穴場「忘れ物市」でイヤホンを買う。ゼロ・ウェイストはリサイクル・ショップだけじゃない

イヤホン

イヤホンが壊れた

ユーチューブ中毒の私に、イヤホンは必需品である。

さらに最近はネットフリックスの流星花園2018を一人でムフムフ見るのに欠かせない。
(流星花園は中国版の「花より男子」。鼻息荒くして鑑賞しているのを夫に笑われたので一人で観ている。私の目がシャンツァイ(つくし)とダオミンスー(道明寺)の絡みを求めているのだ!)

しかしイヤホンが壊れてしまった。機械いじりが好きな義父に修理をお願いしたが、「直せなかった」と言われてしまう。夫のイヤホンを借りたら、これも壊れた(壊した?)。

さて、新しいイヤホンが必要である。しかし新品を買うと大量のゴミがでる。ゼロ・ウェイスト的にはやはり中古がいい。

行きつけのキルップトリ(蚤の市、リサイクルショップのこと)で探そうかと考えたが、いろんな物が雑多に売られているのでイヤホンを探すのは至難の業である。

そこでふと、保管期間の過ぎた落とし物を売っている店、いわゆる「忘れ物市」を思い出した。

忘れ物市で格安イヤホンをゲット!

チャリを飛ばして行ってみると、あるわあるわ、カゴいっぱいのイヤホンが。しかも安い!値段は1ユーロから20ユーロほどで、どれも状態は良さそうである。中にはソニーの高そうなものまである。

お店の人にブルートゥースのものはあるかと聞くと、20ユーロのほぼ新品を出してきた。念の為、その場でちゃんと動くか確認し、問題がなかったので購入した。

家で調べるとSkullcandyというブランドのMETHOD BT SPORT EARBUDという商品だと判明。値段は59.95ドルなので、半額以下で買えたことになる。見た目はあまり趣味じゃないが、安いしゼロ・ウェイスト!

フィンランドでは、警察に届けられた落とし物は3ヶ月の保管された後、売りに出されるらしい。

日本でも保管期間を過ぎた忘れ物、落とし物を売っている場所は結構あるようだ。フリマ、リサイクルショップなどで欲しいものがなかったら、忘れ物市をチェックしてみてはどうだろうか。

参考 アウトレットより安い!鉄道忘れ物市の開催日程を知る方法! EATalk 参考 電車の落とし物、忘れ物が商品 - 「忘れ物市」はお宝満載 マイナビニュース