実践で使える!通じるフィンランド語の話し方【ポイントは5つだけ】

how to speak finnish

7年フィンランド語を勉強し、やっと困らない程度に会話ができるようになった。
しかし、ここに来るまでは次のような状態だった。

  • フィンランド語学校では優秀だったのに、実践でなぜか通じない
  • 通じているのか、通じていないのかよく解らない困った顔をされる
  • 誤解を生んで慌てる

語彙はそこそこあるし、文法だって悪くないはずなのに…。

一方で、フィンランド語があまり上手くないのに、なぜか全部通じる外国人がいることを不思議に思っていた。
外国人の私が聞いてもそう感じるのだから、めちゃくちゃなフィンランド語である。
しかし、なぜか話が通じてしまうタイプが一定数いる。

私はこのタイプの外国人に遭遇すると、必ず観察するようになった。
実は、最近サンプルが増え(笑)、彼らの話し方に共通点があることが解ってきた。

そこで、この記事では私の観察をもとに「フィンランド語の基礎はできてるのに、なぜか実践で通じない」という人への5つのアドバイスをまとめた

ブロークンなフィンランド語でも通じてしまう人の共通点

「フィンランド語がブロークンなのに言葉が通じるタイプ」の話し方には5つの共通点があった。

  1. 大きな声でハッキリしゃべる
  2. 前置きがない/短い
  3. 短いが的確な文章を作る
  4. 情熱のあることを話す
  5. 自信を持つ

どれもすぐ実践できる簡単なテクニックばかりだ。
これができれば、あなたも通じるフィンランド語の話し方をマスターできることだろう
では1つずつ見ていこう。

大きな声でハッキリしゃべる

フィンランド語がブロークンなのに通じるタイプの人は、とにかく声がデカかった

外国語のコミュニケーションにおいて、声の大きさは重要なようだ。
少なくともハッキリ話すことを心がけて損はない。

もちろん、中には「ヘタなフィンランド語を大声で話すのは恥ずかしい」という人もいるだろう。
しかし、彼らは

「喋れないんだから、しょーがないじゃん。」

という精神のように見えた。
見習いたい。

余談だが、フィンランド語の失敗エピソードはフィンランド人が高確率でウケてくれるおいしいネタだ。
失敗もポジティブにとらえよう。

「海外生活は恥との戦い」恥ずかしい言葉の間違え
ポイント
  • 聞こえない=通じない
  • 声をはって、ハッキリ話す
  • 失敗は鉄板ネタになる

前置きがない/短い

フィンランド語がブロークンなのに通じるタイプの人間の、単刀直入ぐあいはスゴイ

いきなり核心をバコーン!とぶん投げてくるので、まわりの人間は「!?」となる。
しかし、おかげで「あーこの人は、こう言いたいのね」と解る。

特に長い前置きをしてしまう人は、すぐ本題に入るクセをつけよう

ポイント
  • 会話は出だしが肝心
  • 前置きはそこそこに、早めに本題に入る

短いが的確な文章を作る

フィンランド語がブロークンなのに言葉が通じるタイプの人間は、短い単語で会話していた

「はい!」「いいえ!」「好き!」「嫌い!」「わからん!」「なんで!?」

言っていることがシンプルなので、とにかく分かりやすい。

細切れにしすぎて解りにくくなるケースもあるが、短くまとめた方が通じやすい。
情報をしぼり、正確に話していく方がコミュニケーションはうまく行く。

ポイント
  • 一文のなかに情報を詰め込みすぎない
  • 短く、シンプルな情報を1つずつ投げていく
補足
文を作る時に気をつけて欲しいのは、疑問文は必ず疑問系にすること

日本語は「行く↑?」と語尾をあげれば疑問文になるが、フィンランド語の場合は、疑問形を作る「ko/kö」を忘れずにつけよう。

 

ちなみに、フィンランド語がブロークンなのに通じるタイプのあるポルトガル人は、疑問文に必ず「Onko」とつけていた。

例「Onko menee kotiin?」

英語なら、「Is go home?」と言っているようなもの。
文法的には大間違いだが、結構通じる。
この柔軟さは素晴らしい(正しくは Menenkö kotiin?)。

情熱のあることを話す

フィンランド語がブロークンなのに言葉が通じるタイプの人間は、情熱や意見を持っている内容について話していた
※逆にそうじゃない話題には乗ってこないことも

情熱や意見があると、だれもが必死に伝えようとする。
そうすると、会話に熱が帯び、相手も真剣に聞く。
結果として、ブロークンなフィンランド語でも通じる可能性が高くなる。

ところで、フィンランド人は世間話(スモールトーク)をあまりしないと言われる。
また、話したいことがない時は、沈黙しても失礼にあたらないとも言われている。

裏を返せば「話すということは、それだけ伝えたいメッセージがある」と解釈される

もし、世間話をフィンランド人にふって、通じなかったという人は「通じても通じなくても困らない話題」をふっていなかったか考えよう。

とういうのも、フィンランド人はどうも「メッセージ(伝えたいこと)の無い話」が苦手らしい。
反応に困ってしまうようだ。

語学力がまだ弱い時点で、メッセージの無い世間話をするのはハードルが高い。
わざわざ通じない話をふるようなものである

会話は、「一言言わせて!」と思う情熱や意見のある内容を選ぼう。

ポイント
  • 世間話は上級者向けと心得よ
  • 自分が「伝えたい!」という話をする
  • 通じる内容を選ぶ

自信を持って話す

フィンランド語がブロークンなのに言葉が通じるタイプの人間は、自信を持って話していた

自信を持って話している人の話には、価値があるように聞こえる。
だからみんな耳を傾けるし、理解しようと努力する。

正直、「あんり上手じゃないのに、どうして自信満々なんだ?」と思ったりもする。

きっと個性なんだろうなぁ…。

残念ながら、自信は一朝一夕で得られるものではない。
しかしテクニックとして、自信を持っている風に装うこともできる。

  • 落ち着いた声で堂々と話す
  • ヘラヘラしない
  • 目つきを鋭くする

少し話はずれるが、アメリカに叔母が住んでる。
彼女は小柄なのだが、いつも眉毛をキリリッと描く。

キリッとしすぎて違和感があると思っていたが、あの眉毛があると妙に自信たっぷりに見えた。
「自信満々に見せる」という彼女のサバイバル術なのかもしれない。

ポイント
  • 自信がある人の話は、みんな真剣に聞く
  • ハッタリでも堂々と話すよう心がけよう。

以上!

もちろん、長文のフィンランド語が話せた方が良いし、世間話だってできた方が良い。
しかし、通じない!と悩んでいる人は、少しでもやり方を変えてみることで、新たな気づきがあるはずだ。

どれも簡単に実践できるので、気になったらトライしてみてください。

少しでも役に立つことがあれば嬉しい。

ではまた!Moikka!