フィンランドの伝統行事、新年の「錫占い」のやり方を紹介!

フィンランドの新年の伝統行事に「錫占い」があります。

これは馬蹄形をした小さな錫(スズ)を溶かし水へ放り込み、できた形から新年を占うもの
フィンランドでは、

  • tinanvalanta(ティナンヴァランタ)
  • uudenvuodentina(ウーデンヴオデンティナ)

などと呼ばれます。

家族や友人と形を見せっこして、かなり盛り上がります。

馬蹄形の錫(tina)

馬蹄形の錫

新年のおみくじみたいだね。

みんみ

実は、この馬蹄形の錫の販売は2018年3月から禁止になり、伝統は過去のものになりつつあります。
ですが、もうすぐ新年&おもしろい行事ということで、フィンランドの「錫占い」を紹介します!

※写真は数年前に撮ったものです。

錫に含まれる鉛が胎児に影響を与えたり、不妊の原因になるようです。温めた時に出る気体も身体に良くないとか。

あくまで知的好奇心で呼んでくださいね!

Tinan valaminen kielletään maaliskuussa | Aamulehti

錫占いとは?

錫占いはおみくじ的存在?

錫占いは、北欧やドイツ、オーストリアなどで行われている占いです。

Molybdomancy – Wikipedia

国や地域によって多少やり方は違うでしょうが、フィンランドでは大晦日/新年に行われます。
子供いる家庭や、友達同士でワイワイやることが多いです。

なお占いの結果は重要視されず、少なくとも私の周りは遊び感覚です。
おそらく3日もすれば占いの結果を忘れてます(笑)。

錫占いのやり方

やり方は超シンプルです。

①馬蹄形の錫を溶かす

馬蹄形の錫、お玉、キャンドル

まず、馬蹄形の錫、専用のおたまを用意(前は店で売っていました)。

1~2個の馬蹄をお玉に入れ、温め溶かします。
水銀のようにプクっとした液状になれば準備完了です。

このコンロの汚れの取り方教えてください…。

暖炉のある家は暖炉の火で、ない家は調理用のコンロでやります。
キャンドルでもOKです。

②バケツを張った水へ入れる

こんな感じに一気にぶち込む

馬蹄が溶けたら、一気に水の張ったバケツへ入れ固めます。

この時ジュッと音がするのがおもしろい!

みんみ

③できた形を見る

溶け固まった錫

バケツの中から錫を拾い上げ、形をチェックします。

これで未来を見るので、破片はきちんと集めてね!

錫占いの見方

占い方は次の通りです。
ここではザックリ内容をかいつまんで説明しますが、こちらのサイトを参考にしました。

Nyt on aika valaa tinoja – lue mitä muodot ja varjot kertovat sinulle – Uutiset – Radio Nova

詳しく知りたい人はグーグル翻訳してみてくださいね。

バラつきを見る

まず大きな一つの固まりになったか、バラバラの破片になったか調べます
バラバラになっていたら「忙しい年」という意味です。

固まりかバラバラか

…とここで注釈を入れると、この結果の見方も人によって言うことが違って当てになりません(笑)。
みんなネットで答えを調べますが、サイトによっても微妙に違うのでシリアスになるのは辞めましょう。

表面の状態を見る

つぎに表面の状態をチェック。

このような粟粒のようなブクブクした表面は「お金」を意味します。
なので、表面がざらざらしていたら喜びましょう。

錫の表面がブクブクしてたらお金のサイン

ブクブクはお金のサイン

逆にスベスベだと「退屈」「健康の悪化」などを暗示します。
平らな表面は「怠惰」という意味。
長いリボン、棒状は「忍耐力を持て」というメッセージです。

形を見る

形は直接見ても良いですが、光を当てて影の形を見てもOK。
車に見える、うさぎに見える…等、具体的に「なにか」が見えるまで360度見ていきます。

朽ち果てたかりんとう?

錫の形を影で見る

ポニーテールをした女の子の横顔?

形の意味

全部書くと長いので、いくつかピックアップしてご紹介します。

  • 錨…安定した年、忠誠心やお金
  • 車…旅や出費、お金や友人の訪問
  • ロバ…遺産
  • 鍵…お金、結婚
  • 天使…幸運、愛、守護
  • 大型動物…達成
  • 小型動物…小さな落胆(残念)
  • 針や角を持つ動物…占いの読み手によって変わるが、守護か脅威
  • 帽子…成功
  • 馬…旅
  • ねずみ…貧しさ
  • 蜘蛛…お金、成功
  • 人間…仕事や人間関係の変化
  • うさぎ…街での成功
  • 魚…海外からの良いニュース
  • 熊…旅
  • 植物…嬉しい驚き、リラックスのすすめ
  • 鍋…死
  • 咲いている花…崇拝者、結婚
  • 船…旅、幸運、友人の訪問
  • 鳥…旅、旅、しばしば悲しい知らせ
  • 飛行機…友人の助けによる成功
  • りんご…長寿、お金

などなど。

ちなみに、ある年の私の錫は「この2つのとんがりは…『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』に見える」と言われました(笑)。
意味が解らない…。

新しい錫占い

さて、冒頭にも書きましたがフィンランドで馬蹄形の錫の販売は禁止になりました。
最近はミツロウや砂糖でやる方法が紹介されているようです。

こちらの動画では、古いキャンドルと砂糖でやっています。

私はエシカル&エコ的な観点から、どちらもおすすめしませんが、やるなら古いキャンドルがおすすめです!

なおフィンランドのまじないを知りたい方には、こちらの本がイチオシ。
写真が美しく、内容もなかなか読み応えがあります。

フィンランドの不思議を知りたい方へ。

フィンランド叙事詩カレワラにも不思議な話がたくさん出てきます。


以上!

ではまた~。