映画『かもめ食堂』でフィンランド語を学ぶ①ー「かもめ食堂」はruokala lokki

映画「かもめ食堂」でフィンランド語を学ぶ第1回

『かもめ食堂』でフィンランド語を学びましょう!

みんみ

2006年に公開された小林聡美さん主演の映画『かもめ食堂』
フィンランドロケで話題になり、北欧好きの間ではおなじみの作品です。

13年前の映画なのに、未だにファンが多く「フィンランドと言えば、かもめ食堂!」とおっしゃる方もいます。
この映画を見て、フィンランドやフィンランド語に興味を持った方も多い様子。

そこで、『かもめ食堂』で学ぶフィンランド語企画を始めます。
※これは過去のブログ記事をリライトしたものです。

前知識はいりません。
映画に出てくるフィンランド語を楽しく学びましょう!

第一回は「かもめ食堂はフィンランド語でなんと言う?」です。

「かもめ食堂」はフィンランド語でなんと言う?

「かもめ食堂」はフィンランド語でruokala lokki(ルオカラ ロッキ)です。

DVDパッケージにも小説版の表紙にもruokala lokkiと書かれています。
もちろん映画でもお店のウィンドウにruokala lokkiの文字が。

かもめ食堂

ここでruokala lokkiを分解してみしょう。

ruokala ルオカラ

食堂、飲食店

 

lokki ロッキ

かもめ(総称)

 

発音確認 Ruokala lokki – Google 翻訳
フィンランド語のスピーカーマークをクリック

合わせて「食堂かもめ」となります。

トンミくんが「カモメ?」と言ってお店に入ってくるのは、ウィンドウにlokkiと書かれていからですね。

ruokala lokkiの読み方

フィンランド語の読み方は、だいたいローマ字読みです

そのため「ルオカラ ロッキ」と日本語のように言っても、おそらく通じます。
ただ、いくつかポイントがあります。

  • Rは巻き舌
  • Lは舌の先を前歯につけて英語のLのように発音
  • アクセントは必ず頭

フィンランド語のRは巻き舌ですので、ruは「ゥル」とやるとそれっぽく聞こえます。
laとloはカタカナのラとロとほぼ同じです。

そして、アクセントは必ず単語の頭につけます。
イメージ的にはこんな感じです。

 ッキ

Ruokala lokki – Google 翻訳(スピーカーアイコンをクリックして発音確認)

映画では冒頭の「かもめ食堂じゃなくて 子ども食堂ね」と言うところでネイティブの発音を聞くことができます。

食堂とレストランの違い

ある日のランチ

さて、小林聡美さん扮する主人公サチエさんが「レストランじゃなくて食堂です」と言ったのを覚えていますか?
レストランはまた別の言葉があります。

レストランはravintola(ラヴィントラ)です。

ravintola ラヴィントラ

レストラン

 

発音確認 ravintola – Google 翻訳

フィンランドでは、

  • レストラン=ravintola
  • 学食、社食、食堂=ruokala

と、使い分けられています。
日本のレストランと食堂の使い分けと似ています。

なお『かもめ食堂』の撮影された場所はRavintola Kamome(ラヴィントラ カモメ)というレストランになっています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by RavintolaKAMOME*かもめ食堂 (@ravintola_kamome) on

参考 Kamome Project Oykamome.fi

食堂にレストラン…じゃあカフェは?

レストランに食堂…とくればカフェの言い方も気になります!

カフェはフィンランド語でkahvila(カハヴィラ)と言います。

kahvila カハヴィラ

カフェ

 

発音確認 kahvila – Google 翻訳

映画ではサチエさんとミドリさんが市場で買い物しているシーンで「kahvila」と書かれたテントが写っています。

-laは場所を表す

ところで、ruokala、ravintola、kahvila、この3つの言葉に共通点があるのに気が付きましたか?

気づいた人は素晴らしい。
最後にlaが付いています。

ruokala ravintola kahvila

フィンランド語ではlaが付く言葉は場所を指すことが多いです。
「laは場所を指す」と考えると、これらの言葉をさらに分解することができます。

ruoka – la
ruoka ルオカ
食べ物、料理

 

ravinto – la
ravinto ラヴィント
食べ物、料理、栄養物

 

kahvi – la
kahvi  カハヴィ
コーヒー

-laが付くことによって、食べ物の場所、コーヒーの場所となるんですね。

ただ夫にこの話をしたら「そう言われたらそうかも…?」という反応でした。
ネイティブの人は意識してないかもしれません。

しかし、ruokala、ravintola、kahvilaを覚えられたら、6つの言葉を覚えたことになりますから3石6鳥です(笑)。

フィンランドでravitolaやkahvilaを見かけたら、「laは場所の言葉だな」と思いだしてくださいね。

第1回は以上です!
楽しんでいただけたなら嬉しいです。

 

なお、映画に出てきたフィンランド人青年、トンミ・ヒルトネンくんのその後はこちら。
フィンランドで俳優として大活躍しています。

かもめ食堂「かもめ食堂」のトンミ・ヒルトネンは今。他のフィンランド人キャストも調べてみた

フィンランド語関連の記事はこちらにまとめてあります。

フィンランド語関連の記事、まとめリンク集【初心者向け】フィンランド語関連のブログ記事まとめ

『かもめ食堂』を観る方法

『かもめ食堂』は400円でAmazon Primeで観ることができます。

『かもめ食堂』を読む

なお、映画に関する疑問は小説版「かもめ食堂」を読むとスッキリします。
なぜサチエさんがフィンランドで食堂をできたのか、などが書かれています。


片桐はいりさんのフィンランド生活を書いたエッセーもおすすめです。
映画がどのように撮影されたかも出てきます。