北欧の寒い、暗い、長い冬を乗り越える5つ方法【フィンランド在住者は語る】

私流「北欧の冬の乗り越え方」を紹介します!

みんみ

こんにちは!フィンランド在住8年目のみんみ(@mimmi_nurinpain)です。

昨日、朝起きたら雪が積もっていました。
いよいよフィンランドも冬です。

10月、ついに雪が

さて、10月のこの時期、気持ちが落ち込んでしまう北欧在住者が多いです。
日照時間が短くなり、気温も下り、本格的な冬が見えてくるからです。

私も「また冬が来るのか。これから5月まで雪との生活(泣)!」とヘコみぎみ。
※北フィンランドは5月頃まで雪があります

しかし、フィンランドに8年もいれば、冬を乗り切る知恵も付いてきます。
という訳で今回は、私流の「北欧の冬を乗り切る方法」を5つ紹介します

この記事はこんな人におすすめ
  • 冬を前に気分が落ち込んでいる
  • 北欧の冬の乗り切り方を知りたい
なお、冬も毎年フィンランドで過ごしてますよー。
国外逃亡はしてません!

みんみ

心構え「あきらめろ、話はそこからだ」

具体策の前に、まずは心構えの話を…。

北欧の冬を乗り切るために大切なのは考え方です。
とにかく、北欧の冬は寒い、暗い、長いという事実を受け入れましょう。

「いやいや、もしかしたら、今年の冬は快適かもしれないよ?」

もしそんな希望があったなら、今すぐゴミ箱へポイしてください。

冬は辛いもんなんです。
逃げられません。

希望は持つだけムダ、むしろマイナスです。

期待するからガッカリする

何が言いたいのかと言うと「期待するからガッカリするんだよ。」ということ。

どうせ辛いに決まってるんですよ、北欧の冬は
期待せずに覚悟を決めれば、少しの快適感さで「私ってツイてる!」と思えます。

期待値を下げるのが大事です。

長い北欧の冬を乗り切る5つの方法

では具体策へGO!

①予定を入れる

冬は予定をガンガン入れる、これに限ります
仕事や学校があるなら良いですが、在宅の人は意識した方がいいです。

日照時間が狂わす体内時計

というのも、日照時間が短いので、生活のリズムが狂いやすいです。
一人で家にいると、寝る時間、起きる時間がどんどんズレて行ってしまいます。

そのため、

  • 人と会う
  • 決まった時間に散歩する
  • ジムに通う

など、予定を入れ体内時計を修正しましょう。
外出すれば運動になり、寝付きもよくなります。

どうしても朝が辛い人は、人工太陽や光の目覚まし時計がおすすめ。
光を浴びることで身体にスイッチが入ります。

こういうやつです。

②防寒着に投資する

防寒着は大事

冬を乗り越えるために、防寒着に投資するのも大事です

実は、フィンランド移住1年目の冬は寒くて仕方ありませんでした。
家を出るのもイヤという状態。

しかし、きちんと防寒ができるようになると、フットワークが軽くなりました。

君は本当の暖かさを知っているか?

移住1年目のころ、親戚がくれた手編みの手袋をしていました。
デザインがかわいく、お気に入りでした。

しかし手袋に穴が空き、アウトドア用の手袋に買い換えることに。
手袋を買い替えた日、衝撃が走りました。

「アウトドア用の手袋、手編みの100倍温かい!」

そう、1年目にめちゃめちゃ寒かったのは、防寒ができてなかったんですよね。

神奈川県出身なので、本気の防寒をしたことがありませんでした。。。

みんみ

同じ頃、スキー用のズボンを買ったら、その暖かさにまた驚きました。

きちんとした防寒着をゲットしてからは、外出のストレスが激減。
北欧の冬を乗り越えるには、防寒がめっちゃ大事です。

おしゃれは捨てた(笑)!

みんみ

…あと、たまにパジャマの上に防寒着を来てスーパーへ行きます…(笑)。

寒いファッション気温無視!フィンランドの寒そうな若者ファッション4選【氷点下】

③移動手段を確保する

冬はバス派

冬にもう一つ意識して欲しいのが移動手段を確保すること

車を持っている人は良いですが、その他の人はバス、自転車などで気軽に出かけられるようにしておきましょう。
でないと、家を出るのが億劫になってしまいます。

高くてもバスの定期券を買う、自転車の冬用タイヤをセットするなどです。
たまにはタクシーを使うのも良いでしょう。

交通費をケチっていた私

学生だったころは、安いバスの定期券があったので気軽に外出していました。

しかし学校が終わると、バス代をケチるように…(高いんです、私のエリア)。
結果、一日中ダラダラする生活になってしまいまいた。

たとえ予定がなくても、ふらっと外出できる…そんな環境があればアクティブでいられます。

④家でできる娯楽を充実させる

家での娯楽を増やすことも心がけましょう

  • 読書
  • 映画、ドラマ
  • Eスポーツ
  • ボードゲーム
  • 趣味

などです。

家で没頭できる楽しみがあると充実度が全然ちがいます。

私の家にある娯楽

冬に時間がある時は、ソファに座って読書をしたり、ネットフリックスを見るのが至福の時間。
(以前は刺繍をしていたのですが、肩が痛くなったので断念…)

読書はKindle Unlimitedを使っています。
いろんなジャンルの本を安く読めるのでおすすめです。
日本のアカウントがあれば、登録できます。

ボードゲームは夫とたまに「スクラブル」という単語を作るゲームをやります。
フィンランド語ですが、作戦次第で勝てるので面白いです。

スクラブルは単語の勉強にもなります。
学習者におすすめ。

これは英語版。

新しいことにチャレンジする

他にも、新しいことを始めるも大事です。

個人的なおすすめはブログ。
収益化を目指すとハマりますよー!

初心者でも簡単!はてなブログPro

⑤家の中を快適にする

最後に「家の中を快適にする」です

当たり前ですが、家の中が快適なのは大事!

  • インテリアを変える
  • 徹底的に「こんまり」して、家をスッキリさせる
  • 掃除をする
  • なんなら引っ越す
  • ルームウェアに投資する

などです。

家に返ってきた時の「ホッ」を大事に

当たり前ですが、家でくつろげないと北欧の冬は相当厳しいです。
家で過ごす時間が長い分、インテリアを自分好みにいろいろ変えてみてはどうでしょう。

『家族が片付けられない』という本に、家は心を移す鏡と書きましたが、汚い部屋は自尊心も下げます。

『家族が片付けません』表紙実家の片付けの苦労を描いた『家族が片付けられない』が深かった件

現地人にならって、キャンドルの光を楽しむのもありですね。

フィンランド人のキャンドルの偏愛っぷりがすごい!

みんみ

異様な人気のイッタラのキャンドルホルダー。

ミニマリストを目指すなら、徹底的にいらない物を処分するのもアリかと思います。

また、北欧の家は暖房が効いてて暑いくらと言いますが、寒い家の人はルームウェアに投資しましょうね(我が家のこと…泣)。

まとめ

  1. 予定を入れる
  2. 防寒着に投資する
  3. 移動手段を確保する
  4. 家でできる娯楽を充実させる
  5. 家の中を快適にする

あと、太陽がでたらガン見して脳裏に焼き付けておくのもおすすめです!


以上です!

北欧在住の方でなくても、冬が憂鬱な方の参考になればうれしいです!

ではまた~。