さあ、フィンランド。

手作りヴィーガン・ボディクリームの作り方-植物油とシアバターのシンプルレシピ

今年の冬から乾燥対策に自家製ボディクリームを作るようになった。
これがなかなか良い感じなので、今回はおうちでできるヴィーガン・ボディクリームの作り方をまとめてみた。シアバターと植物オイルで超簡単&エコにできるので、みなさんにレシピをシェアしよう。

注意
肌に合わない時は使用しないでください。すべて自己責任でお願いします。

材料、道具

材料

  • シアバター 約40g
  • ホホバオイル 約15~20g
  • ココナッツオイル 約15~20g

分量は好みで変えてOK。ココナッツオイルはいろんなメーカーのものがあるが、身体につけても問題ないものを選ぼう。ココナッツオイルを使いたくない人はシアバターとホホバオイルだけでも作れる。ちなみに、ホホバオイル15gは大さじ2杯強くらいだ。

どの素材も植物由来なので、ヴィーガンマークがなくても大丈夫だと思う。気になる人はメーカーに問い合わせてください。


用意するもの

  • ボディクリームを入れる蓋付き容器
  • キッチンスケール
  • 混ぜる、切る用のカトラリーナイフ
  • 湯煎用の鍋

蓋付き容器は清潔なものを用意。また湯煎するので、ブリキ缶が良いと思う。私はボディショップのメイク落としの缶を再利用している。

ボディクリームの作り方

STEP.1
材料を入れる

スケールで重さを測りながら材料をすべて容器に入れる。この時点では混ぜなくても大丈夫。上にのっけるだけでOK。

STEP.2
湯煎する
鍋に1cmほど水を入れ、沸騰しない程度に温める。お湯ができたら火を止め、容器を鍋に浮かせ湯煎する。

ポイント
やけどに注意。容器に水が入らないように。
STEP.3
混ぜる

シアバターやココナッツオイルが解けてきたら、材料を切ったナイフで軽く混ぜる。

STEP.4
冷やす
完全に溶け切ったら、鍋から取り出し、冷蔵庫に入れて冷やす (常温になるまで放置してもOK)。

ポイント
ここでもやけどに注意。中身をこぼさないように。
STEP.5
完成
固まったらできあがり!

完成品は蜜蝋のような色になる。なお15g程度だと、あまりココナッツの香りはしない。作るのに約30分くらい、冷やすのには20分くらいかかった。

注意
温かい場所に置いておくと、かなりゆるくなる。持ち歩きたい人は密閉度の高い容器に入れよう。

ボディクリームの使い方

適量をすくって気になる部分にのばすだけ。

私は顔、身体全体にガンガン使っている(さすがに髪にはつけない)。体温で溶けるので伸びの良さに驚くはずだ。私の場合、80グラムほど作って、だいたい2~3週間位で使い切る。手作りなので、時間が立ったものは捨てた方がいいかもしれない。

繰り返しになるが、肌に合わない場合はすぐ使用を中止してね。

手作りのメリット

市販のものだと、なかなかお気に入りの商品に出会えなかったりする。特に私のような動物由来成分を避けているヴィーガンや、防腐剤や着色料、香料が気になる人は自分で作った方が簡単だ。材料の入っているパッケージを気をつけて選べば、プラゴミを減らせるのも嬉しい。

まめにつけたら乾燥がかなりマシになったが(サボってまたガサガサになるんだけどね…)、季節によって材料を調整して軽くしたり、重くしたり調整できるのもメリットだ。

また個々の材料を、用途に合わせて使えるという点もあげておこう。例えばホホバオイルは髪につければ燥防止になる。ココナッツオイルは料理やお菓子作りにも使える。

興味があったら挑戦してみてください。作るの楽しいですよ!

ではまた!