海外移住する友人への餞別、ギフト選びで気を付けたい5つのこと

プレゼント

 

きみ

友達が海外移住するんだけど、お餞別は何がいいかな?
ちょっとだけ気をつけて欲しいことがあるよ!

みんみ

留学、海外赴任、結婚などで海外に引っ越す人が増えている。
そこで、日本を離れる友人になにかお餞別を…と考える人も多いはずだ。

しかし海外移住となると、どのようなギフトが喜ばれるか解らない人が多いだろう。

私はフィンランドに移住する時、「一生懸命考えてくださったんだな」と思うギフトをたくさんいただき感動した。
一方「ちょっと困ったな」と思うものもいただいた。
気持ちは嬉しかったが、実家に置いてきてしまったギフトたちだ。

そこで贈った方も、贈られた方も残念な気持ちにならないよう、海外移住する人へのギフト選びで気を付けたいことを5つにまとめた

1. 重いもの、かさばるものはNG

置物の船

海外移住する人へのギフトは小さくて、軽いものが良いだろう
いただいて一番困ったのが重いもの、大きくて嵩張るものだったからだ。
置物、ずっしりしたアロマセット、分厚いニットセーター、中~大サイズのぬいぐるみなどだ。

郵便物の送料は重さで決まる
つまり重いものを贈るということは、もらった人がそれだけ送料を払うということ(スーツケースには重量制限がある)。
重さや大きさは、よく考慮したい。

移住先に持っていきやすい小さく軽いものがGOOD

たとえば、和風の手ぬぐいセットは今でも使っている。

 

2. 移住先の食生活に合うものを

レシピ本

日本では一般的なギフトでも、海外生活には合わない場合もある。

例えば料理のレシピ本

どんなおいしいレシピも、移住先で食材が手に入らなければ作ることができない。
私も何冊か頂いたが、本格和食のものは実家に置いてきてしまった。

調理器具も注意がいる。
日本はガスコンロが多いが、電気コンロが一般的な国もある。
うっかりガスコンロでしか使えない調理器具を贈ってしまったら、ただの置物になってしまう。

移住先でも役に立つものがGOOD(ググればすぐ解ります)

ネットではお箸の評判が良いようだが、あげるなら食洗機対応のものがおすすめ。

 

3. 工芸品は、移住先の気候を考えて

職人の手

漆や木製品など、乾燥や湿気で変形するものは注意がいる

漆は乾燥したところに長時間置いておくと、表面が割れてしまう場合がある。
製品によって差はあるようだが、乾燥した国に行く人に贈るのは控えた方がいいだろう。

木製の物も同様で、乾燥のため木が縮んで壊れてしまうことも。
(木桶をフィンランドに持って行ったら、水漏れするようになってしまった)

どうしても贈りたい場合は、お手入れ方法も伝えるようにしよう。

移住先でも長持ちするものがGOOD

4. 電化製品は電圧をしっかり確認!

コンセントのプラグ

電化製品を送るなら、移住国の電圧でも使えるか確認しよう

デジカメや携帯は世界中で大丈夫なものが多いが、例えば炊飯器、美顔機、空気清浄機などはよーくよーく使える国をチェックしてから購入を。
間違えるとただの鉄の塊である。

海外の電圧に対応する製品もあるので、ネットやお店で海外対応のものを探してみよう。
ただ電化製品は重いので、サプライズはNG。

移住先でも機能するものがGOOD

ちなみに我が家で使っている炊飯器はこれ。

5. 相手に思わぬ負担をかける「関税」

海外からの小包

見落としがちだが、かなり重要。

新品で高価なもの(例.電化製品、ブランド品)は、関税を取られる場合がある。
特に移住先にギフトを郵送する場合は、税関でひっかからないか考慮しましょう。
なぜなら払うのは「贈られた方」だから

私は親戚から高価なデジカメを贈っていただいたが、なかなか届かないなー、と思っていたらフィンランドの税関から100ユーロの請求が来た。

カメラは自分がリクエストしたものではなかったので、痛い出費だった。
贈った相手に思わぬ負担をかけないよう、気を付けたい。

相手に負担をかけない贈り物がGOOD

まとめ

  1. 重いもの、かさばるものはNG
  2. 移住先の食生活に合うものを
  3. 工芸品は、移住先の気候を考えて
  4. 電化製品は電圧をしっかり確認!
  5. 相手に思わぬ負担をかける「関税」

あと贈り物のマナーは今一度調べておきたいところ。
(使用済みのもの、不用品を贈ってくる人がいて困った^^;)

逆にとても嬉しかったものもある。

文庫本、包丁(日本の包丁は世界)、アクセサリー、手作りアルバムなど。
これらは今でも大切に使わせてもらっている。

ミニマリストを目指す立場から言うと、何が欲しいか聞くのが1番だね。

みんみ

ではまた!