フィンランドにある珍地名15選「クソ池」「 ヘンタイの地」「下半身」 | Free and Light

フィンランドにある珍地名15選「クソ池」「 ヘンタイの地」「下半身」

フィンランドのおもしろい地名

日本には変な地名がたくさんあるが、フィンランドも負けていない。

今回はフィンランドにある日本語に訳すと変な地名を15選をご紹介しよう(珍地名というらしい)。

命名した奴、出てこい。

Paskalampi クソ池

Paskalampi(パスカランピ)は直訳すると「クソ池」となる。

Paska=クソ
lampi=池

なんとフィンランドには「クソ池」が38もある

ちなみに「Iso Paskalampi=大クソ池」も。

Pieru  おなら

Pieru(ピエル)は「おなら」という意味。

湖の名前がおなら…。

写真を見るとキレイなのに。

Tissinpohja おっぱいの底

Tissinpohja(ティッシポホヤ)は直訳すると「おっぱいの底」。

Tissin=おっぱいの
pohja=底

道の名前である。

Mulkkujärvi ちん○ん湖

Mulkkujärvi(ムルックヤルヴィ)は直訳すると「ちん○ん湖」となる。

Mulkku=ちん○ん(男性器のことです。ハイ。)
järvi=湖

フィンランドにはMulkkuとつく地名が他にもあり、「ちん○ん島」からサイズ別の「大/小ちん○ん」などが見つかる。

Mulkkuはもともと木のコブという意味もあったようで、おそらくそこから来た名前だろう。

Persehuokonen ケツ毛穴

Persehuokonen(ペルセフオコネン)は直訳すると「ケツ毛穴」。

Perse=ケツ
huokonen=毛穴/細孔

Perseは「perä」という「後ろ、終わり」などの意味を持つ言葉から派生したという説もあり、たぶん日本語の「尻」にあたるのだろう。

日本にもあるよね「尻」のつく地名。

でもなんで毛穴?

Homeperseensuo カビケツの沼

Homeperseensuo(ホメペルセーンスオ)は直訳すると「カビケツの沼」。

home=カビ
perseen=ケツの
suo=沼

ケツ沼は「尻沼」と漢字変換できるからまだ解る。

でもカビって…。

Pervonmaa ヘンタイの地

Pervonmaa(ヴォンマー)は直訳すると「ヘンタイの地」。

pervon=変態の
maa=地/国

出身者がいじめられそう。

Koirankyrpäoja 犬のちん○ん溝

Koirankyrpäoja(コイランキュルパオヤ)は直訳すると「犬のちん○ん溝」。

Koiran=犬の
kyrpä=ちん○ん
oja=溝/小川

ロシアとの国境にある川。
kyrpäはエストニアにも同じような言葉があるらしく、もともとは一本松を意味していた可能性もあるらしい。

Kusipää ろくでなし

Kusipää(クシパー)は「ろくでなし」という意味。

直訳すると「しょんべん頭」なのだが、意味としては「ろくでなし」とか「くそったれ」となる。英語の「asshole」に相当。

Kusi=しょんべん
pää=頭

なお「kusi」は今でこそ「しょんべん」だが、昔は「尿」を指す医療用語だった。

以下から検索。

Karttapaikka – Maanmittauslaitos

Pahanpervonkangas 悪いヘンタイの針葉樹林

Pahanpervonkangas(パハンペルヴォンカンガス)は直訳すると「悪のヘンタイの針葉樹林」。

Pahan=悪い(悪の)
pervon=ヘンタイの
kangas=針葉樹林/布

いやもう、何がなんだか。

Junttikylä いなか者村

Junttikylä(ユンッティキュラ)直訳すると「いなか者村」。

Juntti=いなか者
kylä=村

実はフィンランドには「Juntti(いなか者)」って名字の人がたくさんいる。

Alapää 下半身

Alapää(アラパー)は下半身という意味。

Alapääは直訳すると「下頭」となるので、たまたまコンビネーションが悪かった?

なおAlapääとつく地名や道は多くある。

Ala-=下
pää=頭

Huoranpelto 娼婦の畑

Huoranpelto(フオランペルト)は直訳すると「娼婦の畑」という意味。

huoran=娼婦の
pelto=畑

写真を見ると、ただの森なんだよね。

Ensimmäinen Kaljalampi 最初のビール池

Ensimmäinen Kaljalampi(エンシンマイネン カルヤランピ)は直訳すると「最初のビール池」。

Ensimmäinen=初めての、最初の
kalja=ビール
lampi=池

とりあえずビール的な?

Hätäpaskanlähde 緊急のクソの泉

Hätäpaskanlähde(ハタパスカンラフデ)は直訳すると「緊急のクソの泉」となる。

Hätä=緊急の/イマージェンシー
paskan=クソの
lähde=泉

誰だ、命名したやつ。

以上!

地名は場所の特徴を表したものもあるが、地元人がなんとなく呼んでいたのが定着したり、もともとは違う名前だったのに、簡略されたり似た響きのものに取って代わられることもある。

フィンランドの場合、スウェーデン語由来やサーミ語由来の地名もあるので、いろいろあって変な地名が誕生してしまったのかもしれない。

なお、他にも変な地名がまだいっぱいあるので、機会があればまた紹介しよう。