1年をスッキリ過ごす「年始の大掃除」のススメ

大掃除と言えば年末ですよね。

しかし、私は年始こそ大掃除すべきだと思います

理由は以下のとおりです。

  • 年末はイベントが多い
  • 来年の自分を過大評価して「常にピカピカな部屋にする!」と、高すぎる目標をかかげがち(そして挫折する)
  • 年始までに大掃除が終わらないと、新年にモヤモヤが残る

これらに「確かに」と思ったら、大掃除は年末年始、と考え方をシフトしてみてください。

年末にこだわりすぎない方が、結果的にきれいな部屋をキープできます
また年始にやることで、クリスマスやお正月の汚れを落とすこともできます。

そこで今回は「年始の大掃除でやるべきこと」をまとめてみました

クリスマス、お正月グッズの断捨離

f:id:freeandlight:20190107070304j:plain

大掃除を年末だけにすると、時期のかぶっているクリスマス、お正月グッズの整理や片付けができません

年始の大掃除では、クリスマス、年末年始に使ったものの片付け、メンテナンス、処分をしましょう。

  • 出しっぱなしのものを片付ける
  • 飾りや、専用の食器など、使わなかったものの断捨離

もし、しまうのが面倒なものがあったら、それも「本当にいる?」と考えてみましょう。

財布の中身

f:id:freeandlight:20190107065805j:plain
↑私の財布から見つかった不要なカード

年末に財布の整理をすると、12月31日が期限のカードも「まだ有効だから」と取っておく人がいます。

そのため、年始こそ財布の中をチェックして、期限切れのポイントカードなどを処分するべきです

 

初売りでは、新しいポイントカードを作る機会があるかもしれませんが、年始の大掃除を機に「ポイントカード、本当にいる?」と、考える機会を作りましょう

  • その割引は、本当にお得か
  • 割引を使うには、どんな条件があるか
  • 有効期限は短くないか
  • そもそも、ポイントカードを作ったところで、その店で買い物をするか

これらはじっくり考えたいものです。
カードが減るほど、財布の中はスッキリします。

それにカードも、プラスチックや紙できた立派な資源です。
なんとなく作って、ただ捨てるのはもったいないですね。

 

冷蔵庫

せっかく大掃除でキレイにした冷蔵庫も、おせち料理の残りでゴチャゴチャしているかもしれません。

実家では、おせちの後ろに古くなった食材が隠れていました。

またおせちの汁がたれて、棚がベタベタしている可能性もあります。

お正月が終わった時こそ、冷蔵庫の中を掃除しましょう。

 

クローゼット

f:id:freeandlight:20190107070526j:plain

新しい年が始まると、パリッとしたものを着たくなります。
年末にはなんとも思わなかった服に違和感を感じることも少なくありません。

年末の大掃除で服の点検が済んでいても、もう一度、「この服、ときめく?着たい?必要?」と自分に聞いてみましょう

特に年始はセールで新しい服を買いたくなる時期。
今一度、クローゼットに余裕をもたせる機会をあげてはどうでしょうか。

 

メールの受信ボックス

f:id:freeandlight:20190107070738j:plain

年末年始はセールのメール広告が大量にやってきます。

中には「こんなサービスに登録してたっけ?」と思うような企業からメールが届いて、ギョッとすることもあります。

メールが大量に届いてうんざりするかもしれませんが、不要な配信登録を一掃するチャンスです

受け取りたくないメーリングリストはすべて解除→削除。
個人情報の管理のために、利用していないサービスの退会もおすすめです。

無駄なメールチェックを極力なくし、受信ボックスもスッキリさせましょう。

(セール情報を受け取らないようにすると、無駄な衝動買いが減るメリットもあります)


以上。

ちなみにフィンランドはクリスマス・クリーニングといってクリスマス前に掃除をする習慣があります。

では今年もシンプルでエコな生活を送りましょう!