さあ、フィンランド。

【海外の日本人社会】私がフィンランドの人間関係で気をつけていること

ダメな人間関係の例

ダメな人間関係の例(「ルナティック雑技団」1巻 p153より)

ネットで海外に住んでいる人の話を読むと、日本人コミュニティ内の人間関係に悩んでいる人が多い。

そこで今回は、フィンランドで生活するにあたり、私が日本人との人間関係で気をつけていることを紹介しよう

海外在住の方、ほかにも人間関係で悩んでいる方にお役に立てればうれしいです!

みんみ

 

人間関係は海外でも大変です

海外に行っても人間関係の悩みはついて回る

ブログや悩み相談サイトを見ていると、海外の日本人コミュニティ内の人間関係で悩んでいる人の話を見かける

日本でもありそうなトラブルから、即帰国レベルのトンデモ相談もあり、悪戦苦闘している様子が伺える。

参考 海外にて。日本人の敵は日本人?と思うとき発言小町 : 読売新聞 参考 海外で日本人同士の人間関係を上手く乗り切るには?-場の倫理と個の倫理ザ・留学

↑参考例なだけであって、内容に同意するものではありません。

 

海外の小さい日本人コミュニティでトラブルがあると、日本で起こるものとは違うキツさがある。
慣れない環境、ストレスを発散する場もないとなると、負荷は2倍に。

とりわけこんな方は堪えるはずだ。

  • 言葉があまりできない
  • 来たくて来たわけではない
  • 移動手段が限られており、その場所から離れられない
  • 駐在員同士、子供の学校関係者などで、どうしても避けられない

 

海外移住と聞くと、「しがらみを捨てて人生をリセット(キラキラ)」というイメージを持つ人もいるが、人間関係はどこにいたって大変だ。

 

私の経験

私の場合、ありがたいことにフィンランドにいる日本人とは楽しく過ごさせてもらっている。
しかし、日本人にイラッとさせられたことが無いわけではない。

  • 無視される、避けられる
  • 「日本人が嫌い」と、面と向かって言われる
  • そこにいない誰かの悪口を延々と聞かされる

その方たちは帰国されてしまったが、今思い出しても嫌な気持ちになる。

補足
その人たちも事情があったのかな、と思うけどね…。

 

フィンランド在住日本人との人間関係で気をつけていること

言わざる

さて、私がフィンランドで人間関係のトラブルを避けるために気をつけているのは「絶対に悪口を言わない」ことだ。

口は災いの元。
家に帰ってきて「やっちまった!」と後悔しないようにするのが大事

たとえ変な間ができてしまってもいい、人に対してネガティブな発言をしないよう気をつけている。

人間関係は愛と思いやりだよ~!ちなみに、日本でも言いません。

みんみ

 

これは小学校の道徳レベルの話で、海外の日本人コミュニティに限った話ではない。

しかし、ツルッと口が滑ることもある。
海外の日本人コミュニティは小さく、知れ渡るのは早い。
バカな発言をして信頼を失ってはもったいないではないか。

海外で日本語で話せる機会は貴重でもある(精神的に助けられてます…本当に)。

そもそも悪口を言いたくなる人いないけどね…。
(それに、なにかあると自分が反省しちゃうタイプです)

みんみ

 

悪口を言う→「自分は悪くない」が使えなくなる

同調しないよう注意

しかし、たとえ自分が悪口を言わないようにしていても、ある程度の人数が集まると悪口が始まってしまう時がある。

そんな時は要注意。
相槌くらいは良いが、参加してはいけない

嫌いな人の悪口を言えば、一時的にはスッキリするかもしれない。
しかし、家に帰って、

「本人の耳に入ったらどうしよう」
「ちょっと言い過ぎた」
「次会うとき、どう接したら良いだろう」
「悪口を言う私、最低」

…と、後悔することになる。

あなたは、どちらによりストレスを感じるだろう?

  1. 「○○さんって性格悪い!」と思ってイライラする
  2. 「○○さんの悪口を言ったが、本人の耳に入ったらどうしよう」と不安になる

断然、2番ではないだろうか。

なぜ不安になるかと言うと、状況を悪化させるリスクがあり、さらに「自分は悪くない」という正当性を失ってしまうからだ。

 

悪口が始まってしまった時の対処方

それでも、悪口が始まってしまった時はどうすれば良いだろうか。
「悪口辞めましょう!」と言えれば良いが、勇気が出ない時もある。

そんな時のポイントは3つだ。

  1. コメントは、一般的なことを言うに留める
  2. 相手の気持ちに寄り添う
  3. はぐらかす、話題を変える

 

コメントは、一般的なことを言うに留める

たとえば「無視された!あの人、性格悪いよね」と言われたとする。
そういう時に「性格悪いですね!」と言えば悪口になってしまう。

その代わり「無視されたら気にしちゃいますよね」と、あくまで「無視」という行動に対するコメントに留める。

もしくは「どうして○○さんは、そんな行動に出たんでしょうね?」と質問で返すのもアリ。

 

話している人の気持ちに寄り添う

話している人がどれだけ傷ついたか、イライラしたかにフォーカスする。

一緒になって悪口を言うのでなく、「そんなにイライラしたんですね、辛いですね」「そんなことをされたら傷つきますね」と相手の心に寄り添う。

 

はぐらかす、話題を変える

ただ悪口によっては、単なる嫉妬、いちゃもん、いじめの時もある。

例えば、本人が努力で変えようのない事(容姿など)の場合は、はぐらかすのが1番だ。

「あの人、ブサイクだよね」
私「えー?○○さんの顔、フワーッとしか認識してないですね」

といった感じだ。

話題を変えるのも良い。

「あの人、ブサイクだよね」
私「ブサイクといえば、アンチエイジングってやっぱり必要ですかね?」

ただ、度を超えた悪口には苦言を呈することもあるよ…。

みんみ

 

どうしても話したい内容が悪口っぽくなってしまう場合

書くと気持ちがスッキリする

しかし自分自身も、日本人同士のトラブルの愚痴の一つや二つ言いたい時もある。
そんな時はどうしたら良いだろうか?

 

信頼できる家族、日本にいる友人に話す

話す相手を選ぶ。
例えば日本にいる友人なら、話しが漏れることはまず無いだろう。

 

起こった事実のみを話す、自分の感情だけを話す

もし現地の友人に話す場合は、起こった事実を正確に伝えよう。
この時、相手を攻撃せず「自分がどう思ったか、どう悲しかったか」をだけを話す。

 

紙に書く

誰にも言えない場合は、紙書くのも効果的だ。
気が済むだけ悪口を書こう。

誰も読まないから遠慮はいらないよ!

中学の時の日記を見つけたんだけど、内容の八割が「大嫌い!」「タヒね!」でした(汗)。ストレスたまってたんだね…。

みんみ

 

その他、海外で日本人との人間関係で気をつけたいこと

その他、注意すること

最後に、「悪口」以外にも、少しだけ気をつけたいことをまとめてみた。

 

先輩風を吹かせない

移住年数が長くなってくると、新しく来た人に余計なアドバイスをしたり、先輩風を吹かせてしまうことがある。

移住してすぐのころ、ある方に自分が通っているフィンランド語学校のことを話したら、「その学校、最悪だよね。○○コースの方が良いよ」と言われて傷ついたことがある。

また、すべてが珍しく輝いて見えた移住当時、その興奮を伝えたら「それ、移住してきた人みんな言うよね」と冷たく言われて悲しくなったこともある。

逆に自分が移住してきたばかりの人に、「こういう手続きをすれば、ハローワークから手当がもらえますよ!」と伝えたら、超お金持ちの人でバツの悪い思いをした。

 

移住年数の長い人になんでも頼ろうとしない

移住したての人が居住年数の長い日本人に会うと、ついつい何でも聞きたくなってしまう。

私も、

  • ○○はどこで買えますか?
  • ○○のシステムってどうなってます?
  • ○○の書類の書き方は?

などと質問攻めにしてしまったことがある。

自分で調べずに、先輩日本人に聞き出そうとする姿勢は間違っていたと反省している。

あ、私には何でも聞いてね!その代わりブログネタにさせてもらうよ(笑)

みんみ

 

ふつうに接する

フィンランド語を覚えるぞ!フィンランド人の友だちをたくさん作るぞ!と意気込むあまり、あからさまに日本人を避ける人がいる。

仲良くしたくないなら、交流しなくても別に構わない。
しかし、相手も人間、邪険にされたら傷つくだろう。

最低限の挨拶(会ったら「こんにちは」程度でOK!)、リスペクトは忘れないようにしたい。


以上!

特にこれから新しい場所へ移住する人には、ぜひ覚えておいてもらいたい。

すでに人間関係がこじれている人にはあまり参考にならないかもしれないが、事態を悪化させない程度には役に立つだろう。

ちなみに、私も未だに失敗することもあります…(汗)

みんみ

ではまた!

ネイティブがよく使うフィンランド語の悪態、罵り言葉5選

 

疲れたら、ルナティック雑技団でも読んで元気出しましょ!