フィンランドの学生パーティ/イベントで浮かずに楽しむ4つの方法【留学生向け】 | Free and Light

フィンランドの学生パーティ/イベントで浮かずに楽しむ4つの方法【留学生向け】

ねこ

フィンランドの大学で今度、学生向けのパーティがあるんだ! 飲んだり踊ったりするらしいんだけど、行ったことないし不安。

パーティで浮かないようにするにはどうしたら良い?

フィンランドで大学生をやった私がお答えしますよ!

みんみ

 

留学生活の楽しみといえば、学生向けのパーティ(イベント)だ
特に、フィンランドの学生団体の主催するパーティは、あらゆる学部の生徒が集まり、かなり盛り上がる。
しかも、人脈作りに最適。

  • クラスメイトと仲良くなる
  • 他の学部の生徒と知り合う
  • 彼氏/彼女を作る

留学生も絶対に行ったほうがいい(友だちは彼氏ができたよ)。

 

しかし、飲んで踊る系のパーティに慣れていない日本人留学生もいるだろう
ディスコやクラブに行ったことがない人には、ハードルが高く感じるかもしれない。

そこで今回は、フィンランドの日本人留学生に向けて「学生パーティやイベントで浮かずに楽しむ方法」を書いてみよう

なお、ホームパーティーなどの小規模なものは含まれないので、ご注意を。

場にあった服装をする

学生イベントの様子↑これは私が行った学生イベント。アリーナを貸し切り、中央にはDJブースが置かれている。

 

パーティやイベントで浮かないためには、場にあった服装をしよう

会場で所在なく立っている留学生は、服装が合っていないことが多い。
例えば、飲んで騒ぐ系の屋内パーティに、重ね着で行くのは典型的なミスだ。

パーティが屋内の場合は、次のような格好だとハズレがない。

  • Tシャツ or ノースリーブ
  • ジーンズ
  • スニーカー
  • ハーラリ(あれば)

*haalarit(ハーラリットゥッ)は学生がイベントの時に着るつなぎ

フィンランドの大学生が着るつなぎの正体フィンランドの大学生が着ている「つなぎ」の正体。色やワッペンの意味は?【opiskelijahaalarit】

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Hevimesta Liveklubi (@hevimestaliveklubi) on

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Heidi’s Bier Bar Pori (@heidisbierbar_pori) on

 

なぜこのような軽装かというと、飲んで踊って汗をかくことが前提だからだ
露出をする必要はないが、軽装を心がけると浮かないはずだ。

イベントのドレスコードを調べる方法

パーティによっては、ドレスコードが解らない時もある。

そういう時は、学生団体のフェイスブックページで、過去にイベントで撮られた写真がないか探してみよう。

こちらはヘルシンキにある、アアルト大学の学生団体のフェイスブックページ。
ギャラリーには、イベントごとの写真がアップされている。

Aalto-yliopiston ylioppilaskunta – AYY – ホーム

 

なお、全体の様子はこんな感じ。

持ち物

さてファッションをバッチリ決めても、忘れ物をしては元も子もない。

イベントに行く前に次のものを確認しよう。

  • 身分証明書
  • お金
  • スマホ

身分証明書は学生証や社会保障カードではNGのこともあるので注意しよう。
(私はパスポート持っていったよ…)

細々した持ち物は小さなポシェットに入れると便利。

 

 盛り上がった時間を狙っていく

フィンランドの学生向けのパーティは、夕方~深夜にかけて行われる。
だが開場時間ピッタリに行くと、全然盛り上がっていないことが多い。

1人で参加する場合、盛り上がっていないイベント会場は地獄だ
いるだけで居たたまれなくなるだろう。

イベントはしっかり盛り上がった時間に行こう

フィンランドには、パーティ前に仲良しで集まって家飲みをする習慣がある(etukotと呼ばれる)。
そのため開場から1~2時間遅れて来るのがふつうなのだ。

家飲みに混ぜてもらのが1番だが、お誘いがなかったらパーティには夜も更けたあたりに行くのが良いだろう

それでもパーティが盛り上がっていなかった場合、再入場できるかスタッフに確認して、少し時間をつぶしてから戻って来よう

十分に盛り上がった後なら、群衆にまぎれてはっちゃけやすくなる。

 

無理して踊らない、ただリズムに乗る

先にも書いたが、学生向けパーティの基本は「飲み」と「ダンス(ディスコ)」である。

飲む→踊る→飲む→踊る→飲む…

この繰り返しだと思っていい。

場に馴染めていない留学生を見ていると、どうもダンスに二の足を踏んでいる

しかしダンスができると、楽しさが2倍にも3倍にもなる。

と言っても難しく考えなくて良い。
リズムに合わせて身体を上下するだけで十分。

私がいつもやっているのは、膝を軽く屈伸してリズムをとる方法だ。
右足、左足に順番に体重をかけるだけ。

鏡の前で「1,2,1,2」と言いながら、左右に体重を順番にかけて練習すれば、すぐできるようになる。

 

この動画はかなり参考になる。

ダンスフロアに飛び込んで、リズムに合わせて身体を上下しながら、近くの子に「楽しんでる!?」と声をかけられればコミュニケーションは大成功。
踊っている最中はみんな気さくに話してくれる。

少しは良い思い出ができるはずだ。

 

つまらなかったら、さっさと帰ろう

どんなビッグなパーティに行っても、気分がのらないこともある。

そんな時は、さっさと家に帰るのが正解だ

逆に寂しさを感じてしまうし、会場でも浮いてしまう。
こういう時は、家に帰ってネットでもした方がいい。

人によっては「せっかくのパーティを楽しめないなんて、私は負け犬だ」と思うかもしれない。

しかし、パーティが苦手な人も、最初からまったく参加する気のない人もいる。
楽しめなくても気にすることはない

私の友人は一回も学生パーティに参加したことがないと言っていた。
パーティにいるより、家にいる方が好きなんだそうだ。

ちなみに日本人の彼女ができて、幸せな毎日を送っている。

 


以上!

国によって雰囲気は異なるかもしれないが、欧米はだいたい似たような感じではないだろうか。
「外国で飲んで踊る」も貴重な経験のひとつ。

ぜひ楽しい思い出を作ってもらいたい。

 

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

高橋絵里香さんのフィンランドの高校留学記。泣けます。