海外で自分の言動に「日本っぽさ」を感じる瞬間

こんにちは!フィンランド在住のみんみ(@mimmi_nurinpain)です。

フィンランドで暮らし、フィンランド人と話しているのに、言動にポロッと「うわー日本の習慣が出ちゃった!」と思う瞬間があります。
今回は海外にいるのに思わず自分の言動に日本っぽさが出てしまう瞬間を集めてみました。

個人的なことなのでネタ的に呼んでくださいね。

みんみ

①ピースしないと落ち着かない時

日本人のピース

フィンランドでも写真を取る時ピースをしないと落ち着きません

カメラを向けられると、自然に手がピースを作り、自然と顔の横へ…。

もう条件反射です。

カメラを向けた時のポーズで観光客を見分けられるよ!

みんみ

②「あれ?」「え!」「うそ」と言っちゃう時

フィンランド語で話していても、つい感嘆詞が日本語でポロッと出てしまいます

「あれ?」「え!?」「うそ?」「あらら」「へー」など。

驚いた時に「ビックリした!」と日本語で口走ってしまう時も。

逆に日本語で話しているのに「Joo(ヨー)」「oho(オホ)」とフィンランド語で相槌を打ってしまうこともあります。

みんみ

③やっぱりLとRが解らない時

フィンランドもLとRの発音が違うんですが(Rは巻き舌)、ちらっと聞いただけではLとRやっぱり解らないです

特にスペル。
kulttuuri(クルットゥーリ/文化)を何回kurttuuliと書き間違えたかわかりません。

エッセーで単語のLとRが解らなくなると、微妙にどちらにでも見える「ſ」←こういう記号を書いていました(笑)。

みんみ

BとVを聞き分けるのも難しい!

④褒める時に拍手しちゃう時

嬉しかったり、褒めたり、感心したりする時、胸の前で手をパチパチ小さく拍手してしまいます

前は気づきませんでしたが、実はすごく日本っぽい動作です。
自分もしっかりやってる!

あなたも外国人が日本語を話した後、「すごーい!」と言いながらパチパチパチと拍手していませんか?

みんみ

⑤お米に対して思い入れがすごい時

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Pekka Heikkisen leipomo (@pekkaheikkisenleipomo) on

↑リーシピーラッカ

なんか解らないけど、お米に対する思い入れが強く出ると「日本っぽい!」と思います

  • 茶碗に米粒を残されるのが許せない
  • 米を容器に移し替える時、こぼれるのが許せない
  • riisipiirakka(リーシピーラッカ)という、パンの上に米を載せたパイ料理が許せない
  • 「米は太る」という意見が許せない
  • 「米は野菜」という発言が許せない(米は…米だ!)
どんな食料より、米を粗末にすること罪悪感を感じる(これがインセプション…。)

みんみ


以上です!

みなさんも何かありますか?

ではまた~