手ぬぐいは文庫本サイズに切ると使いやすい【ゼロウェイスト】 | Free and Light

手ぬぐいは文庫本サイズに切ると使いやすい【ゼロウェイスト】

意外と使いみちが解らないてぬぐい

フィンランドへ移住する時、お餞別に手ぬぐいをたくさん頂いた。「日本のもので、移住の荷物にならず、もらって気後れする値段でもなく、見た目にも楽しく…」と皆さん考えてくださったようだ。

いただいた手ぬぐいはどれもセンスが良く、見ていて嬉しくなった。しばらくはクローゼットの中にしまっておいたのだが、せっかくだから使わなきゃ、とある日取り出してみた。しかしどうやって使っていいか分からなかった

手ぬぐいの使い道は無限大と言われているようだが、いざ使おうとしたら「はて…?」となってしまったのだ。手芸もしない、タオルとしては役不足、ラッピングにしたら誰かにあげることになってしまう…でも飾るのもなぁ…という感じ。

しばらく考えあぐねていたのだが、ある日、もう雑巾にしてしまえ!と手ぬぐいを文庫本大ほどの大きさに切ってしまった。これが大正解であった。文庫本の大きさだと、ティッシュのような感覚で使えるのだ

文庫本サイズに切ってティッシュ感覚で使おう

↑基本は文庫本くらい。でも大きさはバラバラでも大丈夫。

元のサイズは大きすぎて使いにくかった。手ぬぐい特有の細長い形も、どう扱っていいか分からなかった。文庫本サイズなら、手をふいたり、くしゃみをする時に口を押さえたり、はみ出した口紅を拭ったりする時にチョチョッと使える

使ったら洗濯機にポイと放り混んでしまえば良い。清潔なものを何度でも使えるし、使い捨てのティッシュより肌にも環境に優しい。今はすぐ使えるようにパソコンデスクの端に重ねて置いている(本当にティッシュの感覚だ)。

手ぬぐいが余っていたら、小さく切って使うことをおすすめする。