冬の北欧、どんな靴を履けばいい?フィンランド在住者おすすめ2足(レディース)

冬の北欧「靴えらび」が難しい

冬に北欧へ行く時に悩むのが靴だ。上半身の防寒はイメージできても、靴はそうはいかない。特に関東より南に住む人は、氷点下の世界で履く靴がまったく解らない人もいるだろう。

私がはじめて冬のフィンランドを訪れた時も悩んだ。結局「マイナス10度も耐えられる」と言われたウィンター・ブーツを買って、それなりに満足した。

しかし帰国後、次のような問題があってタンスの肥やしになった(しかもフィンランド移住後も使わなかった)。

  • ゴツい
  • 硬い
  • 暑すぎる
  • 重い
  • 街で浮く

1万円以上したのに、もったいないことをした。そこで今回は、フィンランド在住7年目のみんみが愛用している「フィンランドで履いても、日本で履いても、違和感のないウィンターブーツ」を2足お教えしよう。

北欧旅行や留学予定の方に参考にしてもらえれば嬉しい。

おすすめ女性用ウィンターシューズ

VEGETARIAN SHOES の「HIGHLY SNUG BOOT」

参考 Vegan Women Bootsavesu VEGAN SHOES

ムートンブーツ風だが、「Vegetarian shose」のブランド名からも解るように、動物性の素材を使っていないヴィーガン・ウィンターブーツである。

1年ほど前に購入し、今は2度めの冬を越しているところだ。ブーツの内側に保温用の素材がついていて、しっかり暖かい。

シンプルなデザインで、いろんな格好に合わせやすいので重宝している。裾が折り畳めるので、中のフワフワを見せてアクセントにしてもかわいい。上まで伸ばしても良い感じ。日本でも浮かない。むしろオシャレである。

「一晩中、屋外でオーロラ・ウォッチングします!」という人には勧めないが(きっと宿泊先でそれ用の靴のレンタルがあるはず)、街歩き&小一時間のウォーキングなら問題ないだろう。

悪い点
履き始め、足を収める部分が硬かったのが残念だった。最初は玄関に座って「フンヌ!」と足を入れていた(笑)。数ヶ月履くうちに気にならなくなったが、履く前にちょっと潰したりして、柔らかくした法が履きやすいかも。

Sorel の「COZY 1964 WOMENS」

ウィンターブーツの定番「Sorel」のタウン用ウィンターブーツ「コージー」

暖かく軽い優秀なヤツである。シンプルなデザインに、赤い靴紐がアクセントになっていて可愛い。カジュアルな印象なので、デニムの時に好んで履いている。

ちなみにリサイクル・ショップで4ユーロで手に入れた。超ラッキー!

実は、冒頭に書いた「タンスの肥やしになったブーツ」もSorelのもので「Winter Carnival」というシリーズである。

「Winter Carnival」は確かに暖かかったが、街歩きには重すぎた。帰りに空港でコンバースに履き替えた時、その開放感に「ドラゴンボールの修行かよ!」となった。つま先が固定されてしまうほど硬いのも気になった。

街歩きが中心、雪道を歩くのはせいぜい小1時間という場合は「COZY 1964」が断然おすすめだ。ちなみに重さは「Winter Carnival」→677g 、「COZY 1964」→334g である(片足)。スリムな見た目から言っても、日本の冬でも違和感は無いはずだ

悪い点

悪い点
靴紐がほどけやすい。寒い中で手袋をはずして何度も結び直すのがちょっとツライ。

以上!

最後に一言。完璧なウィンターシューズは存在しない。7年間いろんな靴を試したが、長時間を屋外で過ごせば冷えるのは避けられないし、冷えにくいものはゴツいし重い。

あと工夫ができるとすれば、大きめのサイズを買って靴下を二枚重ねにするくらいだろう。みなさんの参考になれば嬉しい。