2019年にヴィーガンを貫けなかった瞬間3選【葛藤】

vegan fails

こんにちは!フィンランド在住8年目のみんみ(@mimmi_nurinpain)です。

2019年も終わりなので、今年のヴィーガン生活の振り返りをしています。
今回は戒めも兼ねて、「ヴィーガン*なのに、ヴィーガンを貫けなかった瞬間3選」をまとめます
*ヴィーガンは実践可能な限り、動物を搾取しないライフスタイルを送る人のことです。

経験をシェアし意見を聞くこと、考えるきっかけにして頂くことが目的です。

既に自戒している内容なので、温かい心で読んでくださると嬉しいです。

みんみ

ヴィーガンを貫けなかった瞬間3選

瞬間①試供品に…

イベントでヴィーガン商品を売るブースに立ち寄った時のことです。

ヴィーガン・マークのついた食品類を見ていたら、お店の人が「新作のボディローションを試してみませんか?」と言うので少し手に付けてもらいました。

そこで「いい香りですね。これもヴィーガンなんですね!」と言うと、「あ、これはミツロウを使ってるのでヴィーガンじゃないですよ。」との返答が。

…。

事前に言ってー(泣)!

ほとんどの商品がヴィーガンだったのですが、化粧品は例外だったようです。
少量ですが、ノンヴィーガンのものを付けてしまいました。

気をつけなきゃダメですね。。。

ヴィーガンは蜂の搾取も避けるためハチミツ、ミツロウも消費しません。

瞬間②自家製ドレッシング…

友人の家で夕飯をごちそうになった時のことです。

私はヴィーガン、夫はセリアック病*なのを把握してくれていて、全員が食べられるメニューを考えてくれました。
*セリアック病の人はグルテンが食べられません

さて、サラダをいただいている時、ドレッシングについて聞いてみました。

私「ドレッシング自家製?」
友人「うん。オリーブオイルとリンゴ酢、ハーブとハチミツを混ぜるだけの簡単レシピだよ!」

ハチミツ…。

繰り返しになりますが、ヴィーガンは蜂の搾取も避けるためハチミツも消費しません。

すでに食べ始めていたので、サラダはすべて頂きましたが、ハチミツはヴィーガンOKと誤解されやすいですね…。

瞬間③手編みの…

編み物好きの知人の家に行った時のことです。

「みんみ、これプレゼント!」と差し出されたのが、毛糸の帽子でした。
とても素敵なデザインなのですが、素材がどう見てもウール(羊毛)

ウールはヴィーガンでないので…と断ろうとするとあなたをイメージして色と柄を選んだよ!と言われてしまいました。

…。

何も言えない…。
断れない…。

ということで、いただいて来てしまいました。。。

ヴィーガニズムと人間関係

ヴィーガンと人間関係

普段、夫と2人で生活する分には、ヴィーガンを貫くことは簡単です。
特にフィンランドはヴィーガン向けの食品や製品も多くあり、困ることはありません。

しかし、

  • 食事をごちそうになる
  • プレゼントをいただく

などのシチュエーションでは難しいと感じる時もあります。

例えば、②の友人には「実はね、ハチミツはヴィーガンじゃないんだよ~」と軽く言いましたが、伝える時は心臓がドキドキしました。
一生懸命考えてくれたメニューのミス(?)を指摘するのは、勇気がいりました。

友人は「ごめん勘違いしてた!」と気持ちよく対応してくれました。

みんみ

③のウールの帽子も、私のために編んでくれたと思うと、受け取らない選択はできませんでした。

知人は私がヴィーガンだと知っていて、ヴィーガン・クッキーを焼いて待っていてくれました。

私は動物を搾取したくないですし、環境も壊したくないです。
でも友人関係も大切にしたいし、相手の思いをただ受け取りたいとも思います。

うまくやれば矛盾せず両立できるのでしょうが…。

子供の頃から親に、
「いただき物にケチをつけない」
「出されたものは、好き嫌いせず食べる」

と教え込まれてきましたから、良心の呵責も感じます。
(母が隣にいたら、こういう発想をしている時点で叱られそう…汗)

結局はその都度、ベストの対応を考えるしかないのですが、葛藤は今でもあります。
2019年にヴィーガン2年目を迎えましたが、まだまだ修行ですね!

みなさんは似たような経験ありますか?
また「こういう対応をすればいいのでは」というアイディアはありますか?
良ければツイッター(@mimmi_nurinpain)で教えてくださいね。

今日はここまで!

ではまた~