北欧フィンランドでベリー摘み ー 服装、道具、気をつけること【基本情報】

フィンランドでのベリー摘みに関する基本情報

フィンランドといえば、豊富なベリー類。

旅行の際に、ブルーベリーやコケモモを摘んでみたい人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、北欧フィンランドで、ベリー摘みをする際に覚えておきたい基本情報をまとめました

安全にベリー摘みを楽しみましょう!

フィンランドのベリー摘みのシーズン

秋のフィンランド紅葉シーズンの少し前あたりが良いです

ベリーのシーズンは基本的に7月半ば~8月末と言われています
北フィンランドはもう少し遅いこともあります。

気温によって変化がありますが、8月始め~半ば頃ならハズレは少ないでしょう。

フィンランドの8月は、秋の気配が感じられる時期です。

みんみ

ベリーを勝手に採っても良いのか?問題

ところで、フィンランドではベリーを自由に採っても良いのでしょうか?
答えは、YESです。

フィンランドには自然享受権という法律があり、自生するベリーを自由に採ることができます
森に入るのも自由です。

フィンランドの自然享受権については、こちらの記事で説明しています。

リンゴンベリーフィンランドの自然享受権をQ&Aで説明!ルールを知って自然を楽しもう

覚えておきたいルール

自由とは言え、ルールもあります。
とりあえず以下のことを覚えておきましょう。

  • 庭や畑に入らない
  • 木を傷つけない
  • 鳥や動物を邪魔しない
  • 焚き火をしない
  • ゴミは持ち帰る

どんなベリーが採れる?

フィンランドで採れる代表的なベリーは、次の3種類です。

  • ビルベリー
    …mustikka
  • コケモモ(リンゴンベリー)
    …puolukka
  • ホロムイイチゴ(クラウドベリー)
    …hilla/lakka
他にもラズベリー、フサスグリ、クロスグリなどがありますが、森で見つけられるのは、基本この3種類です。

みんみ

ビルベリー

ビルベリー

ビルベリーはフィンランド語でmustikka(ムスティッカ)と言います。
もっとも一般的なベリーで、森や林、道端にも生えています。

ビルベリーはブルーベリーの一種で、一回り小さいです。

熟したビルベリーの見分け方

熟したビルベリーは、黒に近い紺色で丸々としています。
色が冷めた細長いビルベリーがありますが、これはシーズンが過ぎたものです。
写真のような実だけをピッキングしましょう。

コケモモ(リンゴンベリー)

コケモモ(リンゴンベリー)

コケモモ(リンゴンベリー)はフィンランド語でpuolukka(プオルッカ)と呼びます。

日陰で少し湿気のある場所に自生します。
木がまばらで、見通しの良い開けたところで探してみましょう。

赤く丸々としたものが摘み時です。

ホロムイイチゴ(クラウドベリー)

クラウドベリー

ホロムイイチゴ(クラウドベリー)は湿地に生えている、ちょっとレアなベリーです。
オレンジ色のものが収穫時です。

フィンランド語では、hilla(ヒッラ)またはlakka(ラッカ)と呼ばれています。

場所選びで気をつけること

ベリーは次のような場所で採るようにしましょう。

  • 林や森の中
  • 人通りが少なく、車道から離れている場所
  • 犬の散歩コースになっていない場所

良い場所は観光案内所、もしくは地元の人に聞くのがベストです。
ツアーに参加するのも手です。

服装

ベリー摘みの格好は意外と重装備

ベリー摘みの際、着るものは重要です。
上のイラストでイメージを掴んでもらえればと思います。

ベリー摘みの服装
  • 長袖
  • 長ズボン
  • 長ぐつ、もしくは足首の隠れるスニーカー
  • 帽子(虫よけネット付きがベスト)、またはフード
  • 防寒でない薄い手袋、例えば軍手など(あれば)

ポイントは肌を出さないことです

森には大量の蚊、アブがいるので、軽装だと大変なことになります。
フィンランドの蚊は大きく、刺されるとかなり痒いです。

なお、服の上からも刺してくるので、薄手のシャツはオススメしません。

私はいつもジーンズとウィンドブレーカー、長靴、虫よけネットのついた帽子を着ています。

蚊よけの帽子

虫除けの帽子は10ユーロ前後でスーパーなどで売っています。

意外と重装備なので、涼しい日にベリー摘みをするのが良いでしょう

足元も注意

長靴、もしくは足首が隠れるスニーカーを履くのは、毒蛇に噛まれないためです。
フィンランドにはKyy(キュー)と呼ばれる毒蛇がいます。

ViperaBerusMale 背中に鎖模様があるのが特徴です。
見つけたら近寄らないようにしましょう。

イラクサに注意

フィンランドにはNokkonen(ノッコネン)と呼ばれるイラクサが多く自生しています。
触ると痛みが走ります。

nokkonen

重装備なのは肌に触れないようにするためでもあります。

ちょっと触っただけでバチッと痛みが走ります。

みんみ

マダニ対策

もう一つ気をつけたいのがマダニです。
マダニに刺されると、感染症により死ぬ場合もあります。

肌をさらした状態で、地べたに座らないようにしましょう。

色移りに注意

ところで、ビルベリーの汁は服につくと落とすのが大変です
いらない服か、色の濃い服を選ぶことをおすすめします。

素手でピッキングすると、指にも色が付きます。

持ち物

摘んだベリーはバケツへ

ベリー摘みに必要な物は多くありません。

手で摘むだけなら、ベリーを入れるバケツがあれば十分です
フタがあると便利です。

ブルーベリーやコケモモの場合、poimuri(ポイムリ)という道具を使うこともあります(スーパーで売っています)。

Berry-picking rake

しかし、ポイムリを使うと、葉や枝、熟していないベリーも一緒に取れてしまい、後処理が面倒です。
大量に取る必要がないのなら、手で摘むのがベストです。

ベリーの摘み方

ベリーは軽く引っ張るだけで、簡単に摘むことができます
コツは特にありません。

強いて言うなら、熟したクラウドベリーは柔らかいので優しく引っ張りましょう。

安全にベリーを摘むために

スマートフォンは持っていこう

どこへ摘みに行くか伝えておく

フィンランドでは毎年、ベリー摘みやキノコ狩りで迷子になる人がいます。
迷子もマズイですが、さらにマズイのは、迷子になったことを気づかれないことです。

出かける前、必ず誰かに「どこへ行くか、いつ帰ってくるか」を伝えましょう

映画『127時間』を見れば、遭難の怖さが解ります。

みんみ

現在地をまめに確認する

大きな蟻塚は目印になる

大きな蟻塚は目印になる

ベリーに夢中になって、ふと気がついたら「ここはどこ?」なんてことがあります。
まめに自分がどこにいるか確認しましょう

倒木や蟻塚など、目印を決めて動くと迷いにくいです。

スマートフォンを持っていく

森で迷子にならないよう、位置を確認できるスマートフォンを持っていくと安心です。
緊急時の連絡もできます。

フィンランドの緊急電話は112です(消防、救急、警察すべて同じ)

採ったベリーの保存方法

ベリーは冷凍保存すれば、長持ちします
やり方は簡単です。

  1. 葉やゴミを捨てる
  2. 水で洗い、ザルにあげる
  3. 乾かす
  4. タッパーにいれて冷凍する

この時、家具に果汁がつかないよう気をつけましょう。
一度つくと、取れません。

ベリーの食べ方

ベリーケーキ

フィンランド人はパイを焼いたり、ジャムを作ったりしてベリーを楽しみます。
ヨーグルトやアイスの上に生のベリーを載せる人もいます。

私は冷凍したビルベリーをスムージーにします。
バナナと合わせるとおいしいです。

食べ方
  • そのまま
  • ジャム
  • タルト
  • ケーキ
  • パン
  • スムージー
  • リカーにつけてベリー酒

以上!

参考になれば嬉しいです。

ではまた~。