湯シャンのベタつきにEliah Sahilのハーブ粉シャンプーを試してみた【ヴィーガン】 | Free and Light

湯シャンのベタつきにEliah Sahilのハーブ粉シャンプーを試してみた【ヴィーガン】

みんみ

湯シャン歴1ヶ月の私が、Eliah Sahilのハーブ粉シャンプーを使った感想をまとめました!

先日、湯シャンのリセットとして、Eliah Sahilの植物性100%のハーブ粉シャンプー「Natural Shampoo」を買ったのでレビューしよう

これは濡れた髪にパウダーをかけ、マッサージして洗い流すタイプのシャンプー。

結論を言ってしまうと、かなりクセがあり、私には合わなかった。
匂いが強すぎる。

しかしメリットも感じなくはなかったので、使い方や感想をまとめました。

みんみ

経験としては面白かったです。では細かく見てきましょう!

Eliah Sahilのハーブ粉シャンプー

ここ1ヶ月ほど湯シャンをしているのだが、髪のベタつきがヒドくなった
髪をギュッとにぎると手にベタつきがうつるほど。

湯シャンは続けていくうちに頭皮の油が減って、ベタつきは落ちつくと言われている。
おそらく、今が我慢時なのだろう。
しかし、気持ち悪いものは気持ち悪い。

とはいえ、合成シャンプーで洗い、せっかく続けた湯シャンを辞めるのはもったいない…。

そこで以前ツイッターでおすすめしていただいた、ハーブのシャンプーを試すことにした。

私が選んだのは、Eliah Sahilというブランドの「Natural Shampoo 100g  – Hair & Scalp Treatment Powder」。
(ナチュラル・シャンプー 100g – ヘアー&スカルプ・トリートメントパウダー)

フィンランドのRuohonjuuriというお店で13.95ユーロで購入。

Eliah Sahilパウダーシャンプー缶コーヒーほどの大きさ

これはいわゆるハーブ粉シャンプー(パウダーシャンプー)で、その名の通りハーブを粉状にしたヘアケア用品。
泡立つものでなく、粉で汚れを落とすタイプだ。

粉シャンプーはインドが有名らしいが、日本でも合成シャンプーが苦手な人の間で人気だそう。

Eliah Sahilについて

ブランドについてちょっと紹介すると、Eliah Sahilはオーストリア発のヴィーガンで植物をベースとしたボディケア用品を展開している。
Eliah Sahilはおそらく「エリア・サヒル」か「アライ・サヒル」と読む。

公式サイトはこちら。
情報が全然ないけど(汗)。

Hair Care – eliah-sahil

使い方

ティスプーン1~2杯分を手のひらに出すか、濡れた髪にふりかけてマッサージする。
髪の長さによって量を調整せよ、とのこと。

マッサージ後に粉を洗い流し、スッキリするまで同じことを繰り返す。

ふつうはパウダーを水に溶かすか、ペーストにするらしいが、この商品は手でつけるようだ。

特徴

販売サイトには以下のような特徴が書かれていた

  • ハーブと果物からできた100%植物性
  • ヴィーガン
  • 普通~油性の頭皮向け
  • 毛根を守り、強くする
  • 抜け毛を防ぎ、フケを落とす
  • 髪に輝きを与える
  • エキゾチックな香り
  • 保存料なし、化学成分なし、香料なし、添加物なし、アルコールなし、アレルギーテスト済み

Shampoojauhe

ノンケミカルで、髪にも環境にも優しいシャンプー…最高ではないだろうか?

ちなみに、容器はアルミでリサイクル可。
ただ蓋の内側のクッションなどがあり、ゼロウェイストではない。

原材料

使われているハーブ類はこちら。

  • フラー土
  • シカカイ
  • ムクロジ
  • アムラ
  • ミロバラン
  • ターミナリアベリリカ
  • コミカンソウ

馴染みのない名前ばかりだが、代表的なのはシカカイムクロジアムラだろう。

シカカイはサポニンという石鹸に含まれる成分が含まれており、髪を清潔に保ちつつ、トリートメントもしてくれるようだ。
ムクロジは天然の石鹸「ソープナッツ」として有名で、皮脂を取り除く。
アムラは髪にハリとコシを与えてくれるそう。

参考 アーユルヴェーダのヘアウォッシャブルパウダー有限会社イフズプランニング

 

調べてみると、ハーブ粉を自分でブレンドする人もいるらしい。
ふつうに売ってるんですね。

ヘナ専門オンラインショップ

 

Eliah Sahil「Natural Shampoo」使用レポート

それでは使った様子、感想に行ってみよう。

まずシャンプー前に今の髪の状態をアップ。

湯シャン1ヶ月の髪の状態見た目は普通。湯シャンだと誰も気が付かない。

髪質は以下の通り。

  • 量が多い
  • 太い
  • ストレート
  • 一部くせっ毛

シャンプー歴。

  • 湯シャン歴1ヶ月
  • 湯シャンは週に3~4回(フィンランドは乾燥しているので)

開封の儀

Eliah Sahil蓋を開けたところ

商品を開封。

蓋をあげるとこんな感じ。
見た目は調味料っぽい。

中身はこんな感じ。
水をかけると、泥のようになる。

粒子が細かく、クレイパックと似ている。
気をつけないと鼻息で吹っ飛ぶ(笑)。

主張の強いエキゾチックな香りが鼻をつく。
これはかなり好き嫌いが分かれるだろう。

どんな香りかと言うと、エスニック雑貨店の香り(笑)。
髪にこの香りは付いて欲しくないなぁ…。

使い心地

Eliah Sahilスプーン一杯分はこの量

お風呂で実際に使ってみたところ、いろいろと難しかった

使い方には「ティースプーン1、2杯を手に取るか、頭に直接かける」とあるのだが、1~2杯では全然足りない。
結局、6~7杯分くらいは使ったかと思う。

私がやったのは、以下のとおり。

  1. 髪をブラッシング
  2. 髪をよく濡らす
  3. パウダーを手に取り、軽く水を混ぜる(粉が飛ばないように)
  4. 地肌に擦り付けつつマッサージ
  5. すすぐ

シャンプーバーの時も似たような感想を書いたが、使い方の正解が解らない(汗)。

Foamieのシャンプーバーを使った感想・使い方・注意点

 

シャンプー中は終始、「お寺でうっかりお焼香用の灰(お線香を刺す灰)をかぶってしまった」というイメージが頭から離れなかった。

すすぎは匂いが残らないよう念入りにやった。

洗い上がり

洗い上がりは、スッキリ!…という程でもなく、いたって普通だ。
ただ、ベタつきは少しましになった

髪からほのかにハーブの香りがする。
パウダーを載せた手のひらからは、もっとハーブの香りがする。

ドライヤーで乾かした翌日

Eliah Sahilで洗った翌日

翌日の髪はこんな感じ。
「サラサラ!ツヤツヤ!」などは感じられない。

しかし、激的な変化がないのが植物性の良いところ…と考えることにした。

匂いは?

夫に頭の匂いを嗅いでもらうと、なにも感じないと言う。

しかし、時折エスニック雑貨店の香りを感じる。
ニンニクと同じように、誰かと合う時は使用を控えた方がいいかな?

メリット、デメリット

メリットとデメリットをまとめると以下の通り。

メリット

  • 植物性なので、脱ケミカルできる
  • 乾燥肌や石鹸が苦手の人に良い
  • 湯シャン中のリセットとして使える
  • 軽いので持ち歩きに便利
  • ゴミが減らせる
  • 環境に優しい

デメリット

  • 匂いがきつい
  • 値段が高い
  • 激的な効果はない

しかし、以前ツイッターでおすすめしてくださった方が「初めて買ったハーブが臭くても諦めないでください」とご助言してくださったので、他のものも試してみよう。

日本だとこの辺かな?
ちょっと高いけど、普段は湯シャンでたまにハーブ粉シャンプーなら良いかもしれない。

 

以上!

みんみ

使い切ったらまたレポートします!

ではまた!

 

Foamieのシャンプーバーを使った感想・使い方・注意点 ハンブル・ブラッシュ 歯ブラシバンブー歯ブラシ「ハンブルブラッシュ」を1年使った感想【ヴィーガン】 肌の改善に確実に効果があった5つの方法【お金はかかりません】