レストランで食品ロスを減らす5つのアイディア【客として出来ること】

外食でのフードロスを減らす、失くすアイディア

こんにちは!フィンランド在住8年目のみんみ(@mimmi_nurinpain)です。
当ブログではエコなアイディアをお届けしています。

以前、家の食品ロスを減らすアイディアを書きましたが、今度はレストランやカフェなど、外食の際にできることを考えてみました

【エコ】家庭の食品ロスを減らす10の方法【簡単にできます】

というのも先日、友人とレストランへ行った際にロスを出してしまいました…。
ナチョスをお皿半分ほど残してしまい、もったいなかったです。

というわけで今回は「外食の際にできるだけ食品ロスを出さない方法」を5つ考えてみました

ハードルが高いものもありますが、あくまでアイディアです。
できそうな物を取り入れてみてくださいね。

外食で食品ロスを減らす5つのアイディア

以下が食品ロスを減らす5つのアイディアです。

  1. 付け合せ、飾りを断る
  2. 注文する時、量を確認する
  3. シェアする
  4. 店にフィードバックする
  5. 持ち帰る

では行ってみましょう!

①付け合せ、飾りを断る

付け合わせを断る

まずは「いらない付け合せ、飾りを断る」です

飲食店で食事を注文すると、いらないのに付いてきてしまう食品があります。

  • コーヒー用ミルク、スティック砂糖
  • パン、ライス
  • バター、マーガリン
  • 飾りのパセリ
  • 居酒屋のお通し

などなど。
食べないと解っているものは、注文する時に抜けないか聞いてみましょう。

※私は倫理的理由から動物性のものは食べません。これは例えです。

断る時のポイント

断る時は、

  • 早めに断る
  • 付いてきてしまったら、すぐ返却する(可能なら)

の2つが大事です。

例えばコーヒーに付いてくるスティック砂糖。
一度受け取ってしまったら、未使用でも捨てられてしまう可能性があります。

ただ、料理によってケースバイケースです。
状況を見て判断してください。

お店の事情もあるので、断られたら素直に引き下がりましょう。

みんみ

②注文する時、料理の量を確認する

注文する時が鍵!

次に「注文する際に、料理の量を確認する」です

オーダーの時に、「どれくらいの量ですか?」と確認しておけば、食べきれない量が来ることを防げます。
自分には多いかな?と感じたら、少し減らしてもらいましょう。

他の人が食べているお皿を、チラッと観察するのもアリです。

特に海外では気をつけてね。
信じられない量が出てくる国もあります。

みんみ

③シェアする

事前に確認しても、いざ料理が来たら思ったより量が多いこともあります。
一人の場合は難しいですが、連れがいたら料理をシェアしましょう

手をつける前に相手のお皿にのせたり、お店の人に取皿を用意してもらえば完璧です。

まあ、我が家は唾とか気にしないので、夫と「これ食べて」「余ってるならちょうだい」と適当にやってますが(笑)。

④店にフィードバックをする

お店にフィードバックをするのも大事です

アンケート用紙があれば「○○の量が多すぎて食べきれなかった」「付け合せの○○は半分で十分お腹いっぱいになる」など、気付いたことを書きましょう。
店を出る時に、口頭で伝えても良いと思います。

一応、店も廃棄量をチェックをしているようですが、お客さんからの声も大事です。
多すぎる量がんばって食べきることで、店側に「今が適量」と思われてしまっては元も子もありませんしね。

口で言うのは勇気が入りますが、「美味しかった」とポジティブな感想と共に「ただ、ちょっと量が…」とサラッと加えると良いと思います。

「最初に盛る量は減らすけど、一回まで追加OK」みたいなサービスが生まれれば良いと思います。

みんみ

⑤持ち帰る

最後に「持ち帰る」です
食べ残しを持ち帰ることで、食品ロスを減らすことができます。

よく言われるのは「ドギーバック」と呼ばれる容器を持ち歩く方法です。
残してしまった料理を入れ、家まで持って帰ります

こちらのサイトで安全なドギーバックの使用方法が載っています。

ドギーバッグとは | mysite

今出回っているのはプラスチック容器ですが、ガラスやステンレス素材がエコかと思います。
ただ、店によってルールがあると思うので要確認です。


なお、使い捨て容器に入れるのはエコでない場合があるので気をつけましょう

フィンランドはアルミホイルで包んだりします。
これも使い捨てですが、程度問題ですかね…。

みんみ


以上です!

参考になるアイディアがあったのなら嬉しいです。

【PR】節約しつつロスを減らす方法

もう一つ、食品ロスを減らす方法に「捨てられる運命の商品をあえて買う」という手があります。

Otameshiというサイトは、品質には問題ない”訳アリ品”を定価の半額以下で売っています

たとえば、

  • パッケージが変更になった
  • 箱に傷がついた
  • 賞味期限が近い

などの理由から、企業が「店頭で売るのはちょっと…」と判断した商品です。

すごく安いから節約にもなりそう。
日本にいたら、絶対に利用してます。

みんみ

購入金額の一部は寄付*されるので、ガッツリ社会貢献できるサービスです。
寄付先は自分で選べます、動物愛護団体、京都アニメーション等

必ずしもゼロウェイスト、ヴィーガンという訳ではないですが、食品ロスの軽減には役に立ちます。
ぜひ覗いてみてくださいねー!



半額以下商品多数!社会貢献型サンプリングサイト【Otameshi】

ではまたー!