良いと思います

というのも、私がついた先生の授業はよく休みになり、時間を持て余してしまったんですね。
1ヶ月のうちに数日暇な日があるのはOKですが、3ヶ月間くり返し暇な日を過ごすのは勿体ないです。

職業について真剣に考えてなかった

これもティーチングアシスタントの時の話ですが、実は本気で興味があった分野ではありませんでした
「フィンランド語を学べたらいいな~、とりあえず職業体験するか~」というノリは良くなかったです。

むしろ、その後進学した医療系の職業体験をやるべきでした。

後悔はないですが、個人的に反省しています。


以上です!

参考になったら嬉しいです!

ではまた~。