外国語で電話するのは難しい?私がしている7つの工夫。

外国語で電話する時のコツ

去年、私はフィンランドの病院でフィンランド語を使って働いていた。
病院はミスが許されない場所なので、フィンランド語能力はかなり鍛えられた。

しかし未だに苦手なのが、電話だ。
7年もフィンランドに住んでいるのに、電話をかけるには勇気がいる。

フィンランド語に限らず、外国語で電話するのは2倍のむずかしさがあるのだ

そこで今回は、私がしている、外国語でもうまく電話で話せるよう、工夫している7つのことを紹介しよう

電話にふさわしい環境を整える

まず、なぜ外国語で電話するのが難しいのか考えてみよう。

それは「うまく聞き取れない」からではないだろうか。

  • 生で聞く音声と微妙にちがう
  • 片耳で聞かなければいけない
  • 音を拾いにくい

などが理由として挙げられるだろう。

日本語なら少しくらい聞きづらくても、文脈から内容を補足できるが、外国語だとそうはいかない。
最初から最後までキッチリ聞こえないと、解らない場合があるのだ。

電話中、私の耳はハンターXハンターで言う所の「凝」です。

(耳に全神経を集中させている)

みんみ

 

まずはこれらの問題を少しでも軽くしたい。
私は電話するのにふさわしい環境を整えることにしている。

  • 静かで、邪魔が入らない場所へ行く
  • 座ってメモが取れる場所へ行く
  • 電波がしっかり通じる場所へ行く
  • スマートフォンの音量を調整する
  • 利き耳を知っておく

シンプルなことだが、少し気をつけるだけで結構ちがう。

利き耳とは、聞き取るのが得意な側の耳のことだ。
利き耳の調べ方はこちらのサイトから。

どうしても片耳だと難しい人は、イヤフォンや、スピーカーフォンを試してみよう

内容を箇条書きにする

メモづくりは大切

外国語で電話をすると、緊張して言いたいことが最後まで言えないことがある。
間がうまくとれず、話が終わったと勘違いされて電話を切られてしまうことも。

そのために、言いたいことや聞きたいことは箇条書きにしておこう
例えば病院の予約ならこんな感じだ。

聞くことメモ
  1. 診察の予約
  2. 必要な書類はあるか
  3. 検査の受け方

ポイントは、箇条書きした数を数え、「3つ質問があります」とはじめに内容や長さを伝えることだ。
こうすれば、質問の途中で電話を切られることはない。

あとはメモを読みながら話をすすめればOK。

言いたいフレーズは事前に用意しておく

言い回しは考えておこう

箇条書きのメモを作ったら、今度は、それをどんな言い回しで言うか考えておこう

いざとなって「あれ、なんて言うんだっけ?」と焦らなくて済む。
また、聞きたい情報を確実にゲットするためにも、正しい言い回しは必要だ。

たとえば、私はサマージョブに応募した時、電話を掛ける前に、次の文をフィンランド語で考えておいた。

  • 選考は始まっていますか?
  • 面接はいつから始まりますか?
  • 空きがあったら、いつでも連絡ください

ネイティブに発音チェックしてもらえば完璧だ。
意味があいまいな単語がある場合は、辞書を引いておこう。

その他、よく使う言葉も覚えておく

他にも、よく使う表現も覚えておこう

これらは、日常会話でも使える。
知っておいて損はないだろう。

  • こんにちは、○○です
  • 今、お時間ありますか?
  • ちょっと待ってください
  • もう一度言ってください
  • よく聞こえません
  • ゆっくり言ってください
  • 伝言をお願いします
  • 掛け直します

また、「えーと、あのー」なんて表現も、沈黙を埋めるために意外と使える。

ところで、名前や固有名詞などを伝える場合は、通話表(りんごのり、HotelのHといったもの)が役に立つ。

参考 通話表Wikipedia

 

フィンランド語の通話表はこちら。

フィンランドの通話表の必要性フィンランド語でアルファベットを確実に伝える方法【通話表】

大きな声でハッキリ、ゆっくり話す

大きな声でハッキリ、ゆっくりと

電話でもごもご話すと、相手も聞き取れず困ってしまう。
大きな声でハッキリ、ゆっくり話すように心がけよう

なんなら、相手にも「○○語は母国語でないので、ゆっくり話してください」とお願いしても良い。

中には「仕事の場合、ゆっくり話すと言葉ができないと思われないか?」と心配する人もいるが、安心してほしい。
ゆっくり話すネイティブもいっぱいいる。

早口でへたな現地語を話される方がマイナス。
むしろ話すスピードを状況によって変えられるのは、高評価につながるはずだ。

練習する

電話でスムーズに会話したいのなら、ネイティブに頼んで、電話の練習をさせてもらうのが効果的だ
個人レッスンを受けている人は、あえて電話で会話をする時間を作っても良いだろう。

1人でも使うフレーズを繰り返したり、質問を予想してシュミレーションするのもおすすめ。

電話をする前から話しはじめる

口を開けておく

テレビの司会者が、本番直前まで「ららら」と発声練習をしたり、早口言葉を言う姿を見たことがあるだろう。
これは口の準備運動のようなもの。

出だしから上手に話すのは、プロでも難しいのだ。

そのため、電話をかける前から、もう話しはじめてしまおう
「ららら」と発声練習しても良いし、使うフレーズを繰り返しても良い。

私は、フィンランド語で大事な電話をかける時、フィンランド人の夫に電話して口と耳を慣らしてから電話したこともある。

まとめ

  1. 電話にふさわしい環境を整える
  2. 内容を箇条書きにする
  3. 言いたいフレーズは事前に用意しておく
  4. その他、よく使う言葉も覚えておく
  5. 大きな声でハッキリ、ゆっくり話す
  6. 練習する
  7. 電話をする前から話しはじめる

今回はここまで!

むかしは電話恐怖症だったが、少し工夫するだけで電話をかけるのがずいぶん楽になった。
あとは数をこなせば慣れてくる。

記事がお役に立てればうれしいです。

ではまた~。

prayer合掌するトルコ人と裏切り-フィンランド移民学校で差別体験 言語学習の「難しさ」「簡単さ」は文法や発音だけで決まらない 日本移住に失敗!フィンランド人の夫が帰国を余儀なくされた5つの原因