気温無視!フィンランドの寒そうな若者ファッション4選【氷点下】

寒いファッション

みんみ
みんみ

若者のファッションが気になるって、年取った証拠かしら…。

若者がおしゃれに敏感なのは世界共通。
フィンランドも例外ではありません。

しかし北欧の国フィンランド、「いくらおしゃれとは言え、氷点下でそれは寒いんじゃ?」という、藤原紀香の名言「おしゃれは我慢」を地で行く子が結構います。

そこで今回は、私が目撃したフィンランドの若者がしていた「寒そうなファッション」を紹介します

みんみ
みんみ

フィンランドの冬はマイナス30度になることもあるよ!

耳出し!フィッシャーマンキャップ・・・寒さ★

ここ数年、フィンランドの男の子の間でフィッシャーマンキャップが流行っています(似たようなワッチキャップもある)。

フィッシャーマンキャップは映画『レオン』でジャン・レノが被っていたような、耳が出る浅い帽子のこと。レノンキャップと呼ばれることもあります。

レオンキャップをかぶる男性

氷点下で若い男の子がかぶっているのを見かける度に「耳!耳隠して!今日はマイナス15度だよ!?」と思ってしまいます。

格好いいので、かぶりたい気持ちは分かります。でも凍傷にならないか心配だよ…。

みんみ
みんみ

余談だけど、ポンポンの付いた帽子を被っている強面のおじさんを見るとほっこりするよね。

御開帳!コート前開き・・・寒さ★★

去年、今年あたりから、コートのボタンやチャックを閉めずに外を歩いている若者を見かけるようになりました。

トミーフィルフィガー系のファッションで、重ね着を見せるのが目的だと思います。

重ね着がポイント?

おしゃれ。似合う。

でもね、雪降ってるんですよ
しかも中がTシャツやトレーナーと薄着だったりして、心配です。

若い子は新陳代謝が良いでしょうね。

風通しよし。ダメージジーンズ・・・寒さ★★★

足首を出したスタイル

2018年によく見かけたのが、ダメージジーンズで、肌を見せるファッション

中にはストッキングを履いている子もいるでしょうが、吹雪の中でこの格好を見ると「風通し良すぎでは?」と思います。

幸い、流行は終わりに近づいているらしいです。

本当に健康に悪い、足首見せ・・・寒さ★★★★

もうひとつフィンランドの若者の間で流行っているのが、生足首を見せるファッション
デニムの裾を折るか切るかして短くし、スニーカー・ソックスを履くスタイル。

なお、靴はコンバースが多いです。

足首を見せるのがポイント

2017年ごろからのトレンドで、ここ数年よく見かけるようになりました。

雪がちらつく極寒の中、この姿で歩いている子を見ると「ヒー…!」となります。
(普通のスニーカーで歩くだけでも相当寒いからね?)

フィンランドのSavon sanomatという新聞によると、このような格好を続けると急性の炎症を起こす可能性があり、完治に2年かかる場合もあるそう。

スポーツソックスを見せるのが流行

ただ、今は生足からソックスを見せるスタイルに流行が移っているようで安心してます。

それでも寒そうだけど。。。

冬の北欧、どんな靴を履けばいい?フィンランド在住者おすすめ2足(レディース)

まさか!へそ出し・・・寒さ★★★★★

へそ出しファッションの少女

今年、氷点下でへそ出し少女を見つけました
しかも2名。

コートの前を開けて歩いている女の子。
おなかの辺りの布がヒラヒラしていると思ったら、へそが出てているではないか
しかもダメージジーンズのコンボ。

頭は編み込み、ドクターマーチンのブーツと、見た目はバッチリ決まっていたましたが、寒そう
幸い、流行ってはいない(そんなに)

番外編

ところで、北フィンランドのオウルという街で、真冬で半袖半ズボンの郵便配達が目撃されています。

Oululainen postimies Jouni Salo pistää silmään katukuvassa. Hän pukeutuu kannossa talvellakin t-paitaan ja sortseihin! (KUVA: Ville Honkonen)

日本でもギャルブームの時、真冬でミニスカなど、寒そうな格好が流行りましたね。若者のオシャレへの情熱はそれだけ強いということでしょう。

しかし、健康を害す服装もあります。

親や学校は何も言わないのかな?と思いますが、フィンランドではティーンのファッションは自己責任。
いろんなスタイルを試すのは、「自己表現」「自分探し」の一貫とされ、あまり大人が管理しないようです。

ティーンのお子さんを持つ知り合いに聞いたところ、やはり「厚着は格好悪い」という感覚があるそうです。

藤原紀香の「おしゃれは我慢」はフィンランドで確実に生きている。
でも、真似はしないように

ではまた!