エコなゴミ漁り「ダンプスター・ダイビング」おすすめ動画5選

ゴミ拾いはカッコイイ

みなさん「ゴミ漁り(あさり)」と聞くと、どんなイメージが浮かびますか?
貧乏、汚い、ケチなど、マイナスなイメージが浮かぶ人が多いのではないでしょうか。

(気持ちはわかる)

しかし近年、ゴミ漁りが環境に優しい取り組みとして注目されてます

欧米ではダンプスター・ダイビング(dumpster diving)と呼ばれています。
ダンプスターは大型ゴミ容器、ダイビングは潜るという意味です。

このような活動をする人をフリーガン(freegan)と呼ぶこともあります

拾ったものを食べて食費はゼロ!「フリーガン(Freegan)」の実態 | MediaSabor メディアサボール

 

フーリガンじゃなくて、フリーガンだよ!
Free veganをくっつけた造語だよ。

みんみ

スーパーや店舗、集合住宅のゴミコンテナーを漁り、食べられる物、使える物を救出する活動です*
北米やヨーロッパを中心に流行っており、メディアで取り上げられることもあります。
*必ずしも環境保護が目的ではないですが

さて、ダンプスター・ダイビングの様子をユーチューブ見ると、宝探しのようで面白いです。
同時に、まだ使える物も多く捨てられていて、世界のごみ問題の深刻さも垣間見ることができます

というわけで今回は、おすすめのダンプスターダイビング動画を5つ紹介します

  • 食品
  • 電化製品
  • 化粧品

など、いろいろなゴミ漁り動画を集めてみました。

すべて英語のものですが、見るだけで面白いです。
長い動画もあるので、1.25倍速でみることをオススメします

みんみ

お読みください
あくまで店が出す廃棄量の多さを見るのが目的です。
ゴミの持ち去り、私有地への不法侵入を勧めるものではありません。

食品のダンプスター・ダイビング

こちらは食品のダンプスター・ダイビング動画です。
スーパーのゴミ箱から、食べられる食品を救出しています。

前置きが長いので2分10秒から再生されます。

見て分かる通り、野菜や果物が大量に捨てられています。

品質には問題なさそうなものばかりです。
袋に入っているものなんか、どう見ても新鮮そのもの。

このユーチューバーは大量のダンプスター・ダイビング動画をあげていますが、毎回かなりの収穫があります。
買い物しないでも暮らせそうです。

(野菜は水と酢で洗ってから食べるそうです)

 

こちら動画では未開封のポテトチップス等のスナック類を大量に発見しています。

どれも未開封です。
賞味期限も問題なさそうです。

このような廃棄は、

  • 別商品のために棚を開ける
  • パッケージのデザインが変更になり、総取り替え
  • 保存の失敗
  • 過剰注文

などが原因としてあげられます。

【エコ】家庭の食品ロスを減らす10の方法【簡単にできます】

おそらく、日本も同じような状況でしょう。

ここでちょっと宣伝を(笑)。
パッケージ変更、表面に傷がついた、賞味期限が近い等、品質には問題ないのに「訳アリ」になってしまった商品を安く販売するサイトがあります。

こういうサイトを利用すれば、企業の食品ロスを減らすのに役に立ちそうです。
ヴィーガン、ゼロウェイストのものはあまり無いですが…。



賞味期限間近の商品がリーズナブルな値段で【Otameshi】

電子機器のダンプスター・ダイビング

電子機器のダンプスター・ダイビング動画はこちら。

電子機器そのものはありませんが、付属品は大量に出てきます。
この動画は新品の充電器やガジェットの部品などが見つかります。

アメリカの動画だと思うんですが、全然ゴミの分別しないんですね…。
中に充電器が入っていても箱ごと捨てています。

他の動画でも、箱の中からイヤホンや充電器などが見つかっています。
充電器は購入時に欲しい人だけがもらうシステムにできないでしょうか。

スマホやイヤホンを買い換えるたびに、新しいものが付いてきてしまいますよね。
正直、いらない人も多いのでは。

話はズレますが、この二人すごい仲良しで良いですね(笑)。

みんみ

化粧品のダンプスター・ダイビング

こちらは化粧品を探すビデオ。

状態の良いアイシャドー等を大量に見つけます。
サンプル品などは捨てた方が良いですが(感染症の恐れがあるので)、見るからに未使用なものばかりです。

無傷のアイシャドーパレットなど、捨てる理由が解りません。。。
(返品?箱に傷?)

パウダー系のものは割れたら売れないのは解るのですが、もったいないの一言です。

衣類のダンプスター・ダイビング

こちらはゴミ漁りで見つけた服をチェックする動画です。

服のダンプスターダイビング動画を見ると、だいたい店が服を引き裂いてから捨てています。
案の定、こちらの方がゲットした服も引き裂かれてます。

こういうのを見ると、いくらブランドが「いらない服を寄付します!」と言っても、疑わしく感じますね。

話はズレてしまいますが、ファストファッションは本当に環境に悪いです。
古着を回収してクーポンを出したりしていますが、これは捨てる罪悪感を失くして、さらに大量に買わせる戦略だと思っています。
個人的に。

買うなら、質の良いサステイナブルでエシカルなお洋服にしましょう!

おもちゃ等のダンプスター・ダイビング

こちらは、おそらく雑貨屋のダンプスター・ダイビングです。

新品のおもちゃやラッピングペーパーなどが捨てられています。

季節のものも廃棄が多そうですね。

決まった期間でしか売れませんし、来年まで保管するのにもお金がかかります。
もちろん寄付すると店で商品が売れない、手間がかかる、版権の問題などもあるのでしょう。

どうにか捨てない方法はないのか…。


以上です。

店も限られた予算でやっているのでしょうし、責めるつもりはありません。

ただ環境問題は深刻です。
大企業ほどゴミ削減に取り組んでもらいたいですね。

動画を見て、ちょっとでも世界のゴミ問題に興味を持ってもらえると嬉しいです。

ではまた~!