フィンランド留学で落ち込まないために。経験者が送る5つのアドバイス

フィンランド学生生活のコツ

留学生きみちゃん

フィンランド留学はしたものの、授業についていくのが大変。学校生活のアドバイスちょうだい
経験をもとに5つのアドバイスを用意したよ!

みんみ

2018年のはじめ、私はフィンランドで工科大学*を卒業し、医療分野の資格を得た。
*AMK/ammattikorkeakoulu

フィンランド語で授業を受け、卒論もフィンランド語で書き、3年半で卒業した。卒業後は半年ほど病院で働いた。

こう書くと「すごい!」と思ってくれる人もいるだろう。しかし学校では底辺だった。

ぶっちゃけ、もう二度とやりたくないです。

みんみ

しかし、工夫することで改善できたこともある。一方、やらずに後悔したこともある。

そこでフィンランドで進学を考えている人に向けて、私が在学中に聞きたかった学生生活のアドバイス5つを考えてみた。

この記事はこんな方におすすめ
  • フィンランドで進学を考えている人
  • フィンランドの学生生活についてアドバイスが欲しい人
  • 学生生活で落ち込んでいる人

文章内のフィンランド語を英語、スウェーデン語に置き換えてもOKです。

 

フィンランド語は1mmでも上達しておこう

フィンランド語は必須!

フィンランド語で専門学校、大学レベルの授業を受けるのは大変だ

外国人学生に対して、
「最初の半年は大変だけど、あとはどんどん楽になるよ~」
なんて言う人もいるが、私は卒業する最後の一秒まで大変だった

フィンランドで進学を考えるなら、フィンランド語のレベルはひたすら上げておこう。フィンランド語能力が低い=学生生活が辛い、だ。

それに、授業や課題でフィンランド語自体の勉強に手が回らなくなる。

この対策としては、移民向けの準備コース「Valmistavat ja valmentavat koulutukset maahanmuuttajille(Valma)」に行くのが良いだろう。

Valmistavat ja valmentavat koulutukset maahanmuuttajille

もしくはプライベートレッスンを受けるのも良い。

なお、語学が十分できないと友達もできない。年単位の学校で、友達なしは寂しいぞ。

まとめ

入学前はフィンランド語レベルをひたすら上げる。

対策

  • 移民向けの進学準備コースに行く
  • プライベートレッスンを頼む

先生とのコミュニケーションを大切に

先生にすぐ相談

学校が始まってすぐは、ほとんどの人が「授業についていけない」と悩むはずだ。

もし下記に当てはまったら、すぐ先生(教授)に相談しよう

  1. 授業の8割が解らない
  2. 宿題ができる気がしない
  3. テストなんて絶対無理

恥は捨てて、授業が解らないと素直に伝えた方がいい。
対策を一緒に考えてくれるはずだ。

授業に関しては次のことを聞けば良いだろう。

  • 授業がぶっちゃけ全然わからなかった。何の話だったの?
  • 最低限覚えるところを教えて?
  • 次の授業のために、最低限読んでおくこと教えて?
  • テストでなにが出るか教えて?
  • この課題、できる気がしない。どうすればいいと思う?

ところで、この手のことをクラスメイトに聞くのはおすすめしない。
クラスメイトはあなたのお世話係ではないことを思い出そう。

まとめ
  • 授業について行けないと感じたら、すぐ先生に相談する
  • 勉強の負荷を減らすため、先生に勉強するべきことを聞く

ちょっとでも落ち込んだらカウンセラーに相談

落ち込んだらすぐ相談

在学中に落ち込みを感じたら、早めに担当教授/クールカウンセラー/スタディカウンセラーに相談に行こう

  • スクールカウンセラー(opintopsykologi)
  • スタディカウンセラー(opinto-ohjaaja)

私は学校のストレスで鬱のような状態になってしまったことがある。
スクールカウンセラーに行って事なきを得たが、もっと早く対応していればと後悔した。

なお、スクールカウンセラーの予約は取れにくいので注意。
予約は早めにしよう。

可能なら担当教授やスタディカウンセラーとも話そう。

  • 履修教科を減らしてはどうか?
  • チューターをつけてはどうか?
  • 卒業時期をずらしてはどうか?

など、いろいろアドバイスをもらえるはずだ。

まとめ
  • 精神的な落ち込みには、早めに対処する
  • 一人で抱え込まず、解決のためにプロの力を借りる

テスト、宿題はオンタイムで受ける

試験はすぐ受ける

いくら授業が難しくても、テストや宿題の先延ばしは辞めよう

私のクラスに授業を落としまくっていた移民の子がいた。
フィンランド語は私より数倍うまかったのに、なにごとも先延ばしし、履修状況が大変なことになっていた。

  • 宿題を出さない
  • せっかく受けた授業のテストを受けない

これらは日常茶飯事。
理由を聞くと「ちゃんと内容を理解してから宿題をやったり、テストを受けたい」と言っていた。

確かに外国人学生は、フィンランド人学生より勉強に時間がかかる。
私もぜんぜん準備ができていないのにテストを受けなければならない時があり、「一週間ずらして追試の時に受けようか?」と考える時もあった。

しかし日本と同じく、追試は一回目のテストより難しくなる。
先延ばしするほど、難易度は上がる

どんなに辛くてもテストや宿題はオンタイムで受けよう。
結局、その友人は学校に来なくなってしまった。

まとめ
  • テストや宿題は先延ばししない
  • テスト対策や宿題が間に合わない時は先生に相談する

合わないと思ったらさっさと辞めよう

辞めて新しい可能性を探す

日本人は辞めないことを美徳とする節がある。
部活を辞めたら内申書に響くとか、一つの会社に長く務めていた方が有利、という考えがまだ生きている。

継続は力なり。
確かにそうだ。
しかし「やめるも勇気」だ

実は学校にいる時、何度も「合わない、学校を辞めよう」と思った。
でも、「あとちょっと頑張ってみよう」とはいつくばって卒業した。

しかし、あの時やめれば良かったと後悔している
もっと自分にあった別の道があったと思うのだ。

学校、分野が合わないと悩んでいる人は、次のように考えてみよう。

  • 学校を辞める=悪いこと → 学校を辞める=新しい可能性を広げる
  • 諦めずにねばる → 合わないことに使う時間がもったいない

時間は有限だ。

「継続は力」に固執するのは辞めよう。
後悔するよ!

まとめ
  • 限られた時間を有効に使えるよう、合わないものは切り捨てる
  • 続けることが正解とは限らない、と発想の転換をする

以上!

あくまで「私が聞きたかったアドバイス」なので偏りはあるかもしれないが、参考になれば嬉しい。

もしフィンランドの進学で悩みがあったら、ツイッター(@mimmi_nurinpain)などで気軽に話しかけください。

では!Moi moi!

フィンランドの大学生が着るつなぎの正体 フィンランドの大学生が着ている「つなぎ」の正体。色やワッペンの意味は?【opiskelijahaalarit】 フィンランドの学生パーティ/イベントで浮かずに楽しむ4つの方法【留学生向け】