日本の「国際」がズレてると実感した思い出【世界へはばたけ?】

東京オリンピックも近づき、日本のおもてなし準備も佳境に入ったのではないだろうか。

しかしツイッターで「アメリカ人の友人が羽田空港で財布を落としたが、英語で対応できる職員がいなかった。しかもアメリカへの郵送にも対応してくれなかった。」という話を見かけて笑ってしまった。

そういえば、東京オリンピック誘致の際に「日本では財布を落としても、高い確率で戻ってきます」とアピールしていた記憶がある。
確かに、拾った財布を届ける人は多いが、「日本では財布を落としても、高い確率で戻ってきます、国内なら」と言い換えねばならないだろう。

この例にもれず、日本の言う「国際化」はズレてる。。。と思うことがよくある。

そこで今回は、5年ほど前に体験した「国際、国際と言っていたのに、あんまり国際じゃなかった体験」をシェアしよう。

世界にはばたけ!

5年ほど前、フィンランドで進学を考えていた私は、願書の準備をしていた。
その際、高校の卒業証明書と単位修得証明書がいることがわかり母校にメールをすることになった

メールには次のことを書いた。

  • 今フィンランドにいます
  • 英語の卒業証明書と単位修得証明書がいるので郵送してください
  • 発行手数料や送料の払い方を教えください

世界にはばたけ?

friends

↑留学ってこういうイメージあるよね

ところで、私の高校のモットーは「世界へはばたけ」だった。
国際社会で活躍できる人材を育てる!と言っては、交換留学や英語のディベート大会など、がんばって国際イベントをやっていた。

学期はじめの集会では、必ず海外で活躍する卒業生の話が添えられた。
そして「世界にはばたけ!日本を飛び出せ!」と話を締めくくるのがお決まりだった。

(今ちらっと母校のホームページを見たら、相変わらず「世界」の文字が並べられていた笑)

 

さて、高校からはすぐ返信が来た。

しかしそこに書かれていたのは「海外へ証明書の郵送は行っておりません」だった。

 

 

…え?

えぇーーー!?

 

あれだけ「世界へ!日本を飛び出せ!」と言っていた学校が、海外へ郵送しない?
先生方の言っていた通り、世界にはばたこうとしているんですよ?
あー、はー、そうですか…。まあ、そういうこともあるのかな…。

人は飛び出していいけど、卒業証明書は世界へ飛び出させないことが判明した。

そして、その後に続く文章に目を疑った。

「卒業証明書は英語版がありますが、単位修得証明書は日本語のみの発行となっております

 

国際はどこへ?
世界、世界と言っていたのに、対応がほとんど国内向けだったのだ。

世界にはばたけ(自力で)!

まぁ、海外へ郵送したくない高校の気持ちも解らなくはない。
紛失するかもしれないし、国ごとに違う郵便制度に一々対応していられないだろう。

でも、海外の大学進学について説明会もしていたのだから、単位修得証明書の英語版があっても良いんじゃないの?と思ってしまった。

結局、証明書は実家に送ってもらい、親に転送を頼むことになった。
(親がいなかったらどうなっていたのだろう…恐ろしい)

調べてみると、英文の単位修得証明書がない学校も多いことが解った。
自分がワガママだった?とちょっと反省した。

 

数日後、親から送られてきた書類が届いた。

中身を確認したら、「は?」と声がでた。

単位修得証明書に書かれていたのが「履修済み 数学: 数学I…4 国語: 現代国語…3 英語: 英語Ⅰ…4」と、この上なくシンプルな内容だったのだ。

このレベルなら素人でも翻訳できそうなのは、気のせいかしら…。
単位修得証明書を英文化できない裏事情でもあるのか?

その後、単位修得証明書は翻訳に出したのだが150ユーロかかった(自分での翻訳は不可だった)。

おもてなしとは違うが、日本の国際ってズレてるわ…と思った瞬間であった。

ではまた!

 

フィンランドに高校留学した方のお話。進路に迷ってる学生さんにおすすめ。