ヴィーガンになって台所でのストレスが半分になった理由

vegan cooking

2017年11月からヴィーガンになり、肉、魚、乳製品、ハチミツなどを買わなくなった。

夫はヴィーガンではないので、2週に1度くらい冷蔵庫に鶏肉を見つけることもあるが、台所に動物性食品が置かれることはほとんどない。

ヴィーガンになる前はほぼ毎日、肉か魚、卵を食べていた。冷蔵庫には必ずストックがあったが、今思えば、この動物性食品がある台所はかなりストレスだった

今回は「ヴィーガンになればキッチンのストレスが激減する理由」を説明しよう。

清潔にしなきゃ!のプレッシャーから開放される

Eat what makes you happy

動物性食品は足が早い。買ったら数日中に食べないと、すぐダメになってしまう。嫌な臭いがしてきて「しまった!」と思ったことが何度もある。

買ってすぐ食べる時をのぞいて「このお肉(魚/卵/牛乳)はまだ大丈夫だよね?」と心配する人も多いだろう。

ところで夫はひどい熱と下痢で入院したことがある。直接の原因は解っていないが、それ以来、夫は肉にかなり神経質になった。

賞味期限が1日すぎただけの肉でも、「捨てて!」と言われた。「見た目も臭いも大丈夫そうだよ」と言っても「ぼくは食べない」と宣言される。こういうやり取りをしていると私も気持ちが悪くなって、食べずに肉を捨てたことが何度かある。
本当にもったいないことをした。

とりわけ肉には特別な注意がいる。サラダを先に切ってから肉を切る、肉にちゃんと火が通っているか確認する、生の肉汁が飛ばないよう注意する、など。

手や食器を洗うのに気を使っている人も多いだろう。私は生肉や生魚を切ったまな板はしっかり洗っても、菌が残っているんじゃないかと思って熱湯をかけたりしていた。

当時使っていたまな板はプラスチック製だったのだが、熱湯をかけるのは良くなかったと思う。

プラスチックの保存容器は安全?有害な化学物質を避けるためにできること

 

菜食だと、キッチンがさっぱりする

グリーン野菜

菜食になった今、これらのストレスはほぼ無くなった。もちろん今でも清潔にするように気をつけているが、動物性食品を扱っていたころの比ではない。

洗剤を多めにかけてゴシゴシこすったり、食洗機を高温モードにすることもなくエコになった。もちろん野菜だからと言って、油断して良いわけではないが、清潔へのプレッシャーからは開放された。

参考 食中毒の原因と種類農林水産省

 

台所に動物性食品がないことで、漠然とした「肉への気味悪さ」も減る。よく考えれば生きていた動物の体であり、体液であり、生理であったのだ。

うっかり食材をダメにしてしまった時の罪悪感も減った。野菜だってもちろん大事だし、フードロスが出ないように気をつけている。しかし、犠牲になった動物の肉を捨てるのは最悪だと思う。

また牛乳は常温に置いておくとすぐダメになるが、豆乳などの植物性ミルクは大丈夫な場合が多いのでおすすめ。

もちろん世界には動物性のものを食べないと生きていけない場所もある。しかし、選択肢があるならヴィーガンはおすすめだ。栄養のバランスを考えたプラントベースダイエットなら、健康に問題ないことは証明されている。

 

参考 ホリエモンの「ヴィーガンは健康に悪い」発言に、文教大准教授「栄養学的根拠ない、思い込み」Foodist Media by 飲食店.COM

台所は「家の心臓」と呼ばれている

料理をする、食べる、飲む、洗う、捨てる、保存する…など、生活に欠かせない多くの役割を担っているからだろう。台所がダメになれば、生活全体が崩れてしまう、とも解釈できるかもしれない。

だから台所はできるだけ気持ちのいい空間にしたいものだ。特に口に入れる食べ物を扱うので、「清潔」であることが何より気をつけたい。

ぜひトライしてみてください。