フィンランドで古着を買うには?店の種類や注意点まとめ

フィンランドでは古着が人気

フィンランド人は古着が大好き。フィンランドには「Kirpputori(キルップトリ)」「Kirppari(キルッパリ)」と呼ばれる古着を扱う店がたくさんある。ヘルシンキには、おしゃれなヴィンテージショップも多く、古着好きとヘルシンキは相性抜群である(ヴィンテージショップは「Vintage-liike(ヴィンタゲ リーケ)」と呼ばれている)。

年に数回行われる「Siivouspäivä(シーヴォウスパイヴァ)」と呼ばれる公園などで行われるフリーマッケットもいつも大盛況。「フィンランドにこんなに人が住んでいたんだ」と思うほど、大量の人が湧く。眺めるだけでも十分楽しいが、掘り出し物も多く、値段も安い。なおSiivouspäiväはクリーニングデイという意味で、最近は日本でも名前が取り入れられているようだ。

開催日はこちらのサイトからチェック。

Siivouspaiva

Cleaning Day

チェック!
Kirpputori(kirppari)… 蚤の市、リサイクルショップ、フリーマーケット

Siivouspäivä … クリーニングデイ(お掃除の日)、フリーマッケット

Vintage-liike … リーケヴィンテージショップ

「安くオシャレな商品を買える。しかもエコ。」ということで、私もフィンランドに来てから古着をよく利用するようになった。
しかしキルップトリに行ったら思ったような商品が置いていなかったり、「掘り出しものみーっけ★」と思って家に帰ってきたら「なんじゃこりゃー!」となった経験もある。

そこで今回はフィンランドの古着屋の種類と買う時の注意をまとめてみた。

フィンランドの古着屋の種類、特徴

フィンランドで古着屋に行く際は、店によって特徴があることを覚えておこう。行ってガッカリしないためにも、違いは把握してこう。
ここでは大きく3つの種類に分けてみよう。

  1. 個人の不用品を売る店
  2. 寄付された服を売る店
  3. ヴィンテージ品を売る店

個人の不用品を売る店

フィンランド人に「キルップトリ」と言えば、まずこのタイプの店が思い浮かぶだろう。だだっ広い場所に木製のテーブルとラックが並べられており、出品者が売りたいものを並べておくシステムだ。ブースごとに売り主が異なるので、メンズ、レディース、子供服もごちゃごちゃ。商品はファスト・ファッションのものもあれば高級ブランドに出くわすことも(偽物?)。趣味で編んだ手編みの靴下やぼうしが売られていたりもする。

このタイプの店で気をつけたいは出品者が週単位で販売場所を契約しているので、今日あった商品が明日はない可能性があること。値札のシールがよく剥がれているので、レジに行く前に確認する必要があること(値札がないと売ってくれない)。

店によっては、家具や日用品ばかりのところもあるので、古着目当ての人はHPなどで店内の様子をチェックしておこう。

利用時のマナー
商品は正しい場所に戻すこと(値札にテーブル番号がついている)。
手にとったものを、他の商品の上におかないこと。

寄付された服を売る店

寄付された古着を扱う店で有名なのは「Pelastusarmeija(ペラストゥスアルメイヤ)」という救世軍のチャリティショップ。映画「過去のない男」で主人公の彼女が働いているのも、この救世軍だ。


Pelastusarmeija

Pelastusarmeija

次に「Punainenristi(プナイネンリスティ)」という赤十字のもの、もうひとつが「Kierrätyskeskus(キエッラティスケスクス)」と呼ばれる街が運営するリサイクルセンター。

SPR-Kirppis

SPR-Kirppis

In English - Pääkaupunkiseudun Kierrätyskeskus Oy

In English – Pääkaupunkiseudun Kierrätyskeskus Oy

このタイプの店にもそれぞれ特徴があり、ヴィンテージっぽいものから、いかにも「寄付する人が売れないと判断したダサい服」まで揃っている。マリメッコなどに遭遇することもあるが、質はピンきり。こちらも店舗によっては家具や日用品ばかりおいてあり、服が全然ない場合がある。なお店側がサイズや用途にわけてディスプレイしてくれているので、買い物がしやすいというメリットがある。

ヴィンテージ品を売る店

オーナーが仕入れたものを置いているので、オシャレで質の高いものが多い。同時に値段もふつうの服と変わらなかったりする。こちらもサイズや用途別に分けられているので買い物しやすい。ディスプレイやインテリアにこだわる店が多く、見に行くだけでも楽しいのが特徴だ。

古着を選ぶ際に注意すること

最後に、リサイクルショップで古着を選ぶ時に気をつけるポイントを5つを紹介しよう。

1.シミや汚れ、色焼け

明かりの下で全体をじっくり観察し、シミや汚れがないか確かめよう(襟の汗ジミ!)。長年放置された染みは洗濯では落ちないし、素材によっては洗濯できない場合もある。レトロな服は部分的に色焼けや変色がないかも確認しよう。

2.穴やほつれ、ジッパーの開閉

特にズボンの裾、シャツの袖。前の持ち主がスモーカーの場合、胸の部分に小さい穴があるかもしれない。表面は大丈夫でも裏地がボロボロのこともあるので注意。チャックは開閉がスムーズにいくか確かめよう。パチっと止めるタイプのボタンも壊れていないかチェック。

3.ボタン、ベルトなどの付属品はあるか

シャツなら前ボタン、裾のボタンなどが全部ついているかボタンホールの数と照らし合わせてみよう。ボタンは裁縫セットで直すことも可能。またすべての付属品があるかよく確認しよう。

4.匂い

意外と見落としがちなのがこれ。買う前に鼻を近づけて匂いがないかチェックしよう。こびりついた匂いは洗濯だけではなかなか落ちない。重曹水に漬け置きしたり、日光と風にさらせば落ちる時もあるが、かなり手間である。

5.貧乏くささ

試着は絶対しよう。サイズや似合っているかを確かめるためもあるが、いざ街中で着てみると、中古ならではのくたびれ感が気になる時がある。鏡の前に全身をうつし、みすぼらしくないかチェックしよう。

以上。

フィンランド観光局のお店のリストが載っていたので、こちらも参考になるだろう。

ヘルシンキでヴィンテージショッピング

ヘルシンキでヴィンテージショッピング — VisitFinland.com

快適なエコショッピングを!