語学学校で効果的に学ぶために大切な5つのこと

こんにちは!フィンランド在住のみんみ(@mimmi_nurinpain)です。

私はここ8年の間、あらゆるレベルの語学学校、フィンランド語講座を10コース程受けて来ました。

コース修了後は「伸びたなー!」と手応えを感じるので、授業スタイルでの外国語学習を多くの人におすすめしています。

しかし、ぼんやり授業を受けるだけではそこそこの結果しかでません。
成長を感じるレベルに伸ばすには、工夫もいります

という訳で今回は、語学学校で効果的に学ぶのに大切だと思うことを5つ紹介します

①自分に合ったコースを選ぶ

様々なフィンランド語コースを受けて実感したのが、自分のレベルに合った授業を受けるのがメッチャ大切ということ!

簡単すぎる/難しすぎるレベルのコースを受けても、なかなか身になりません。
特に簡単すぎるコースは注意です

「復習になるから」とポジティブな気持ちで受けても、高い確率でイヤになります。

先生は解っていない受講生に時間を取るので、自分にリソースを割いてもらえないデメリットも。

新しいコースは「このレベルは自分に合うかな?」と考えながら受けましょう

先生が良い、楽しい、配慮がある等のメリットがないなら、コースを替えることをおすすめします。
手応えのない授業は、受ける時間がもったいないです。

学校や先生に相談してみよう

いろいろなレベルのコースを用意している語学学校、市民講座なら、コース替えは簡単にできるはずです。

「今の授業は自分には合わないので、別のコースに替えられますか?」とシンプルに聞いてみましょう。
まだ迷いがあるなら、別のクラスを見学したいと言えば大丈夫。

「迷惑なんじゃ?」「先生が傷つくんじゃ?」と考える必要はありません。
世界各国の受講生を相手にしてきた先生/学校なら、こんなの屁でもないです(言い方さえ気をつければOK)。

海外では言ったもの勝ち
自分を最も伸ばせるコースへ行きましょう。

クラスはそのままでも、レベルに合った教材を用意してくれる先生もいます。

みんみ

②先生の前に座る

語学学校でも講座でも、教室の席順は自由なところが殆どだと思います。
初日に座った席に定着する…という感じではないでしょうか。

さて、座る場所は先生の目の前がベスト。
目の前でなくても、一列目に座るのをおすすめします。

一列目をすすめる訳

理由は簡単。
視覚的ノイズがないからです

国際色豊かな語学学校では、クラスメートの動きが視覚的ノイズになります。
国によって習慣やマナーが違うので、クラスメートの動きに気を取られてしまうんですね。

例えば、

  • 授業中にリンゴ丸かじり
  • スマホで話す
  • 自撮りを始める
  • いきなり靴を脱ぎだして、あり得ないほどリラックスする

などが目の前で繰り広げられると、どうしても気になってしまいます(全部この目で見ました)。

なお、フィンランドの授業は他の受講生を邪魔しない限り自由にしていい、というスタイル。
大学では、編み物をする人、赤ちゃんをあやしながら授業を受ける人もいて驚きました。

日本では信じられないような行動をするクラスメートは、最高におもしろいです。
おもしろいですが、勉強の邪魔!

一列目に座って100%授業に集中です。
目に入らなければ気が散りません。

一列目だと空気を読まずに先生にガンガン質問できるのも良いよ!

みんみ

③クレームは入れるべし

残念ながら、マナーの悪い受講生はどこにでも必ず1人はいるものです(特に初級!)。
見てもイライラするだけので、先ほど書いたように先生の前に座り無視するのが一番です。

しかし、中には度を超えた輩もいます。

  • 騒ぐ
  • いつも遅刻して授業を止める
  • 周りの受講生にちょっかいを出す

などです。

このような迷惑行為が続いたら、先生や学校にきちんとクレームを入れましょう
ダメな学校や講座でない限り、対応してくれます(先生も気づいてることが多い)。

語学学校にいつも問題の答えを1人で全部言ってしまったり、他の受講生の間違いをキツく指摘するクラスメートがいました。

他にも授業を独り占めするような行為があり、先生にクレームを入れました。

 

同じことを他の受講生からも言われたようで、すぐに対応してくれました。

他の受講生の行動には構わない

ただ注意したいのは、クレームは自分に実害がある時だけすること
他の受講生が授業中にスマホでゲームをしている等、自分に関係ないことはスルーです。

気にはなるのは解りますけどね。

みんみ

一列目に座る、見ない、気にしないで対応を。
注意したり告げ口するのは時間のムダです。

ところで、あるフィンランド語講座にはティーンの若者がいっぱいいたんですが、この子たちの態度がクッソ悪かったです。
短期留学生の必須授業で、しぶしぶ参加していた子たちでした。

フィンランド語に興味がないらしく、消しゴムを投げ合う等、子供っぽい振る舞いがひどかったです。
「先生に敬意を払えよ!」と、見ているこっちがムカムカ。

でも見なければ実害はゼロ。
受講者を注意するのは先生の仕事ですから、無視しましょう。

やる気のない人にエネルギーを割くのは辞めましょう。

みんみ

④希望はハッキリ伝える

授業に具体的な希望や目的があるなら、先生に伝えるのが大事です

  • 面接で使えるスピーキング力を伸ばしたい
  • ○○の資格に合格するレベルに上げたい
  • 語彙をひたすら増やしたい

など、具体的に言ってみましょう。

日本は受け身の授業が多いので(少なくとも私世代は)、先生にリクエストをするのは緊張しますよね。
でも大丈夫です。

語学コースは受講生のためにあるのだから、むしろ先生の方が「受講者が何を望んでいるか」知りたかったりします。

どれくらい間違いを直してもらいたいか伝える

ほとんどの先生は、受講者の細かい文法や発音の間違いは指摘しません。
(ライティングでは細かく直す先生もいます)

しかし、それでは物足りない人はぜひ「細かいところも直してほしい」と伝えるのをおすすめします
先生の対応がガラリと変わるはずです。

教える側も、どれくらい指摘するべきか迷うもの。
希望があれば、先生もさじ加減が解ってありがたいはずです。

受講者全員の間違いを細かく直していたら授業が進まないので、程度問題ではありますが。

⑤質問しまくる

語学学校の先生は海外生活ではとっても貴重な存在です。
というのも、言語に対する「どうして?」はネイティブスピーカーでも答えられない人が多いからです。

例えば外国人に

「『ここ””降ります』と『ここ””降ります』の違いは?」

と聞かれて、どれだけの人が説明できるでしょう?

特に現地人のパートナーがいる人は、解らない表現を「まあ、あとでパートナーに聞けば良いか」と思いがちです。
しかし、満足する答えは得られない事が多い。

やはり、プロの先生に聞くのが一番。
受講中はこれでもかと質問しまくりましょう

解らないことリストを作って全て聞く

気になる言い回しや、使えるようになりたい表現があったらメモしてください。
「先生に聞くことリスト」を作って卒業までにコンプリートを目指します。

特にマイナー言語の場合は、自力で文法などの疑問を解決するのは至難の業!
「聞かぬは一生の恥」とはよく言ったもので、ちょっと面倒でも先生を捕まえてがんばってみましょう。

これをやれば、かなりレベルアップすること間違いありません。
ただ、先生の休み時間や退勤時間には考慮しましょうね。


以上です!

参考になれば嬉しいです。

ではまた~。