合掌するトルコ人と裏切り-フィンランド移民学校で差別体験

prayer

移住して1年目の2012年、移民向けのフィンランド語学校に通っていた。

学校には30-40カ国々から来た100人ほどの生徒がおり、うち日本人は2人だけだった。
こんなインターナショナル空間は初めてだったので、毎日おもしろくて仕方なかった。
イライラすることもあったが…。

中でもおもしろかったのが、移民たちから聞く変な日本情報だった。

「日本人は犬食べるんでしょ?」
「子どもに名前を付ける時、お皿割るって本当?」
「日本人と言えばジャッキーチェン!」
「ブッカケ!ヘンタイ!」(これは正しい?)

中国、韓国と混同しているものから、どこから仕入れたのか、かなりトンチンカンな情報まであった。

私は「自分だっていろんな国に先入観を持っているし、間違って覚えている情報もあるだろう」と思い、この手の情報を聞いたらサクッと訂正して、おもしろがることにしていた。
嫌な気持ちになることはなかった。

しかしいくら訂正しても間違った日本イメージを持ち続けるヤツには辟易させらた
中途入学してきたトルコ人である。

アジア人差別?

フィンランド語コースは約9ヶ月だったが、学期の半ばにトルコ人の青年がクラスに加わった。
名前はイルハンとしておこう(サッカー選手からお借りしました)

イルハンは映画『300』に出てきそうなインパクトのある体格していた。
声もでかく、初日から「チーーーッス!」という感じで教室に入ってきたので「すげえヤツが来た!」とクラス全体がざわついたのを覚えている。

 

イルハンは底抜けに明るい人だった。
授業中は「先生!先生!」と元気に手をあげ、おもしろくない冗談を飛ばし、若干ウザがられていた。
しかし親切な一面もあり、すぐクラスになじんだ。

彼が良いヤツなのは間違いなかった。
しかしイルハンには差別的な言動をサラッとしてしまう重大な欠点があった

私に対して、「ホワッチャー!」と叫びながら、カンフーのような動きをしたり、「アジア人ってこんな目だよね」と指で目の吊りあげたり、「チャーチャーチョーチョー」と言ってくることがあった。

アジア人差別かと思ったが、彼はどの国の人にも似たような言動をしているようだった(イタリア人に「マンマミーア!」と叫ぶ的な)。
私は彼を「しょうがない奴」に分類して、無視するようになった。

ただ、毎回注意はした。
差別的な行為であることは間違いないからだ
「それは日本じゃないよ」「日本人はそんなことしないよ」と。
しかし、ガハハ!と笑って逃げられるのがオチだった。

合掌するトルコ人

neon hands

イルハンの行動で1番イラっときたのが、手を合わせてのお辞儀だった

他の生徒には「イエーイ、元気!?ハイファーイブ!」と手を上げるのに、私にだけ手を合わせてお辞儀をしてくるのだ。
何度「やめて」と注意しても辞めなかった。

日本人の友人が側にいた時は、2人がかりで説明したこともあった。

  • 日本では合掌しながらお辞儀をする習慣はない
  • 例外的に手を合わせることもあるが、日常的にするものではない
  • よって、合掌しながらのお辞儀は日本の挨拶ではありません

じっくり説明した。
でも、辞めない。
その根性に脱帽である。

海外に関わりのある人なら、外国人に同じような指摘をした人もいるだろう。
少し前に、ツイッターで#名画で見る在外邦人というタグが流行り、こんなツイートをしたが、200以上のいいねをいただいた。

 

しかし、イルハンほどしぶといヤツはいないかもしれない。

「これは戦争や」

私はなぜか関西弁で思った。

まさか!裏切り者が世界に

scream

しかし、職業訓練(店や企業で働く体験をする授業)がはじまり、イルハンとの戦いはうやむやになった

職業訓練が終わった後は、卒業後の進路が気になるころ。
クラスメイトと積極的に絡まなくなった。
結局、そのまま2012年終わりに卒業を迎えた。

 

それからしばらくして、日本のニュースサイトに「東京オリンピック決定!」の文字を見つけた。
そこには、滝川クリステルさんのオリンピック招致のスピーチが紹介されていた。

私は早速見ることにした。

滝川さんは美しく、落ち着いた声でスピーチを始め「いいじゃん!」と思った。
しかし、すぐ「お、も、て、な、し」と言うと、合掌し頭を下げてお辞儀をしたので目を疑った

滝川さん、それやったらダメなやつ。

まずもって、このお辞儀が何を意味しているのか解らなかった。
祈りでも、お願いでもない。
「外国人がイメージする日本」を演じたのだろうが、外国人には「敬意を示した挨拶」とも解釈されるはずだ。

イルハンにあれだけ注意したのに~(泣)。

「これは在外邦人に対する裏切りや…。あんさん、余計なことしてくれはったなぁ。」
私はどこの方言とも解らない落胆の言葉を口にした。

イルハンとは休戦状態だと思っていた。

しかし、身内からの裏切り行為により、イルハンの勝利が決定した
負けられない戦いだったはずなのに…。
私は散った。

せめてもの救いは、当時同じクラスにいた別のトルコ人の女の子だ。
彼女は、イルハンのことを「He is strange.(彼は変)」と言っていたので、相当な変わり者だったのかもしれない。
彼は例外、そう思いたい。

2020年の東京オリンピックでは、合掌お辞儀が行われないことを願う。
…めっちゃ心配。