ネイティブがよく使うフィンランド語の悪態、罵り言葉5選

ねこ

せっかくフィンランド語をやるなら、ネイティブが使うリアルな表現も知りたい!
乱用厳禁だけど、カースワードなんてどうでしょう?

みんみ

穏やかなイメージのあるフィンランド人だが、意外とよく悪態をつく。

Fワードに相当する言葉もよく聞くし、IT系の夫はコンピューターの前で「クソPCがあぁ!」と叫んでいる。
フィンランドに対し「森でゆったりライフ★」なイメージがあった私はガッカリしたものだ。

外国語であろうと、汚い言葉は使わないに限る。
しかし、学んでおけば役に立つこともある。
相手がイライラしているとか、不穏な空気を感じた時に状況を読み取る助けになる。

そこで、今回はフィンランド語の悪態、罵り言葉を5つ紹介しよう

辞書をベースに記事を作成したが、ニュアンス違いなどがあったらツイッターでご指摘願います。
では行きます!

Vittu (ヴィットゥ)

意味: 女性器、ちくしょう、ファック、しまった

vittu ヴィットゥ

vittuは女性器を指す言葉だが、本当によく聞く。
主に失敗した時、痛い時、イライラした時に使う。
英語のFuckに近い。
vittuはスウェーデン語の「fitta(女性器)」が由来である。

小中学生に最も人気の悪態だそうで、最近は「ありえなーい」「まじむりー」的な感じでカジュアルに使われているようだ。
しかし、決して美しい言葉ではないだろう。

人に向かって言う場合は「haistaa(嗅ぐ)」という単語と組み合わせる。

例: Haista vittu!

クソくらえ!

ねこ

直訳すると「あそこの臭いを嗅げ」だが、ニュアンス的に「クソくらえ」にした。

Perkele(ペルケレ)

意味: 悪魔(敵)め、ちくしょう、しまった

perkele ペルケレ

これもよく使われる罵り言葉。
失敗した時、痛い時、イライラした時などに言う。

perkeleは古い悪態の一つで、もともとはバルト系の雷神「ペルクナス」から来たそう。
その歴史は2000年とも3000年とも言われている。

例: Perkeleen äijä varasti mun auton!

野郎が車を盗みやがった!

ねこ

Rのルの部分を巻き舌でドルルルゥっとやると、よりこんにゃろー!感が出る。

参考 Perkele on yksi vanhimmista kirosanoista – tiedätkö kirosanojen taustat?Yle Uutiset | yle.fi

Saatana(サータナ)

意味: サタン、悪魔(敵)め、ちくしょうめ

saatana サータナ

perkeleと似た言葉だが、saatanaはヘブライ語の「sãtãn」から来た言葉で、悪魔(サタン)を指す。
失敗した時、痛い時、イライラした時などに呟くイメージがある。

一気に「サータナ!」と叫んだりもするが、「サータ…!」とちょっと溜めて言ったりもする。

例: Saatana saatana…

ああ、もう…

ねこ

Saatana saatanaはうまく行かない時に「ああもう、まったく」という感じで使える。

参考 SaatanaWikipedia

Paska(パスカ)

意味: 大便、クソ、くそったれ

paska パスカ

日本のクソと同じように「パスカ(クソ)!」と叫ぶなどして使う。

ダメダメな物事に対して使うこともある。
例えば、「この商品はパスカ(クソ)だね」という感じだ。
汚れを指すこともある(例. このお皿、ちゃんと洗ったのにパスカがついてる)。

人に向かって言う場合は「haistaa(嗅ぐ)」という単語と組み合わせる。

例: Haista paska!

クソくらえ!

ねこ

直訳すると「クソの臭いを嗅げ」だが、ニュアンス的に「クソくらえ」とした。

フィンランドのおもしろい地名フィンランドにある珍地名15選「クソ池」「 ヘンタイの地」「下半身」

Helvetti(ヘルヴェッティ)

意味: 地獄、まったく、最悪

helvetti ヘルヴェッティ

helvettiは地獄という意味。
問題が起きた時や物事がうまくいかない時に「まったく!」なんて感じで使われる。

例: Voi helvetti!

もう最悪!

ねこ

Voiは感嘆の意味で、他の悪態表現にもつけることができる(Voi saatanaなど)。


以上5つでした。

ちなみに、こちらのビデオではPaska以外の言葉が繰り返し使われている。
リスニングの練習にどうぞ(笑)

なお、これらの言葉はポジティブに使われることもある。
例えば、vitun iso =「バカでかい」、や helvetin hyvä=「クソうまい」など、強調の意味になることも(が、決して上品な表現ではない)。
そのため、こられの言葉を聞いても必ずしも怖がる必要はない。

使う機会はないと良いが、参考になれば嬉しい。

ではまた!