ゴミ拾いしつつ運動できる「プロッギング」のやり方、注意点【Plogging】

プロッギングとは

この記事では、ゴミ拾いジョギング「プロッギング」のやり方と注意点を紹介します

 

私のプロッギング

 

プロッギング」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

プロッギングとは北欧スウェーデンから広まった、ゴミを拾いながらジョギングをするエクササイズ

ゴミを拾いながら走る「プロッギング」は環境に優しく、さらに健康的でもある一石二鳥な取り組みである。私も影響を受けて、少し前からウォーキングしながらゴミ拾いをしている。

そこで今回は、環境に優しく健康的なプロッギングのやり方、メリット、注意点などをまとめた

 

プロッギングってなに?語源は?

プロッギングとは?

改めて、プロッギングとはなんだろう?

プロッギング(Plogging)とは「ゴミを拾い」と「ジョギング」をミックスしたエクササイズを指す。その言葉はスウェーデン語の「Jogging(ジョギング)」と「plocka upp(拾う/ピックアップ)」をかけたもの。

その名のとおり、走りながら、もしくはウォーキングしながらゴミを拾うこと。ただ、ふつうの清掃活動もまれにプロッギングと呼ばれることもある。

一人で行う人もいれば、チームで行う人もいる。

 

プロッギングは環境問題に関心の高い人の間でじわじわと広がりを見せている。

TwitterやInstagramでも「#plogging」のハッシュタグで検索すると「プロッギングしました!」というレポートを見ることができる。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Less Plastic More Turtle🐢 (@less.plastic.more.turtle) on

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kaisu P (@roskajuoksijan_paivakirja) on

 

プロッギングのメリット

プロッギングのメリットは大きくわけて2つある。

  • 環境に優しい
  • 健康に良い

 

環境に優しい

自然にやさしい

プロッギングは環境にやさしい。ゴミ拾いをすることで、景観や自然を守ることができる

もちろん行政が定期的に清掃を行うところもある。しかしまめに行われなかったり、見落とされるゴミもある(税金が使われていることもお忘れなく)。

プラスチックゴミの問題を扱ったドキュンタリー『プラスチックオーシャン』によると毎年800万トンものプラスチックが世界中の海に捨てられているそうだ。この中には、ポイ捨されたゴミも含まれているだろう。

近年、プラスチックゴミによる海洋汚染や、森などに捨てられたゴミにより野生動物が死ぬケースが問題になっている。プロッギングで救える命もあるかもしれない。

環境系ドキュンタリー映画「プラスチック・オーシャン」が伝える悲しい数字

 

健康に良い

ごみを拾う、プロッギングのメリット

プロッギングは身体的、精神的にも良いと言われている。

  • 拾う時の屈伸運動で、より多くのカロリーを消費できる
  • ゴミ袋を持つことで、より多くのカロリーを消費できる
  • ゴミを拾う動作で、よりバランス感覚を養うことができる
  • ゴミ拾いに集中すると、長く走れる

また、

  • 走る理由ができて、やる気が出る
  • ジョギングのルーティン化による飽きを防ぐ
  • より周りに注意を払い、新しい発見がある
  • 良い行いをすることで、気分が良くなる

などの効果もある。

参考 Plogging Is the Latest Workout Trend to Benefit You and the EarthAaptiv

 

プロッギングのやり方

では、プロッギングはどうやってやるのだろうか?答えは簡単。走りながら、もしくはウォーキングしながらゴミを拾うだけだ

必要なものは以下の通り。

  • ゴミ袋。予備に2、3枚あると良し
  • 軍手または手袋。なければビニール袋を手袋代わりに
  • トング(あれば)
  • 汚れても良い服

人気のないところを走る場合は、スマートフォンなども持っていこう。

 

プロッギングの注意点

プロッギングをやる際は、以下のことに注意しよう。

ゴミ袋を持つ手は定期的に変える

同じ手でゴミ袋を持ち続けると、バランスが偏る。定期的に持つ手を変えよう。

かがむ際、腰に負担をかけないように

ぎっくり腰に注意。

拾う時、後ろを確認しよう

ごみを拾う時は、後ろから車や自転車が来ないかチェックしよう。

あまりに汚いごみ、大きいごみには触らない

ひどく汚れているもの、液体には触らないようにしよう。また細かいごみに手を突っ込むのはやめよう。針などにささる危険も。
※野生動物の死体も触らないように

大きなごみは行政や管理者へ連絡を。

犬のフンを踏まないように

経験者(泣)。

 

プロッギングをしてみた感想

ゴミ拾い感想

私はウォーキングをしながらゴミ拾いをしているのだが、嘘でなく、プロッギングはかなり楽しい

先ほどメリットの部分でも伝えたが、ゴミを探すことでいつもの散歩道でも退屈しないようになった。また「ゴミ袋がいっぱいになるまで歩こう」と思うと、長い距離を歩くことができる。

 

またフィンランドでは空き缶、ペットボトル、ビンはスーパーなどで換金できる(一つあたり10セント~20セント。我が家ではこれらを「宝」と呼ぶ)。お金がもらえるのは嬉しい。

無邪気な消費者だった-ゴミ拾い散歩とプラスチック マイクロプラスチックを減らしたい-湖の周りでゴミ拾いしてみた

 

プロッギングのデメリット

プロッギングのデメリット

最後にプロッギングのデメリットも上げておこう。

変な人だと思われる

ゴミ拾いをボランティアでやる人は少数。そのため、高確率で変な人だと思われる。

夜に一人でうろうろしていると職質されるかも(笑)。

対策…みんなでプロッギングして、ゴミ拾い=普通、のことにする。

本来は行政のやるべきこと

東京オリンピックの件もふくめ、日本は本来なら自治体がお金を払ってやるべきことをボランティアにやらせがち…。

ゴミ拾い自体は良いことだが「市民に清掃させよう。タダだし」と思われる可能性が無きにしもあらず。

犬のフン踏みがち

ゴミをポイ捨てする人も一応「悪いこと」と思っているのか、藪や原っぱに隠すように捨てる。

そのような場所には高確率で放置された犬のフンが…。

踏まないようにお気をつけください。


以上!

みんみ

みんなで自然を守りましょう!あ、ゴミ拾いすると運気アップするらしいよ!

ではまた!