ペニーのニッケルボード購入!1日目の感想と練習時の注意事項

映画『LIFE!』で、アイスランドの美しい自然を背景に、ベン・スティラーがスケボー(ロングボード)で坂道を一気に駆け下りるシーンがある。

これが爽快。

映画を見て以来、いつかスケートボードをやってみたいと思っていた。
トリックはできなくて良いので、とにかくシャーーー!という爽快感がほしい。

安くて初心者向けのやつはあるかな?と思ってネットで調べたところ、ミニクルーザー、しかもペニーボードが良いという情報を手に入れた

軽くて簡単、初心者でも手が出しやすいという。
見た目も気に入ったので、買ってみることにした。

Penny SkateboardsPenny Skateboards

PennyかNickelか

ペニーボードを買うと決めたは良いが、お店で試しに乗ってみたら、非常に怖かった

小さく軽いせいか、少し足を載せただけでツツツーと前へ行ってしまい、転びそうになった。
日頃、まったく運動しない私である。
安定感に非常に不安が残る。

改めてネットで調べると、ペニーより一回り大きいニッケル(nickel)シリーズの方が安定感があるらしい。
実際乗ってみると、幅があるせいか、ゆったり乗れた

ということでニッケルボードを購入した(120ユーロなり)。

ニッケルボードに初挑戦

家の裏の駐車場で練習してみた。

感想。

ペニーより安定感が良いが…やっぱり怖い!

へっぴり腰で20メートルくらいをまっすぐ行くのが精一杯。
スピードが出たら怖くなって泊まってしまう。

2時間くらい練習して、なんとか

  • 乗る、止まる
  • 20メートルくらい走る
  • 30度位だけ方向転換

ができるようになった。

まだまだプッシュで前に進んだりは無理。
恐る恐るやっているので、歩くのと変わらない早さだ(笑)。

練習時に気をつけること

超初心者の私が、ニッケルを練習して思ったことをまとめておく。

①ヘルメットはした方良い!

安全面もあるが、心の安定させるため。

②ストレッチしてから始める

転ぶと思いがけない体勢になる。ストレッチして身体を伸ばしておこう。

③立ってるだけでは気付かない程度の坂がある平坦な場所でやる

ビー玉がゆっくり転がっていくくらいの微妙な斜面。
まずは上り坂に向かって漕いで、足の載せ方、止まり方を練習。
次に下り坂で走る感覚をつかむのが良いかと。
小石などの障害物はどけておく。

④人通りが少ない場所でやる

最初はへっぴり腰になり、格好悪い。
人目を気にせず思いっきり練習できる場所が良い(ただ携帯は持っておこう)。

⑤足の載せる位置に注意!

後ろ足をボードの末端ギリギリに載せて転ぶ、というのを2、3回やった。
足はタイヤの真上に載せると安定する。

⑥youtubeの初心者向けのレッスン動画は役に立つ

初心者がなにを練習すべきか教えてくれる。
見ると見ないじゃ大きな差。

夫は「どうせ1週間くらいで飽きるでしょ。」とかなり冷たい。

くそー、シャーーー!って乗れるようになってやる。

↑このビデオは参考になった。