モバイルページの表示速度が遅くなった原因【SANGO/WordPress】

モバイルサイトが遅かった原因

昨日、スマホからブログを確認しようとしたら、表示がめっちゃ遅い

WordPressでテンプレートはSANGOを使っているのだが、こんなはずは無い!と焦った。

しばらく放っておいたら表示されたが、かなり時間がかかった。PageSpeed Insightsで表示速度を測ってみたら、32!遅い!

PageSpeed Insights Mobile 32

PCの方は99なのに。。。

PageSpeed Insights PC

モバイルページは表示速度が遅いほど直帰率があがるらしい。しかもSEOにも関係しているというので急いで改善することにした。

なお、私がトライしたことを順番に書いているが、答えだけ知りたい人は目次から「まとめ」へどうぞ。

高速化プラグインを投入

まず本家サイトさんに行って問題を調査。表示速度が遅くなる原因をチェック。

参考 WordPressの高速化〜表示速度を上げる12の技〜サルワカ

しかし、あまり思い当たるものがない。。。
いろんなページを見て回っておすすめされていた良さそうなプラグインを投入。

  • Autoptimize
  • Compress JPEG & PNG images
  • Scripts-To-Footer
  • WP-Optimize

結果…。

 

ほどんど変化なし!なんでー!?変わっても、せいぜい38とか。ちょっと良くなっても、もう一回見たら元に戻っていたり。

唯一効果があったのが、 a3 Lazy Load投入後は40前後に。

参考 a3 Lazy LoadWordPress.org

プラグインを消す

そもそもカスタマイズ前のsangoの表示速度は悪くなかった。後から足したものが原因なのは明らか。

そこでSNSのシェア数を表示するプラグイン「SNS Count Cache」を停止してみた。

PageSpeed Insights Mobile 45

45に上がった!けどまだ遅い。

犯人はTwitter!

この辺りで万策尽きかけていた。もうどうすりゃいいの?って。そして改めてモバイルサイトを見たところ、犯人を発見。

こやつ。

Twitterウィジェット

Twitterウィジェットの埋め込みを消したら、急に61に!

PageSpeed Insights Mobile 61

それでもまだノロイが、普通になって一安心。

まとめ

とりあえず、私に効果があったのはこの3つ。

  • a3 Lazy Loadを入れる
  • SNS Count Cacheを消す
  • Twitterウィジェットを消す

特にツイッターウィジェットの埋め込みはPCオンリーにした方が良いかもしれない。

では!