フィンランドで結婚式をやって驚いた日本の結婚式との違い

※この記事は以前運営していたブログの記事をリライトしたのものです。

2013年前の夏、フィンランドで結婚式をあげた。
夫の親戚や友人、そして私の両親、兄弟、友人が日本からわざわざ来てくれて、最高に楽しかった。

途中、準備の大変さにへこたれそうになったが、やって良かった(結婚式をやろうか迷ってる人、やれるならやっておいた方が良い)。

今回は日本とフィンランドの結婚式の習慣のちがいを経験をもとにまとめてみよう。

結婚式は手作り&自由

ふつう日本では、結婚式場を予約すれば式から披露宴までのもろもろがついてくる

一方、フィンランドでは日本のような”結婚式セット”はあまりなく、教会、式場、料理などは自分たちで手配するのが一般的。
※お金持ちはウェディングプランナーにやってもらうそう

私たちはホテルを利用したので、大抵のものはホテルからオーダーしたが、例えば公民館のような場所だと食事の手配、会場の飾りつけ、音響セッティングなども自分たちでやらなければいけない。

手間はかかるが、逆に言えばそれだけ自由。自分たちのアイディアで、オリジナルの結婚式を作ることができる。

私がいちばん印象的だったのは、結婚の誓いを自分たちで考えたこと。教会は使わなかったので誓いの言葉、場所、飾り付けなどを1から夫と相談して作り上げた。

親戚にスピーチを頼み、リボンや花で飾ったガーデンニング用のアーチをホテルの庭にブッ刺し(笑、本当にただ芝生に刺した)誓いの場にした。
自分たちで作りあげたと思うと感動的だった。ちなみにこのアーチも園芸ショップで買って、色を塗ったDIY。

手作りだったおかげで、予算は日本の4分の一くらいに抑えらたと思う。

アイディアはピンタレストとマーサ・スチュワートのサイトを参考にした。
手作り結婚式を考えている人におすすめ。

Pinterest

Pinterest

Martha Stewart Weddings | Wedding Planning, Ideas & Inspiration

Martha Stewart Weddings | Wedding Planning, Ideas & Inspiration

重要なベストマン

ハリウッド映画でよく見る花嫁の友人からなるブライズメイド、新郎の付添人のベストマン。フィンランドでもこの制度は存在する。

参考 ベストマンウエディング用語集|ベストマンならゼクシィnet 参考 ブライズメイドって何するの? 衣裳の準備は?ゼクシィ

日本だと式場のスタッフがやってくれる準備や進行を、フィンランドではブライズメイドやベストマンにお願いする。だから、その役割は超重要!

私たちは夫の親友にベストマンになってもらい、式の運営をお願いした(ちなみにその親友の結婚式で夫はベストマンをした)。司会、ゲストの誘導、スライドショーの操作と大活躍してくれた。

ベストマンは大変な仕事なので、式後に新郎新婦から特別なプレゼントを贈られるのが一般的だそう。私たちはカフスボタンを贈った(夫はネクタイピンをもらった)。

ウェディング・サウナ?

結婚式場を選んでいる時、夫に「サウナはどうする」と聞かれビックリした。フィンランドではサウナがある施設で結婚式をする場合、サウナをレンタルしてゲストにもてなすんだそうだ。

ヘアメイクをガッツリしている女性は入らないらしいが、男性ゲストには人気らしい。結局、私たちはサウナは使わなかったが、
フィンランド人よ、そこまでしてサウナに入りたいか
と思った。

あってないような席順


披露宴で頭を悩ませるのが、ゲストの席順。誰を上座におくか、あの人のとなりには誰を座らせるべきか…と気を使う。

日本は前方に仕事関係の人が座り、親族はいちばん後ろの席というのが一般的だが、フィンランドは真逆。親族が新郎新婦にいちばん近い場所に座る。ただフィンランドでは仕事の関係者は本当に親しくない限り、結婚式には招待しない。

私たちの結婚式では、食事を終えると皆さん席を移動しはじめ、気づいた時には各自思い思いの場所に収まっていた。最初こそ決まった席に座っていたが、席順はあってないようなものだった。私と夫も途中から各テーブルを周り、おしゃべりを楽しんだ。

ご祝儀の代わりにプレゼント


フィンランドにご祝儀の制度はない。

その代わりよくあるのが、新郎新婦が「ほしいものリスト」を作り、ゲストに配布するというもの。リストには主に新生活に使う食器やベッドカバーなどが書かれており、ゲストはリスト中から自分の予算にあったギフトを選び、当日式場に持って行く。

ほしいものがないカップルは「新婚旅行用に」と、お祝い金を振り込む銀行口座を指定したりもする。

ほしいものリストは25ユーロ~250ユーロ(3千円~3万円)くらいの間でまとめた。若い人は安めの食器を持ってきてくれ、ちょっとお金に余裕のある人は高いテーブルウェアを買ってくれた。

ちなみに我が家にあるイッタラ食器はほとんど結婚式でもらったものだ。

家の主導権は結婚式で決まる?

ケーキカットの時に新郎新婦が足をタンッと踏みならし、先に踏み鳴らした方がその家の主導権を握る、という習慣がある。どうやら他の国にも似たような習慣があるらしいのだが、日本では聞いたことがなかったので驚いた。

私は「絶対、私が、先に、やってやる」と思ってたので、妙に緊張したケーキカットになった(笑)。

結局、足を鳴らしたのは同時だった。

日本人がどん引くガータートス


日本でもお馴染みのブーケトス。もちろんフィンランドの結婚式でも行われるが、ガータートスもよく行われる

ガータートスは花嫁が太ももに着けているガーターを新郎がドレスにもぐりこみ(!)、手を使わず口で取り(!)、それを独身の男性ゲストに投げるというイベント。
ガーターを取った人が次に結婚する人となる。

私たちがガータートスをした時、フィンランド人はヒューヒュー盛り上がっていたが、日本人は引き気味だった(笑)。

長い

フィンランドの結婚式はとにかく長い。というか終わりが無い。

これは私たちの場合だが、会場を貸してくれた式場が「片付けは明日だから、スタッフが帰ったあとも好きに使っていいよ」と言ってくれた。日本じゃ考えられない!

結局、午後3時に始まり、終わったのは深夜0時。その間は食事、スピーチ、ダンス、ゲーム、そして果てしないおしゃべり…プログラムを一通り終えた後も、会場が使える時間めいっぱい楽しんだ。
0時に解散となった後は友人とディスコに踊りに行った。おかげで次の日はヘットヘトだった(笑)。


以上、フィンランドで結婚式をやって驚いたことでした。

フィンランドの結婚式は日本の結婚式と2次会を足したような感じかもしれない。プログラムは日本ほどキッチリしていないが、ワイワイやる感じが2次会っぽい気がした。
日本の完成された結婚式もステキだが、ちょっとゆるい式も自分たちらしさを見せられて良いかもしれない。

ではまた。