エコバッグは本当にエコ?より環境にやさしい買い物袋を考える

エコバッグはエコじゃない?

ねこ

エコバッグでレジ袋を減らせば、環境に優しいよね。
私もそう思っていたんだけど、エコバッグが必ずしも環境に優しい訳ではないみたいよ

みんみ

ねこ

そうなの?
じゃあ、今回はどの買い物袋がエコか、考えてみようか。

みんみ

 

先日、フィンランド公共放送のサイトに「どれが1番環境にやさしい?プラスチックの袋、紙袋、オーガニックコットンの袋」という記事があった。

Mikä näistä on ekologisin: muovipussi, paperikassi, kangaskassi vai luomupuuvillakassi?

記事には、使用回数が1回だけの場合、プラスチックの袋がもっとも環境に優しいと驚きの内容が書かれていた。

布や紙の袋を使う場合は、決まった回数を使わないと「エコ」にはならない、というのがその理由だ
中でもオーガニックコットンの袋は、約2400回使ってはじめてプラスチックの袋よりエコになるらしい。

2400はかなり努力しないと実現できない数字だ。
果たしてエコバッグは環境に優しいのだろうか?

そこで今回は、買った商品はどう持ち運ぶのがよりエコか?について考えてみよう。

エコバッグと一生付き合う覚悟はあるか

これは14種類のショッピングバッグを比較したデンマークの調査だ。
原材料、製造、使用、廃棄を考慮した上で、環境へ与えるフットプリント(負荷)を計算したものである。

Life Cycle Assessment of grocery carrier bags(2018年)

調査によると、紙袋は約11回、布バッグは約840回、オーガニックコットンの袋は約2400回再利用されないと、プラスチックの袋よりエコにならないという。
※なお、記事によるとプラスチックの袋はゴミ袋として再利用される

  • 紙袋 11回
  • 布バッグ 840回
  • オーガニックコットンの袋 2400回

エコバッグは「環境にやさしい人」のシンボルだったので、なかなか衝撃的である。

エコバッグを買ったり、もらったりするには一生ものの覚悟がいるとは、考えもしなかった。

脱プラスチック、エコバッグ推進派の私も、うかつに勧められないではないか。

ゴミを減らす7つのロー・ウェイストアイテム携帯必須!使い捨てゴミを減らすのに役立った7つのアイテム

 

じゃあプラスチックの袋がエコなの?

ビニール袋に入ったりんご

こう書くと、「じゃあプラスチックのバッグを使う!」と思う人もいるかもしれない。

しかし、プラスチックの袋はマシと言うだけで、環境に良い訳ではない

プラスチックは自然に還らず、たとえば海洋汚染の原因になっている。
ウミガメやクジラがビニール袋を誤飲したり、野生動物の身体に巻き付いてしまうケースもある。

プラスチックの袋も、なるべく使わないに限る。

CNN.co.jp : クジラの死骸から22キロのプラスチック、胎児も死ぬ イタリア

 

よりエコな買い物袋は?

手に持つのが最強

では、脱プラスチックの観点から見ると、どの買い物袋がよりエコなのだろうか

結論としては、

  • 今あるエコバッグ
  • プラスチックの袋(再利用)
  • その時持っているバッグ
  • 紙袋

になるだろう。

今あるエコバッグをなるべく長く使う

今使っているエコバッグを続けて使う。
布バッグなら840回、オーガニックコットンなら2400回の再利用を目指す。

プラスチックの袋も再利用する

プラスチックの袋でも再利用ならOKとする。
穴が開かないように気をつければ、コンビニのレジ袋は意外と丈夫。

その時持っているバッグに押しこむ

買い物ように別の袋を使わず、その時に持っているバッグに押し込む。
ポケットも使える。

エコバッグを忘れたら、紙袋にする

どうしても袋が必要な場合は、紙袋にする。
11回ほど再利用すれば、プラスチックの袋よりエコになる。

持てるなら、手で持つ(最強)

量が少ないなら、手で持ち運ぶ。
移動距離が短い場合はこれで結構いける。

 

我が家の場合

空のバックパックは必須

さて、私はどうしているかというと、エコバッグを持ち歩きつつ、基本はいつも使っているバックバックになんでも放り込んでいる。

vegan shops日本から買える海外ヴィーガン・ファッション通販サイトまとめ【随時更新】

 

なお食材の買い出しなどは、夫と2人で空のバックバックと大きめのトートバッグを持っていく。

我が家の買い出し
  • 空のバックパック(夫&私で2個)
  • 大きめのトートバッグ

まとめ買いでかなりの量になるが、プラスチックの袋は一年以上使っていない

長ネギがバックパックから飛び出して恥ずかしい時もあるが、「フランスパンを買ったフランス人と同じだ」と考えるようにしている(笑)。

エコバッグ=グリーンウォッシュの可能性あり

グリーンウォッシュ?

今までエコバッグには良いイメージを抱いてきたが、その見方を変えるべき時が来たのかもしれない。

特にイベントで配られるエコバッグは、典型的なグリーンウォッシュ・アイテムと認識してもいいのではないだろうか
絶対に840回も使うことを想定していないはずだ(本当にサステイナブルな取り組みをしている一部企業をのぞく)。

うわべだけ環境保護に熱心にみせることを「グリーンウォッシング」と言います。「グリーン(=環境に配慮した)」と「ホワイトウォッシング(=ごまかす、うわべを取り繕う)」を合わせた造語で、主に企業の広告や企業活動などに対して使われます。

グリーンウォッシングとは・意味 | Sustainable Japan

 

そういえば、つい先日もイベントに行ったら、おしゃれなエコバッグが無料配布されていて、複雑な気持ちになった。

一緒いた人は「わー、かわいい!」と言ってもらっていたが、光が透けるような薄い生地でできていて、長持ちしそうには見えなかった。

使わない…絶対、840回も使わない…。

みんみ

ちなみに、キャンペーンやイベントで配られるエコバッグは、期間が終わったら廃棄される運命である。

全然エコじゃない

一生付き合うつもりでエコバッグを買うのは良いが、無料の販促エコバッグをもらうのは辞めよう


今回はここまで。

ではまた~!