ミニマリストは南国に住んだ方が良い【靴2足を断捨離】

フィンランドは日中も10度を下回る日が増えてきた。
そろそろ冬支度を始めた方が良さそうである。

冬が来る前に断捨離!

冬物を出すのを兼ねて、不要品がないかチェックした。少し前に30点以上の不要品をリサイクルショップで売ったので、最近は手放すものがないのだが、もう履かないであろう靴2足を発見した。 こちら。

右のサンダルは7,8年履いた。寿命だろう。かかとの部分が壊れて来たので断捨離。

左は冬用のブーツ。3年履いたので汚れが目立つ。冬に向けて念のため残しておいたのだが、去年ほとんど使わなかったから断捨離。

どちらも使い切った感があるので、心置きなく断捨離できる。感謝しつつお別れ。今年の冬も、eccoの紐靴と毛糸の靴下の重ね履きで乗り切ろう。

…と、ここで終わりたいところだが、実は冬用のブーツを新調しようか迷っている。このごろ出かけに紐靴をほどいたり結んだりする時間が気になってきた。冬は更に毛糸の靴下を履いて、靴紐を結んで…という工程を毎日やることになる。時間がもったいなくないか?

思い立った時にスポッと足を入れて、サッと出かけられる身軽なブーツが欲しい。買うべきか、買わざるべきか。
To buy or not to buy.

買いました!

冬の北欧、どんな靴を履けばいい?フィンランド在住者おすすめ2足(レディース)

ミニマリストは南国に住め!

f:id:freeandlight:20170925165723j:plain

こういうことを考えると毎回思う…。ミニマリストは南国に住んだ方が良い

北国は防寒のために持ち物が多くなるし、良い防寒着はかさばって場所をとる。また冬に道が凍ると歩くのが大変なので、30秒に1回は「車ほしい」と思う。夏は「車なんて絶対いらない!バスと自転車で十分!」と言っていたのに。※デューク更家ウォーキングしたら一瞬で死ぬ
目の前にバス亭があるのに、一向にたどり着かない時の悲しさ、君に解るか…?

その代わり、冬用のコートと防寒用のズボンを履いてしまえば、下がパジャマでも買い物に行けるという利点はある。

それでもフィンランドで生きていく

ユーチューブでハワイ在住ミニマリストの持ち物公開ビデオを見ると羨ましくなる。防寒はジャケットとかパーカーで済むんだもんね。

もちろん北国でもミニマリストは可能だろう。しかしうまく少ない物でやりくりするには南国以上の工夫(とお金)が必要になる。

それでもフィンランドは住みやすいし、引っ越したいとは思わないのだけれど。冬は自宅でオーロラが見えるしね。人も優しい。社会保障も充実してるし。平等だし。学校タダだし、むしろお金くれるし。

うん、文句言ったらバチが当たるな…。この国で断捨離がんばります。