ヴィーガンになろうか迷っている人の背中を押す5つのアドバイス

Helping

きみ

ヴィーガンになろうか迷ってる。正直、ちょっと怖かったりする…。いろいろ考えちゃう。
私の経験でよければシェアするよ!不安が軽くなったら嬉しいな!

みんみ

ヴィーガンになろうと決めた時、実はかなりドキドキした(笑)。
ヴィーガンになったら何が起こるんだろう?自分が変わってしまうのではないか?と、不安になったのだ。

しかし、ドラマチックな出来事が起きるわけもなく、私を待っていたのは「寝て起きて食べて寝る」という日常であった。
驚くような体験がなかったわけではないが、基本は平常運転だ。

それでも私が感じたような不安から、ヴィーガンになろうか迷っている人もいるだろう

そこで今回は、私の経験をもとに「ヴィーガンになるか悩んでいる人の背中を押す5つのアドバイス」を書いてみよう。

お読みください
この記事(ブログ全体にも言えることですが)ではヴィーガンになる=野菜を中心とした食生活を意味しています。

また、それぞれが自分のリサーチのもと、健康を保てるバランスの取れた食生活を送ることを前提としています

ヴィーガンは基本的にフリースタイルです

Freedom

「ヴィーガン」と一言で言っても、やり方は人それぞれ。
住んでる場所、仕事、年齢、健康状態、経済状況など、誰一人として同じではないからだ。

みんな「動物性の食品、製品、サービスを利用しない」という最低限のルールを守りつつ、自分にあったスタイルでやっているのではないだろうか?

ヴィーガンになったからと言って団体に属したり、活動家になったり、肉屋を襲撃する必要もない(襲撃以外はお好きにどうぞ)。

ヴィーガンはフリースタイル

堅苦しく考えなくて良い。
あなたが納得するスタイルでヴィーガン生活を始めよう

ポイント
  • ヴィーガン・ライフに決まりはない
  • 自分のやり方ではじめればOK

問題が起きたら、その時考えれば良い

ヴィーガンになると決めた時、いろんな考えが頭の中をグルグル回った。

  • 旅行の時はどうする?
  • 仕事の食事会はどうする?
  • だれかに招待された時は?

ありとあらゆる「こういう時はどう対応する?」をずーっと考えていた。
ヴィーガンになろうか迷っている人も、私と同じように「この場合は対応できないかも…ヴィーガンはやっぱり無理なのか…」と悩んでいないだろうか。

何事も、事前にじっくり考えるのは良いことだ。
しかし、まだ起こっていない問題を想像して、やる気をなくしてはもったいない。

ところで、私はヴィーガン歴1年3ヶ月だが、心配したことの8割は起こらなかった。
また残りの2割も、想像していこととは微妙に違ったし、なんとか切り抜けることができた。

ヴィーガンだけど動物性食品を食べかけた

問題が起きたら、その時にじっくり考えれば良いのだ
それに失敗から学ぶこともある。

大切なのは、あなたのやってみようという気持ち。
そして少しでも行動に移すことだ。

失敗から学ぶヴィーガンが動物性食品を避ける方法

 

ポイント
  • まだ起こっていない問題を考え過ぎない
  • ベストだと思う選択を都度すれば良い
  • 自分を信じて、まず行動を起こす

ヴィーガンを公言する必要はない

叫び

「変な先入観を持たれるのではないか」
「ヴィーガンになったと言ったら、きっとあの人に批判される」
「友達と議論になってしまったら嫌だなあ」

このような理由から、ヴィーガンになることを躊躇している人もいるだろう。

しかし、ヴィーガンになったことを、周りに公言する必要はないことを思い出そう
SNSでヴィーガン宣言しなくてもいいし、会う人全員に「私ヴィーガンなんです」と伝える義務もない。

必要最低限の人にだけ伝えて、あとは成り行きに任せておこう。
啓蒙活動は、経験を積んでから始めても遅くない(むしろ早々にやるとヤケドする笑)。

特にやり始めは、周りの人どうこうより、自分自信に集中すればOK。

ポイント
  • ヴィーガンであることを周知させなくてもいい
  • まずは自分の取り組みを優先させる

すべてのことに答えがなくても良い

「ヴィーガンになろうと思う」とか「ヴィーガンになった」と言うと、意地悪な質問をしてくる人がいる。
中には答えに詰まってしまうトリッキーな質問もある。

質問にたじろぐと、論破しにかかる人もいて、ノンヴィーガンの話に説得力があると思う可能性もある。

すると「ヴィーガニズムってやっぱり完璧な理論じゃないのかも…」などと悩んでしまうかもしれない。

このような「ヴィーガニズムの説得力の有無」を理由で躊躇している人は、ヴィーガンになろうと思った理由をもう一度考えてみてはどうだろうか
ヴィーガニズムが完璧な考えだから、ヴィーガンになりたかったのか?
おそらく違うはずだ。

動物のため、環境のために始めたのではないだろうか(もちろん健康のためだってOK)。
それなら、例えノンヴィーガンの質問に完璧に答えられなくても、あなたの行動には価値があるのだ

誰もが動物倫理に明るいわけではないし、環境問題の最新データが頭に入っているわけではない(知っているに越したことはないが)。

また「ヴィーガンは感情に流されてる!」と批判する人もいるが、感情的にヴィーガンになる人がいても良いではないか。
感情的合理性も大事だ。

それに活動家や政治家でもない限り、ヴィーガニズムは個人的なものであり、なにも感情で核爆弾のスイッチを押そうって訳じゃない。

 

もし、すぐ答えられない質問をされたら、例えばこんな風に答えてみてはどうだろうか?
「なるほど、そういう疑問もありますね。でも私は○○という理由にヴィーガンになって、納得しているので、自分なりに続けてみます。」

ポイント
  • 意地悪な質問には無理に答えなくてもいい
  • 答える時はしっかりリサーチを
  • ヴィーガンになろうと思った理由を思い出そう
  • あなたがヴィーガンであることを、誰かを納得させる義務はない

あなたはあなた

Do what you love

ヴィーガンになろうと思った時、こんな心配があった。

  • 楽しいことを全部諦めなきゃいけないんじゃないか?
  • 思いが強いあまり不寛容な人間になってしまわないだろうか?

動物の搾取や環境破壊など、巨大な問題を知ったのだから変化があるのは当たり前だが、変わることに対する恐怖があったのだ。

しかし、思ったような変化はなく、人間はそれほど変われないんだとつくづく思った。

なお趣味の手芸も続けているし、ブログだって楽しく書いている。
ノンヴィーガンの友達ともうまくやっている(あんまり人数いないけど)。

あ、SNSで強い言葉を使うことは増えたかもしれない…(汗)。

 

ヴィーガニズムは主義であり生活様式だ。
ヴィーガンになることは、それらを取り入れるという意味で、それ以上でもそれ以下でもない。

自分=主義ではない

ヴィーガニズムは自分らしさを捨てることではない。
みんなそれぞれ個性があり、好きなことがあり、嫌いなことがあって良い。

あなたはあなた

ただ動物性のものを使わない工夫がいるだけだ。
(まあ、それが難しかったりするんだけど…汗)

気負わず、気軽にトライすれば良いのだ*
もし「あ、ちょっと自分ヤバイ方向に行ってるな」と思ったら、軌道修正は後からいくらでもできることを思い出そう。

*もちろん必要な栄養を取れるようリサーチ、工夫は必要です

ポイント
  • 自分=主義ではない
  • ヴィーガンになっても、自分は自分
  • 後から軌道修正しても問題ナシ!

まとめ

  • ヴィーガンは基本的にフリースタイル
  • 問題が起きたら、その時考えれば良い
  • ヴィーガンを公言する必要はない
  • すべてのことに答えがなくても良い
  • あなたはあなた

どなたかの参考になれば幸いです。

ではまた!