語学力は劣化する。対策は「実践し続ける」しかない。

今回は言語習得と、レベル維持について書いてみたいと思います。

みんみ

こんにちは!フィンランド在住のみんみ(@mimmi_nurinpain)です。

先日、バスで友人にバッタリ会いました。

友人は同じフィンランド語コースに通っていたタイ人で、一緒にABCを学んだ仲。
5年ほど会っていなかったので、軽く近況報告をしました。

さて、その友人とは最初フィンランド語で話していたのですが、徐々に英語に切り替わって行きました

なんでも、コースが終わると現地の大学へ行き、ずっと英語で生活してきたそう。
フィンランド語を使う機会は少なく、忘れかけてるとのことでした。

当時はカタコトでもフィンランド語で会話が成立したので、寂しくなりました。
もちろん程度問題はありますが、語学力の維持って大変だなーと思わずにはいられませんでした。

使わない語学力は退化する

迷いすぎて干からびた

実は、そういう自分のフィンランド語も鈍っています

劣化を感じ始めたのは、病院の仕事が終わって半年ほど経った頃*
原因は一日中パソコンの前に座り、夫としか会話せず、交流するのは日本人ばかり…という生活でした。
*病院で一年働いていました。詳しくはプロフィールに。

その頃、久々に会った夫の叔母さんにも、

「みんみ、フィンランド語もっと使わなきゃダメ!前の方が話せてたよ!」

と言われてしまいました(意地悪でなく、心配してくれた)。

確かに、病院で働いていた頃と比べて、単語が出てこない、文章の組み立てに時間がかかる等の自覚症状があり「ヤバい!ちゃんと勉強せねば」と反省しました。

使わない言語の劣化は容赦がありません。
たった半年で人に指摘されるほどです。
*個人差はありますよ

なかなか厳しいっすね。

マトリックスみたいに、能力を脳にダウンロードできればいいのに…

みんみ

「フィンランド語教室で優秀」はリアルでは通じない

幸い、移民向けフィンランド語教室に通い始めたおかげで、語学力は回復してきました。
先生が褒め上手なのもあり、得意になることも(笑)。

しかし、ふとした瞬間に「あれ、やっぱり話せない?」と現実に引き戻されます。

先日、ある店で化粧品を試していた時、店員の言葉が聞き取れませんでした。
シンプルな内容だったのでガックリ。
肌に会う色は?と聞こうとしても、言葉が出てきません。

 

フィンランド語教室での「うまく話せる」と、教室の外で「うまく話せる」はまったく別物なんですね

  • 静かな教室で、言葉を選んでゆっくり話してくれる先生との会話
  • ノイズがある店で、口語で対応するフィンランド人店員との会話

同じコミュニケーションができるはずはなく、得意になっていた自分が恥ずかしくなりました。

もちろん「私はできる」と自信を持つことは大事ですよ!

みんみ

「知ってる」と「使える」

最近、言語を「知っている」と「使える」は全然違うと思うようになりました。

フィンランド語教室ではフィンランド語を「知っている」でOK。
でも、教室の外では「知ってるなんて当たり前。使えてナンボ。」なんですよね。

  1. Aという単語を知っている。
  2. Aという単語を使える。

知っているからと言って使えるとは限りませんから、1は不十分。
2でやっと最低ラインクリアです(最低ラインね)。

日本人は英語が苦手な人が多いですが、知っているけど使えないの良い例です。

みんみ

結局は、実践あるのみ

何が言いたいのかと言うと、語学は実践がめちゃめちゃ大事ということ

経験から言っても、言語が使えるようになるには教室以外でフィンランド人と集中的コミュニケーションした時です。

  • 「知ってる」を「使える」に押し上げるのは実践
  • 「使える」をキープするには実践を繰り返すこと

なのですね。

怖くても教室を出る。
現地人の間に飛び込む。
もがき苦しみながらも、コミュニケーションをやりきる。

語学力を上達させ、レベルを維持するには、そういうシチュエーションに身を置くのが必須なんだと思います。

私が病院で働いていた時は、間違いはあってもコミュニケーションはガンガン出来てたね。

実践を毎日繰り返していたからかな。

みんみ

もちろん、勉強だけで上達する人もいます
ただ、相当の努力をされているはずです。

継続、継続、継続

とは言え、いつでも現地人とコミュニケーションできるわけでは有りません。
帰国せざるを得ない場合もあるでしょうし、仕事を辞めざるを得ないこともあります。

またやり過ぎると疲弊して、病みます(私)。
とりあえず、どんな形であれ継続すること、これだけ覚えておけば良いかなと思います。

ところで、私はロシア語通訳だった米原万里さんのエッセーが好きなのですが、そこで「通訳でさえ言語は継続して勉強する」と知り驚きました。
プロでさえ継続して努力してるんだから、素人はなおさらですね(病まない程度に)。

まとめ

  • 言語習得は、基礎を学び実践すること
  • レベル維持は実践を繰り返すこと
  • 難しい場合でも、とりあえず継続だけはすること

なんか書いてて面倒くさくなってきました(笑)。

でもせっかく始めたのですから、伸ばせるところまで伸ばしたい人が多いはず。
どのような形であれ、外国語ができるメリットは確実にありますからね。

一緒にがんばりましょう。

(余談ですが、在米40年の親戚も「君の英語はネイティブじゃないね」と言われるそうです)

以上!

ではまたー!